« 2023-12-10in犬のしつけ、猫は屋内で」を努力義務化 群馬県が条例改正へ | トップページ | 2023-12-28 年の終わりに 「正義」を考える »

2023年12月25日 (月)

正義なきあいご動物あいご

2023-12-24過去録再掲 正義なきあいご動物あいご
また「正義」かとそしられるかもしれないが 私は自分の個人の暦に12/15「動物福祉」の命日として 
毎年忘れないように登録記載した

正義なき 大衆啓発は私にはあり得ないことだと思っている

正義は嫌いだということは個人のお考えではあるが 政治屋も社会運動屋も体裁に囚われて「正義」無き社会は わたしは日本を危うくしているとさえ感じている

過去録は何年経過しても 生きている
それはすなわち 現実としての動物あいごも福祉も fake情報発信者に正義を求めることなく 蔑ろにしているから その活動の実態は死に瀕していると感じている

いうのは「只」という言葉があるが 法律の強化改正に意気込む人はいるが ほとんど功を奏していないと感じている
最近になって 私の書くものを 動物の業者さんにも閲覧していただいているが 私もそちらの記事を読ませていただいてがっかりとすることが増えた
あまりにもひどい「あいご」の実態 業者さんいじめとしか感じられないが それを正すあいごの関係者はいない

現役の 動物あいご 福祉 と叫ばれる方々は 「業者さん」を糾弾する人はいても 堕落したあいごの実態を糾弾する人々は極稀のようだ
というよりも ペット産業界への気遣いをされて言えないのだと感じる

正義は嫌いだというお方が 指導的地位におられることは 多分に大衆に影響を与えていると感じるが 将来を大切にしたい人々がお考えいただきたい

私の役割は適切な判断力を養うためには過去を知ること 現実を正しく知ることだと思っているので 正義も大切にしたい  
「悪徳業者から救う」もたいせつではあるが 
「悪徳あいごや」から救うこともまた大切であると断言します

>浅田さんが問題の1例として挙げるのは、「悪徳繁殖業者の劣悪な飼育環境のもとで子どもを産み続けることを強いられている犬や猫たちを、救えていない」現状だ

それに劣らず「悪徳あいごや」に対しても 糾弾を!!
------------------------------------------------------------
松田 早苗

2017年12月24日  · 

2017-12-24 浅田美代子さん、動物愛護求め署名「悪徳業者から救う」

https://www.asahi.com/articles/ASKDQ5V2XKDQUTFL01B.html

浅田美代子さん、動物愛護求め署名「悪徳業者から救う」

2017年12月23日16時12分

街頭で署名を募る浅田美代子さん=23日、東京都港区

  •  

[PR]

 「真に動物たちを守れるような動物愛護法に改正されるよう、ご協力ください」

  • ペット数、猫が犬を初めて逆転 飼い主の数は犬が多数
  • 特集:ネコ好きのあなたへ

 女優の浅田美代子さんが東京都港区の六本木ヒルズ前で23日、街頭署名活動を行い、道行く人たちに呼びかけた。

 浅田さんが問題の1例として挙げるのは、「悪徳繁殖業者の劣悪な飼育環境のもとで子どもを産み続けることを強いられている犬や猫たちを、救えていない」現状だ。

 動物愛護法は、付則で5年に1度見直すよう定められており、来年が4回目の改正年にあたる。

 これまでの改正でも、ペットショップや繁殖業者など第1種動物取扱業者の適正化は大きなテーマだった。だが、「ペット産業の社会的影響力が強いために規制がなかなか進まない。動物たちを守るためには甘すぎる状態」だと浅田さんは訴える。

 このため、▽犬猫繁殖業者に対する免許制の導入▽第1種動物取扱業者における管理者1人あたりの頭数制限▽幼齢(生後56日以内)犬猫の親元からの引き離し禁止など17項目について、来年予定されている改正で動物愛護法に盛り込むべきだとして、今年2月から署名を集めてきた。

 21日までに集まった署名は、合計10万筆以上。「もっとたくさんの、幅広い層の人たちに、不幸な運命をたどる動物たちのことに関心をもってほしい」

------------------------------------------------------------

2017-12-24 まつだコメント

【これまでの改正でも、ペットショップや繁殖業者など第1種動物取扱業者の適正化は大きなテーマだった。だが、「ペット産業の社会的影響力が強いために規制がなかなか進まない。動物たちを守るためには甘すぎる状態」だと浅田さんは訴える。】

【犬猫繁殖業者に対する免許制の導入▽第1種動物取扱業者における管理者1人あたりの頭数制限▽幼齢(生後56日以内)犬猫の親元からの引き離し禁止など17項目について、来年予定されている改正で動物愛護法に盛り込むべきだとして、今年2月から署名を集めてきた。】

業者規制は基より同等の規制を愛護団体も含めて 個人動物保管者にも課さなければ 動物の飼養保管の実情は変わらない

ジャーナリスト?の太田記者は動物あいご団体を批判することはできないむねの発言をされていたことがあった

【よくないことは良くない】と言えないところは 懇ろすぎるのか?と勘ぐりたくなったことがあった

規制を厳しくすることは無駄とは言わないが 行政機関の人員配置を考慮しなければ 法改正の結果を活用するためには あまり実効性は期待できない

業者を上回る知識と行動力 責任感のある行政機関職員は少ないと感じる

2-3年の配置転換で いやなことは先送りが普通だ

業者からの苦情をうけたことがあった

定時査察で やたら細かいことを指摘されるが 納得のいく内容ではなく 嫌がらせと感じたということも訴えておられたことがあった

知識が乏しい分 行政機関としての威信を示すために却って業者に足元をみられていたと感じられた

現状は知らないがかつては浅田さんご自身も多頭数飼育者だったことを自慢されていたと感じた

現在の飼育状況が良ければそれでいいとも言えない

災害対策としての 手本とされるなら 自らの多頭数飼育を卒業されないと 他者の多頭数飼育を規制することもおかしい

署名協力をされる人々がどれだけ法改正の内容を理解されているのかも 懐疑的である

著名人の薦めに乗るということもあろうから 署名協力者が多数を得たから 国民の関心が高いとも言い切れない

ティアハイム「ノーキル」と言っていた 著名人の言葉に踊らされて 信じている動物あいごの人々はいまも多数に上る

これらの発言者を仲間とされなら 誤認情報等戒めて頂くことも 良心の内ではないですかと申し上げておく

現状はどうなのか? 過去には共に浅田美代子さんともデモ行進もされていた 盟友のようであった「あき日和」のお方も でたらめの情報提供を垂れ流したまま 年月に忘れられるとお考えなのか?

この手の人々がきれいなことを言われても 素直には賛同いたしかねるが うすら笑われるのが落ちであろうことは承知で申し上げておく

「TOKYOZEROキャンペーン」や 滝川クリステルさん等の身近な人々の誤認情報を正せなくて 他者の先に立とうとされるなら 自らの姿勢も正していただきたい

【「悪徳業者から救う」】 とタイトルが挙がっているが 同時に 社会を欺く動物あいご団体や 個人保管者からも救うことをしなければならないと感じる

悪徳は業者ばかりではないことは 賢明な人々の間では知られている

« 2023-12-10in犬のしつけ、猫は屋内で」を努力義務化 群馬県が条例改正へ | トップページ | 2023-12-28 年の終わりに 「正義」を考える »

知識」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2023-12-10in犬のしつけ、猫は屋内で」を努力義務化 群馬県が条例改正へ | トップページ | 2023-12-28 年の終わりに 「正義」を考える »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック