日記・コラム・つぶやき

2018年8月20日 (月)

2018-8-17 戦争と女性

2018-8-17 戦争と女性

韓国の慰安婦問題がエスカレートするばかりですが 戦争で戦うことが男性の役割とされてきた過去の歴史から 女性は影で犠牲にされてきました
 
世界中で ほぼ同じ状況があったと思います
 
被害者とされての日本女性は加害者に保証を求めるとか ロシア大使館やアメリカ大使館前に何かのアピールをしてもいいはずかなと思いますが 民族意識としてそれはないでしょうね
 
文化の違いか?

事象に対する心の表し方の違いか?

多くを考えさせられる問題です

知らずにスルーすることは犠牲者に対して申し訳ないと感じます

せめて事実を知り 戦争で犠牲となったすべての人々を悼むことはいまの世代にも

必要なことだと思います
------------------------------------------------------------

 

http://www.tokyo-np.co.jp/article/metropolitan/list/201802/CK2018021302000152.html

 

今ようやく語れる 引き揚げ女性の悲劇 藤沢の鈴木さん 体験談基に出版

 戦後、旧満州(中国東北部)の収容所や日本に帰国する際に起きた悲劇を記録した「語らなかった女たち-引揚者・七〇年の歩み」をフリーライターの鈴木政子さん(83)=神奈川県藤沢市=が出版した。旧満州に侵入したソ連軍兵士に乱暴され、陵辱された身を恥じての引き揚げ船からの投身自殺。長年にわたり調査を続け、戦争が引き起こす狂気と悲劇を描き出した。(布施谷航)

 主人公は実在の女性をモデルにした十七歳の「ゆう子さん」。収容所では髪を短くして少年のように振る舞っていたが、ソ連兵に乱暴され、帰国間際に妊娠が発覚。日本に帰ってから堕胎し、以後、結婚することなく人生を過ごした。

 鈴木さん自身も旧満州からの引き揚げ者で、十歳の時に父母に連れられて逃げるように帰国した。当時は何が起きていたのかよく分からなかったが、一九八〇年に引き揚げの記録を児童書として出版し、事実を知った。

 それからも取材を進めてさらに二冊、世に出したものの、書き尽くしたという感覚には至らなかった。本を出そうとする度、報告を兼ねて、お世話になった満州開拓団の団長だった男性を訪ねていくと「つらい思いや恥ずかしい経験が、女性たちの子孫に伝わるのは忍びない。書いてはいけない」と言われた。それでも年齢を経るにしたがって「戦争は狂気。悲劇を生むという事実を伝えなくては」との考えが強くなり昨年十一月、新著を出版した。

 執筆に当たり中国に四回、足を運んだ。堕胎の実態を知る九州の病院関係者にも取材した。自ら訪ねてきて体験を語った人、手元にある資料を全て託してくれた元団員もいた。記録に残さなければとの願いは自身だけのものではなかった。

 「『どうしても書きたいんだけど』とお願いしたら、『いいよ』と言ってくれました」。ゆう子さんのモデルになった女性は出版を快諾した直後の二〇〇九年に亡くなった。「語らなかった女たち」という書名には「今ようやく語ることができた」との意味を込めた。

 「『隠したい、でも知ってもらいたい』。そんな思いだったのではないでしょうか」。鈴木さんはそう推し量っている。

 本は「本の泉社」刊で、四六判百五十四ページ、千三百円(税抜き)。

2018年8月15日 (水)

2018-8-15 敗戦の日


 
生き物には付きものの「戦う」ということはほとんどの生物には避けられないことのようですが 人間には他の動物には成し得なかった「科学 技術」という才能が与えられました
 
「科学 技術」の使い方をもっと丁寧に思考回路に組み込まれなかった「天」の失策であるのか?
政治家も軍人も科学者も考える能力が低すぎたのか 「原爆」という兵器の使用に踏み切りました

 
戦争が愚かなことと感じる「ふつうの人々」とは違う思考回路を与えられた人間の傲慢さか 哀れさか?
戦いに勝利した人間も 負けた人間も「幸」とは思えない

 
なのに 戦争はなくならない
 
 
 
この日を迎えると「人間の知能」とは何かと考えてしまいます
 
高い知能を 人類を含めた生物全体の「幸」のために高いレベルに活用する能力が足りないのではないか?
思考回路に障害があるのか
?
多くの命を犠牲にすることの理由が正当性に照らされて検討されなかったのか
?
神の教えとは何なのか
?
考える力とは何なのか
?
敗戦国の民であり生き残った者としての生き方はこれでいいのか
?
政治家の国民に対する責任感はどの程度に感じられているのか
?
考えることが多すぎるこの日でもあります

 
勝敗に関わらず 犠牲となられたすべての命に黙祷

2018年7月21日 (土)

20018-7-21  2016-7-20 恩人のご命日再掲

20018-7-21  2016-7-20 恩人のご命日再掲
7
20日 大切なお方のご命日に触れることができませんでした
 
忘れたわけではありませんが 近頃私事身辺にいろいろとございます
 
我がことよりも身近な親族のことで 時間を割かれています
 
高齢者問題
40-50
歳では想像もしなかった老後
80
才目前で 周辺も我が身も現実は いやがうえにも考えさせられます
 
若い皆様もご自分の老後を今からお考えください
 
 
 
動物にも高齢問題は付き纏います
 
人間よりも高齢となるスピードが速く 老老介護の問題も対人問題と同様です
 
 
 
人にも動物にも優しい社会とは言えない今日 
 
対人 対動物の福祉は この国では「もりかけ問題」以下の検討課題のようです
 
国会は誰のための 何を議論する場なのか?
野党の時間潰しと 与党の責任回避 堕落した国会議員の「」在り方検討委員会」が必要だと感じます

 
 
 
以下 2016年の記事再掲いたします

2016-7-20 恩人のご命日
7/20
日本の動物福祉の基礎を築かれた とりわけ関西地域においてほとんど誰も手を付けていなかった「動物福祉」について私費を投じて開拓されましたお方のご命日です
私が何も知らずに加わった団体が このお方とその周囲の在留外国人により組織されていました団体でした
グラシアニさん 忘れられないお方です
行政交渉にもいつもご一緒させていただいていましたが 当時は敗戦国の名残があり 白人崇拝社会でしたから 日本人の私たちが言っても聞いていただけないことをこの方々がご一緒だと 聞いていただけたことも多々ありました...
「動物福祉」変なことを言う人々だと笑われました
        
三宮の現在の43号線を荷馬車が通っていたころから 給餌 給水のことで常に気にかけておられたようです
昨年 「ペット法学会」の道中に 一泊して墓参をさせいただきましたが 今年はまだ一度も行けないでいます
身の周りがあわただしく 時間ばかりがせっかちに追いかけてきます
       
お亡くなりになられて早くも15年ですが 日本の動物を取り巻く状況は変わりました
「いちれいご」はどうなったの?
とよく聞いておられました
「法律第105号」『動物の愛護及び管理に関する法律』が長くて言いにくいのでいつも「いちれいご」と表現されていました
      
「殺処分ゼロ」「ノーキル」で身動きが取れませんね
というと 「なぜ?」と言われるでしょようね
「みんな幸せになれたの?
「それとも ずーと苦しめて生かせておくの」と聞かれたのかもしれません
      
横浜の外人墓地は いつも行くたびに違う顔ぶれで10匹前後が認められましたが どれも健康な姿ではなく哀れでした
昨年は墓地全体が驚くほどきれいに清掃されて 猫の姿も 餌付けの痕跡も全く認められず ほっとしたような どうしたのかなと気にかかったような墓参の一日でした   
その気になれば 一匹も見なくなるのだと 誰がいつどんな風にその気になられたのか?
横浜は 「地域ねこ」の提唱者の地本ですからね
「地域ねこ」制度はあくまでも「屋内飼育の過程での一つの手段であり 目標は屋内飼育です」と言っておられた提唱者も ミイラ取りがミイラになったかの如く 「地域ねこ」が目標であるかのような言動をされるに至り 現状のような「地域ねこ」活動に変化していったと感じています
押し切られたのか? 自らの挫折だったのか? 信念は何処へ?
 
今は静かに ご冥福をお祈りさせていただきます

2018年7月15日 (日)

2018-7-15 学校 いじめ問題

201871537



そこまで言って委員会で学校問題(良い大学と悪い大学 いじめ問題 教育委員会)を取り上げていた
            
いじめ問題は動物活動にも通じるところがある
           
「心身の苦痛を感じる一方的な暴力行為を伴うものをいじめに含めた」
            
教師がサービス業となったと指摘されていた
          
今のモンスターPTAは教師に対する尊敬どころか 子供に教師の負の部分を強く印象つけて尊敬を失わせているように見受けられる
教師の側にも「威厳」「礼儀正しさ」に欠けていることが多い
          
:現役当時だが 小学校の飼育動物のことで 約束の時間に訪問したにも関わらず 校長不在だった
体育の時間でもなく担当教師でもない 教頭がジャージーで現れた
訪問者である当方に対して発しられた言葉が 「ちょっと待てーな」だった
情けなかった
敢えて言いますが こんな教師が子供に何を教えるのかと 憤りよりも悲しかった

動物の処遇と共に 日常の教師の言動が 子供の成長に影響しないわけがないと思うし モンスターPTAが教師に対する尊敬よりも蔑視に至ることにもこのようなことが根底にあるように感じた
            
近頃のネットいじめも止められないのか 
        
「さかなクン」の助言で「広い世界へ出なさい」ということを教えておられるようだ

魚も狭い囲いで飼育すると虐められる個体が出るそうで その個体を取り除くと 別の1尾がいじめの対象になるらしい
広い所ではいじめはないらしい との事

虐められている 子供にも広い世界があることを教えたいとのこと
             
虐められても 死を選択しないで 学校以外にも助けを求めて欲しい
探偵で「阿部泰尚氏」が無償で いじめの相談に乗っておられるようだ
知っておくことも無駄ではないと思う
              
虐めの構図は 動物に対しても 救護活動に携わる人々に対しても 当てはまる
           
在りもしないことをさも事実であるかのように捏造してでも「いじめ」をする輩がいる
愉快ではないが 此方がいじめられているとも思わないから いじめ甲斐がないかもしれない

虐めは対象が弱るところを見て(知って)快感としていることも有ろう
虐められている皆さんに伝えたい

学校に行きたくなければ行かないでもいい 転校等の手段もある
と教えるお方もおられる

死の選択はしないでいただきたい

探偵で「阿部泰尚さん」と言うお名前を憶えておくことも役立つかもしれない
         
HN
が複数あり 本名でブログを開いていた俗悪なコメントを好むお方を調べていたら驚いた
自分の本名のブログで 低俗コメントを好んで書く際に使用しているアルファベットのHNで寄付をした人として 当該HNに「様」が付いていた
なるほど
支持者がいることをアピールしたいのか?
この程度だから 低俗なことが恥じらいもなく言えるのだと合点がいった
           
この行為はさもしいが 少しばかり驚いたことに あのお方もこのお方も「お友達」だった
Facebook
のお友達は 勝手に友達申請されていることも有るから 知らない間にと言うこともあるかもしれない

動物に関わる人々にも 意見の違いを「いじめ」で楽しむ人は少なくないと感じる

生き物が生きるところ「いじめ」はなくならないと思う
虐められたと思うよりも 虐めないとおれない気の毒な人と思うことも 考え方かもしれない

 

 

2018年6月28日 (木)

2018-6-28 新旧の双眼鏡20186262

20186262_2



20186261









 
近年の製品は種類に関わらず 堅牢よりもデザイン重視に作られているように思います
 
おそらく 100年以上は経過していると思う双眼鏡と まだ10年以内の双眼鏡の寿命の軍配は古い方に上がりました

最近のものが 乱暴な扱いはしていないのに 何時の間にか内部でカタカタと音がして 片眼でしか見られなくなりました
 
子供の時から 機械ものを分解するのが好きでしたので 早速分解してみました
 
中のプリズムレンズが ずり落ちて元には戻らず 諦めて廃棄にしました
 
一方の年代物の
双眼鏡は父が使っていたものですが 今もはっきりと見ることができます
 
おそらく紙製だと思えるホルダー部分のカバーはボロボロになって脱落したものの 本体は堅牢なものです
 
勝手な思いで 父が握っていたものであることは 私の中では 父を偲ぶことに繋がるのです
 
何も悪いことに繋がる思い出がなく 全てが美しい思い出の中に残されている「父」
 
父親とはどんな存在なのか一生知る由もなく私自身の生涯も終える時期に来ています
 
この双眼鏡は姪に受け継がれるのでしようが大切にしてほしいと思っています
 
何を見てるか?
TV
の画面で小さな文字の時に使用しています ははははは



2018年6月24日 (日)

2018-6-23 震災-2


知人宅が この度の地震で住めないほどの被害を受け 手伝うにも手の付けようもないありさまでした

 
屋根瓦がずれ落ちた家々が 沢山あり 雨と 水道管の破損等で室内が水浸しとなり 建物の亀裂も深刻で 改めて 被害の甚大さを感じます
 
 
 
日本中が被災地となっている現状を認識すれば 今後も増え続ける天災の対応で 国家としても地方自治体とされても 国民個人とされても経済的負担は増える一方でしょう
 
 
 
対人支援もおぼつかない中で 対動物支援を公費で賄い続けることが可能であるのか 真剣に考えなければならない時期だと思います
 
 
 
子供の養育にさえも満足な支援がされない実情であるのに 動物には 自治体が競って公費支出をされることは妥当と言えるのか?
             

 
動物との共生はあくまでの 各個人の意志であり 将来の国家を担っていただく子供さんのことは やがては高齢者となる国民全てが望みを託さなければならない 切実な問題でもあります
 
 
 
親が子殺しを平然としてしまうような異常な世情は 根底に善悪の判断基準が狂っているからだと感じるのです
 
 
 
政治家のレベルの低下も 低俗な「ヤジ」に現れていると感じます
 
ユーモアではなく 下品と言い切れる程度のヤジが国会や地方議会で飛び交うことは 国民全体の感覚が狂ってきているかのように感じてしまいます
 
そのような議員を選ぶ国民にも責任がありますが 何よりも選ばれたという自負と責任感がなさすぎる議員諸氏には失望します 
 
 
 
故に フェイク情報に溺れた議員諸氏や メディア関係者 学者諸氏 あらゆる職種に至るまで 恥とも感じられないのか 反省も弁明もなく 垂れ流しです
 
品格を問われるところでしょう
 
 
 
今後も増え続ける災害対策に 真剣に取り組まなければ 被災国民は救われません
 
 
 
ピースワンコに投じられる 億単位の寄付があれば どれほどの困窮している子供を救えるのか 皆様お考えください
 
明日の 我が身のためでもあります
 
将来を担える 心身共に健康な子供が育たない国は 他国の支配に屈服することになるかもしれません
 
皆様どうか真剣にお考えください

 

2018年6月18日 (月)

2018-6-18 震災


 
沢山の方々からお尋ねやお見舞いをいただきました
 
ありがとうございました お気持ちに心から感謝いたします
 
 
 
阪神・淡路大震災以来の恐怖心を感じました
 
何時かは来ると言い続けていましたが ついに来ました
 
 
 
我が家については お陰様で 大過なく 物が落ちた程度で済みました
 
破損はなく 片付けも手早く済みました
 
私以外の入居者の方は 皆様幼児がおられてご心配だったと思います
 
母と子供さんだけとなられた時間でしたから すぐに声掛けをして 及ばずながら手助けをしますよと伝えました
 
 
 
古い家はかなりの損壊があるようです
 
知人宅も住めないくらいの被害のようです
 
 
 
家具の固定 コンクリートブロック塀の問題 喉元過ぎればと言いますが まさに過去の経験が生かされないで犠牲者が出たことは残念です
 
 
 
我が家の整理棚は 地震になると自動的にロックが掛かって扉があかないものを選んだので 実力を発揮してくれました
 
しばらくは 余震を警戒しながらの生活となるのでしようが 動物がいないことはほんとうに気が楽でした
 
自分一人分の必要物品と食料も携行して避難となりますと とても7日分どころか 3日分も力負けして持ち歩くことはできないですね
 
その上に動物の分と同行避難は 私には不可能と言えるでしょうね
 
 
 
多頭数飼育をされておられる方々は 大災害の際には 先ずは ご自分のことを最優先になさってください 誰も見捨てたとかいうことは言えないし 責めることはできませんが その前に多頭数飼育について 再考していただけることを切望いたします
 
 
 
今 日本中が揺れています
 
地震 政治 人心 国際問題 社会問題 動物問題と何もかも大変な時期です
 
国民のお一人々が 行く末を真剣に考えなければならない時だと思います
             
以下ご参考までに
20186183

2018年6月13日 (水)

2018-6-13 インチキ商品か?


最近ネット購入した7千円強の商品で 何となく怪しいと感じたものがあった

 
商品についての問合をしたところ 記載されていた電話は 客からの電話を受けるだけの契約で 客の質問には答えられないとのこと
 
しかるべきところ(販売元責任者?)へ伝えておきますとのこと
 
しかるべきところ(販売元責任者?)からは一向に連絡がなく 届いた 着払い商品の代金は保留にしたままにしておいた
 
無論商品は外装は解いたが 商品の開封はしないで保管していた
 
 
3-4
回 携帯電話のSMSに 「重要なお知らせを購入時のアドレスに送信しました ご確認ください」
 
と着信はしたものの 一向に 肝心の「重要なお知らせ」は届いていない
 
其の内に約2か月が経過して 某法律事務所から 納入期限付きの代金の請求書が届いた
 
早速 某法律事務所へ速達便を発送した
 
 
 
当方の 通話記録 発信(当方)は通話時間126秒 に対して その後 購入を取り消したいと申し入れたことに対しての確認として受診した「電話を受けるだけの契約だというところ」からの通話時間は 125秒 であったことを 写真記録として添付した
 
 
 
弁護士ではなく女性事務員と名乗る人から電話があった
 
商品受け取りから 販売元への問合等 当方の経過を話して 商品の問合に対して返答もしないで 代金請求とは納得がいかないと伝えた
 
一旦 期限付き請求は保留にするとの返答があった
 
 
 
その後 男性事務員から 商品購入時の注意書きに従い 申し出が解約期限を過ぎているから 客の落ち度であり商品代金を払う責務があると伝えられた
 
客の質問に答えられず カスタマーサービスのシステムがない商品を信頼することはできない
 
他の 着払い商品について 全て未払いをしたことは一度たりともなく 期限内に完納していると伝えた
 
他の購入商品について 販売元は 当方の商品の問合には その場で 社内で電話を転送し 担当者が客の質問等には丁寧に答えられていると話した
 
 
 
客からの電話を下請け会社に任せて 額面では電話相談窓口の設定があるかのようにはしているが 実質は言い逃れのためかと感じると 電話口の男性事務員に伝えた
 
不誠実な販売元の商品を信頼せよと言う方が 無理な話であって 商品の販売について 消費者に対する責任が蔑ろにされている 無責任な行為であると感じると伝えた


 
あなた(某法律事務所の事務員)が客の立場で考えて正当な行為であるとお考えかと問うも 某法律事務所は 依頼人の代行をしているだけであり 当方に支払い義務があるとの回答を譲らなかった
 
 
 
当方に宛てた 販売元からの「重要なお知らせを購入時のアドレスに送信しました ご確認ください」という お知らせメールの送信年月日と 宛先のアドレスを明記してほしいと伝えた
 
 
 
尚 商品は国産と明記されているから 無論交通費等は当方で負担するから 当該製品の製造工場を見学したいと申し入れた
 
見学をした後に納得がいけば未納代金は支払うと伝えた
 
その旨 当該 販売元の責任者に伝えるといわれて 数日が経過した
 
そして 先日 今回は 特例として 「重要なお知らせを購入時のアドレスに送信しました ご確認ください」のアドレスの誤記入かと思うが届いていなかったことを認めて 特例として未納代金の請求は取り下げると 某法律事務所男性事務員から電話があった
 
某法律事務所男性事務員は 某法律事務所とされては 依頼主の意向に従っているだけであるとの釈明をされたが 思うに 工場見学をされては困るのが本音であろうかと感じた
 
国産は怪しいのか? 国内であっても見せるには負の効果となるのか?
             

 
未開封の商品を 販売元へ着払いで返送しましょうかと尋ねたが 当方の判断に委ねるとのことであった 
 
 
 
商品は今も手元に残してある
 
能書きと 使用材料の分析が 全うであるのか 確かめてみたいが 費用対効果を考えて保留としている
 
 
 
ネット購入には失望することもあるが 市販されていない特異な安価な商品の魅力もあり 利用しているが 水をはじく中国制のタオルにはがっかりしたが 商品の評価にその旨を書いたものの 続けて売られている
 
新品ながら 雑巾仕立てにして 足ふきマットとして利用している
 
現品確認をしないので 失敗もあるが 楽しませてもらうこともあり 無駄遣いと感じることもある
 
 
 
泣き寝入りはしたくないので 言うべきことは言わせていただいた

2018年6月12日 (火)

2018-6-12 近況です


7/
木曜に始まって 10/日曜迄 来客の接待に追われていました
 
気を遣う人々ではないのですが 一人暮らしのキッチンで3+=4人分の食事はそれなりに大変でした
 
来客用のベッド と私のベッドも提供して 私は床にマットレスを敷いて休むことになりました
 
久しぶりに会うことになって よもやま話で深夜まで話し込み 朝の早い人のために早起きして 朝食の支度をすると PCどころではなく 一日はたちまち終わります
 
出たり入ったり 忙しく 時間は容赦なく過ぎて行きました 

喜んで頂いてほっとしたり 疲れたな―!! 
 
しかし たまには このように変化を楽しみ 時間を費やすことはいいものですね 
 
 
 
米朝会談も何だか派手な演技のお芝居のような印象です
 
 
 
結果的に 米国と対等に会談に臨めたことは 核兵器保持のお陰でしょうね
 
 
 
金正恩さんも2面性が極端な怖いお方です 
 
いくら笑顔を作っても 簡単に肉親さえも惨殺するような人だということも忘れることはできないです
 
 
 
トランプ大統領の拉致問題支持はありがたいですが 金正恩さんは解決済としてきたことをどのように対応されるのか?
被害者のご家族のお心を思うと 嘘を重ねてきた北ではありますが 事態が好転することをひたすら祈ります

 
 
 
社会において結局は強いものが生き残る
 
ということのように感じます
 
 
 
戦争反対 軍事力持つな 平和憲法維持
 
と言っていれば 平和が保障されると思っている野党の皆さん 日本の事を本当に大切だと思っていますか?

 

2018年6月 6日 (水)

2018-6-6 がってん 長寿と人との繋がり

20186607


20186616


2018-6-6
 がってん 長寿と人との繋がり

 
人と人が繋がることの大切さの研究は 世界的に取り組まれているようです
 
研究データーから 関連性が示されていて 私も新たに関心を深めました
 
運動はしないよりも良いが もっと良いことが ヒトとの良い繋がり
 
「人に親切にする」と体内の危険な炎症物質の排出が減少し 結果的に健康維持に良い効果が生まれるようです
 
 
 
日本人は見知らぬ他人に親切にすることを「恥ずかしい」と感じる人が少なくないように感じます
 
若かった頃から「おせっかいやき」でしたので 困っておられるお方には即 声をかけさせて頂いていましたら「そんなことようできるね」と言われました
 
ある日 大きなトランクを持っておられた若い外国人の女性が大阪駅の階段下で「どうしよう」と 足を止めておられました
 
私は即声をかけて 手伝いました
 
ホームに着くと 近くの若い男性に 下車される際のご協力をお願いすると 快く引き受けてくださったのですが 自ら他人への親切を率先することには躊躇されるのですね 「恥ずかしい」と
 
私流には 見て見ぬ振りの方がよほど恥ずかしいことと思いますが 車中で座席を譲ってくださるのも外国のお方が 確率的には多いのかなと感じます
 
 
 
英国では国家的な取り組みとされて「孤独担当大臣」が任命され 日本円で数百億円の予算が見積もられるそうです
 
何故良いことを即 政治的に取り入れて 実現できるのか?
日本の政治家の決断力で ここまでに至るのにどのくらい長い時間を要するのか?

良いことを早期に取り入れ 佳くないことを早期に廃止することは 国民の福祉にも 国家経済にも大切ですが 国民にとっての重要事項と政治家が重要とされることは党利党略があるからでしょうがもどかしいほどに乖離しています
 
メディアも飽きずにお付き合いをされるので 国会は誰のために なんのための議論をするのか 甚だ疑問に感じます
 
 
 
国中でフェイク情報が蔓延しているようで 主たる企業のデーター改ざんは 後を絶たず この国はもはやモラル崩壊しているのかと案じます
 
日本と言う国がそれなりの強さと賢明さを世界に示せなければ 尊敬を失い 弱体化するのではないかと心配します
 
 
 
国会議員と言えども 国を良くしたいのか? 脆弱にどこかの属国にするために腐心されているのか?
ご自分の生活維持ができればよいのか
?
そのような印象を受けるこの頃です

 
国民に「親切」にしない議員諸氏は 政治的にも 生命体としても 健康で長生きできないですぞ !!!

 

より以前の記事一覧

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック