« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年1月

2024年1月24日 (水)

2024-1-24in「犬や猫をお店で売っているのは日本だけ!?」海外に学ぶ報道とは何を目論んでいるのか?

2024-1-24in「犬や猫をお店で売っているのは日本だけ!?」海外に学ぶ報道とは何を目論んでいるのか?

犬や猫をお店で売っているのは日本だけ!?海外に学ぶ、これからのペットショップのあり方(@DIME) - Yahoo!ニュース
犬や猫をお店で売っているのは日本だけ!?海外に学ぶ、これからのペットショップのあり方

1/20(土) 21:20配信

76

コメント76件

------------------------------------------------------------
2024-1-24 s.maコメント
Megumi Takeda様情報をご参照ください
実に多くの動物あいごに関する世界の情報を 出典付きで公開されています
動物あいごに関心を持たれたお方はぜひ一度はご覧ください
多くの動物関係者 特に芸能人をはじめとする 著名人たちと メディア関係者には「不都合な真実」ではあるのでしょう 
反論があれば 論拠を明記されてされるといいでしょう
検索語「さんかくたまご」「ティアハイム」
2023-4-19inティアハイムは犯罪集団であるという、ビジネス評論書。

------------------------------------------------------------

以下は一例です

Megumi Takeda

2017年7月17日  · 

ティアハイムは犯罪集団であるという、ビジネス評論書。

Die Spendenmafia Schmutzige Geschäfte mit unserem Mitleid

「寄付マフィア:私たちの思いやりと汚いビジネス 」。

ドイツの硬派メディア、シュピーゲル誌が本書の内容について触れています。

http://www.spiegel.de/.../spendengelder-geschaefte-mit...

また実に多くのティアハイムの詐欺、横領事件の実例も挙げています。

ティアハイムを神格化してありがたがっているのは、ドイツから遠く離れたアジアの無知蒙昧な島国の国民だけでしょう。

------------------------------------------------------------
環境省とその委員会諸氏も 日本の「動物あいご」「動物福祉」の啓発団体も 「保護活動」と称する人々も 無論 獣医師会も 動物関連業者団体諸氏 報道 文筆家 全てが沈黙です

裏を読むと「利益にならないこと」に繋がるからでしょう
「動物あいご」は 表面「あいご」でも 「金」になるかならないかの問題にされていることが多すぎます
「沈黙は金なり」と言って過言ではないでしょう

利益は正当に得ることには何等不都合はありません
沈黙で 誤魔化してしている
「正義」無き行為が問題なのです

1/20(土) 21:20配信 となっていますから 過去ではない 現在進行形にされていること 
そして それを主たる指導的立場の方が 誰も正されないことが問題なのです

------------------------------------------------------------
参考資料
【関連記事】

■【続きはこちら】日本でも犬や猫の生体販売をやめたペットショップはどこ?革新的な取り組みをしている店を紹介

■歴史に残る逸話も!大谷翔平選手の愛犬として話題になった「コーイケルホンデイエ」ってどんな犬種?

■ペットの平均寿命が延伸、犬は14.2歳、猫は14.7歳で過去最長に

■命を一生背負う覚悟はあるか?保護犬や保護猫の飼育に必要な「キャパシティ」という大事な感覚

■エレコムがペット家電市場に参入、第1弾は自動給餌器、自動給水器、ペット用フードスケールを発売

------------------------------------------------------------

となりのカインズさん

https://magazine.cainz.com/author/601/1

黒岩ヨシコ | となりのカインズさん

ウェブ黒岩ヨシコ. 猫と暮らすWebデザイナー兼フリーライター。. 飼ったことのある動物は猫、犬、ウサギ、リス、インコ、チンチラ、メダカ、亀…など。. 元インテリアショップ店員でDIYと食べ物が好き。. 食生活アドバイザー3級。. ストーブ好きな猫は要注意 ...
------------------------------------------------------------


2024年1月17日 (水)

2024-1-17阪神・淡路大震災被災をしのぶ

2024-1-17阪神・淡路大震災被災をしのぶ
本年の始まりから 能登半島を襲った巨大地震 続けて繰り返し起こっている現状はあまりにも過酷ですが 戦禍ではないことがまだしもの救いなのかもしれません
人が人に対して巨大な力を行使する 人的災害は防ぐにも 相手次第ということもあります
当に「正義」無き戦い 日本はその時どうするのか?

平和ボケと言われる近年の「戦争反対」の呪文は 相手には通じない 
戦力のない国家はつぶされやすい 理想と現実は違うことを肝に銘じていただきたいが 理想を超えた「空想」で「平和」も「動物の殺処分ゼロ」もかなうと思っている国民は多数でしょう

【手の届く最高峰が理想 それを超えるものは空想-s,ma】

あれから数えきれない多くの大災害が 世界で起こっています
すべての犠牲者の方々に黙とうをささげます

一日も早い復興を願うものの 困難も大きく 先行きが心配な状況に わたし個人としての体力的には
何もさせていただけない無念さがあります

細やかながら「募金」で協力をさせていただきます
1/4 早速と思って郵便局に行きましたが 募金は始まっていなかった その後9日には募金ができました 毎月協力させていただく予定です
阪神・淡路大震災被災の時にも 世界の方々から 助けられました
今も御恩は忘れてはいません

東日本大震災に際しては 「兵庫県動物愛護管理推進協議会」と『CCクロ』の皆様にご協力をいただいて 2011~2014年まで神戸市三宮センター街入口付近で街頭募金に立ちました

街を歩く人々は多くても 募金へのご協力は少なく 呼びかけに答えてくださった方は少数でしたが 
官民合わせて 募金に立っていただいたボランティアの皆様は本当によく頑張ってくださいました 

何事も 御恩を頂くことは忘れやすく 人間の性なのかと いささか残念に思いました

今も困難に耐えておられる方々が 一日でも早く お一人でも多く 苦難の日々から救われますよう祈ります 

2024年1月 2日 (火)

年頭の祝辞の前に

2024-1-1
年頭の祝辞の前に
年の初めが 巨大地震となり 自然災害の恐怖を再確認することになりました
被災者の皆様に お見舞い申し上げます
高齢者として できることは少なくなりましたので 募金での協力をさせていただきます
国を挙げて支援をしていただけますよう 祈念いたします

本年もよろしく  お願いいたします

閲覧してくださるご一同様のご健康とご多幸をお祈りいたします

ご訪問 ありがとうございます 松田早苗

 

 

 

 



« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック