« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »

2023年10月

2023年10月29日 (日)

2023-10-27in野良猫の引き取り拒否について 徳島 に対するマツダ私見

2023-10-27in野良猫の引き取り拒否について 徳島 に対するマツダ私見
野良猫の引き取り拒否について|県民目安箱 (tokushima.lg.jp)
2023-10-29s.ma
コメント
>
まず、引取り拒否は動物の愛護及び管理に関する法律第35条第1項に基づくものです。
 

御質問の件ですが、動物の愛護及び管理に関する法律第44条「愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者」及び第44条第3項「愛護動物を遺棄した者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する」に抵触する可能性があると考えます。
------------------------------------------------------------
行政機関が「第105号法」を理由に 引き取らないことは 
法律第35条第1項及び法律第44条が
人社会にも 動物にも不利に働いているという証です

現状の民間の動物あいご活動は動物福祉とは縁遠い
目先の活動に追われています


阪神・淡路大震災の年に「地域猫」活動が提唱されて以来 錦の御旗のごとくに
「TNR」活動と称して「捨てる」ことを容認してきました

関わる人が直接猫等 動物の死に直面しなくて済むこと以外 人社会にも動物にも 「TNR」活動は何らの利もない と言って過言ではない現状です

その上に 行政機関が「第105号法」を理由に 
引き取らない 安楽死処置をしないことは 
猫たちの窮状を知りつつ見捨てていることと同じです


動物あいごと言う エゴが横行する活動は 
時に人を苦しめます


安楽死処置を是認することも 行政機関が殺処分することも 「悪」として罵詈雑言や 時には事実を曲げてでも悪印象を
作り 安楽死処置の提唱を妨害し 安楽死処置を阻止する行為を正当化する


その結果は人社会と動物に しわ寄せとなり 
動物は「迷惑動物」として疎まれつつ生かされる 

迷惑を感じる人々も仕返しを疎み 口を閉ざします

「あいご活動」とは
誰のために何のためにしているのか?


現状の動物あいごと称する活動は自己愛に尽きると言って過言ではないでしょう

行政機関がすべての行き場のない動物を引き受けることが 
社会と動物のためには必要です


行政機関が「第105号法」を理由に 引き取らないことは 
人社会と動物の苦痛軽減のために 
法改正の必要があるということです



2023年10月14日 (土)

2023-10-14 浅田美代子さんに問う

2023-10-14 浅田美代子さんに問う
https://www.facebook.com/photo/?fbid=2111643508924393&set=ecnf.100002362927110

 

  • Facebook

    浅田 美代子
  • 2012年4月21日
  • ベルリンのティアハイム。ドイツでは殺処分0です。犬が欲しい人はティアハイムから引き取るか、ブリーダーさんに直接行くか・・・犬達よ日本に産まれてこないように・・・いつの日か日本にもティアハイムのようなシェルターが出来ますように・・・命を大切に・・・悪徳繁殖者がいなくなることを願いますが、むやみに犬を買う人達も問題です。子犬だから、小さければ可愛いと思うのもおかしですよ。犬はいくつになっても躾はできます。うちの子は保護犬で推定5歳でしたがトイレも完璧です。虐待の跡もありましたが今では人間は怖くないんだと学びました。もし、犬が飼いたいと思うなら保護犬という選択もありますよ。

 

2019年3月8日  · 

今日は藤野真紀子さん、TOKYO ZEROのハリス鈴木絵美さん、中山深雪さん、Tammy Kadokuraさんと野田聖子議員に、法改正においての「8週齢規制」「数値規制」「繁殖業の免許制」の要請に伺いました。
------------------------------------------------------------
2023-10-14s.maコメント

浅田美代子さん あなたがTOKYO ZEROに深くかかわっていたことの証ですね
大衆を誤誘導し 
欺いたことの社会的責任は感じないのですか?

どうして 顛末を報じないで 逃避して そ知らぬ顔ですか?
あなたたちは 悪徳ペット業者や 無責任な動物の飼主を糾弾されるお立場ではないですか?

ご自分が信じて絶賛されたドイツティアハイムは 実態とあなたたちが信じた誤認情報とはあまりにもかけ離れていましたね

藤野真紀子さん ハリス鈴木絵美さん 細川弁護士 太田光明氏 小池百合子都知事
皆さん無責任とは思われませんか?

大衆に目指すべき憧れの目標としてのティアハイム「ノーキル」の実態が 大きく間違っていたことを自覚されたから秘かに幕引きをされたのでしょう
支持者を無視して反省の意を示されないのは 「卑怯」「無責任」と思いませんか?

社会を良く変えたい
ならばご自分の失敗の反省は大切ですね
自分は失敗を認めず反省も謝罪もしないが 社会の悪に立ち向かうとは滑稽ではないですか?

藤野真紀子さん ハリス鈴木絵美さん 細川弁護士 太田光明氏 小池百合子都知事

その他関係諸氏
皆さんのご意見をぜひ伺いたいですね
無視しておけば その内 糾弾している まつだの寿命が尽きて 誰も言う人はいなくなることを待たれますか?
ずるいとしか言えないが 残念ですが 演技力のある あなたほどに大衆を欺く力はないことは認めます
「良心」とは何でしょうね?

2023年10月 5日 (木)

2023-10-4in2023-10-4in徳島県 犬猫の殺処分 県民目安箱 から

2023-10-4in2023-10-4in徳島県 犬猫の殺処分 県民目安箱
https://www.pref.tokushima.lg.jp/opinion/7220048/?fbclid=IwAR3UTFdZRRn4xraab6Qqnp7iN8YmPk-uD4VzCq8jKKojlx8ZgH4jUO8HyeQ
犬猫の殺処分|県民目安箱 (tokushima.lg.jp)
------------------------------------------------------------
2023-10-4 s.maコメント
>地球は人間だけのモノじゃありません。どうか生き物と共存できる道を選んでいただきたいと思います。


妥当な意見と思われがちですが 自然界に生きる 繁殖から死まで 自然に左右される動物たち 「野生動物」と 飼育下に生きる犬猫等の人為的発生に悖る動物とは同等の判断はできませんね

繁殖として 人が介在して発生させた命 動物は 
最後まで人が責任を負うことが大切です

殺処分も含めて「管理」は人がしなければなりません

>捕獲→適応外→殺処分、殺処分ゼロの県を見習い同じように殺処分ゼロを目指していただきたいです。


一見よさそうで 正当な考えのようですが 動物愛好家という特定の市民の意見であり 動物が好きになれない人々の心的被害や 動物による人的 財産侵害等の
物的被害に苦しむ市民に対する配慮がされていない思考です


殺処分ゼロは 期せずしてであっても 
動物を苦しめていることも多くあります

ネグレクト保管により 肉体は生かしても 心を殺している
関わる人々の気持ちを優先して 
動物に忍従を押しつける ある種のエゴと感じます


行政機関職員の方々は 特定市民の意見に偏ることは不適切です
動物あいごに偏る行政機関では それがまかり通っているように感じられることが
多く残念に思います


>・通学中の子どもが追いかけられた

等の通報や相談を受けた際には巡回パトロールや捕獲檻の設置により捕獲を行っています。
 

> 野犬の収容の多さは本県の課題の一つとなっています。野犬が多くなる理由として、飼い犬の遺棄や野犬への無責任な餌やり行為があります。
(S,Ma注-原文は修飾なし 赤文字はS,Maによる)

行政機関職員の方々の苦悩にも思いやることは大切です
行政機関職員の方々の仕事は 市民全体に対する配慮が必要であり 
時には苦悩の選択もしておられることに対して理解が大切です

動物を捨てることや 餌付けで「動物あいご」のつもりは 
自己愛の延長であり 動物にも社会にも多くの
迷惑をかけていることを自覚しなければなりません


動物との飼育共生を始めるときに 万一にも 飼育ができなくなった時のことは考えておかなければなりまませんが 「殺処分ゼロ」「ノーキル」は動物にも一般社会の人々のためにも ベストな思考とは言えません

日本中で民間シェルターに生かされている動物たちはすべてが「幸」とは感じられず 哀れに思うことと 「動物あいご」が不正な募金に利用されることもあり 動物を思いやることの
本質を考えなおすことは大切と思います

« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック