« 2023-9-7日本の現状は 将来が危ない | トップページ | 2023-9-20in「動物愛護週間ってなに  細川 敦史弁護士に問う »

2023年9月16日 (土)

2023-9-15 細川 敦史弁護士への問いかけ

2023-9-15過去録から 3/30開催のTOKYO ZERO第7回勉強会 

2020-1-16 細川 敦史·2017年4月6日木曜日 2018年動物愛護管理法改正の検討項目

2018年動物愛護管理法改正の検討項目
細川 敦史·2017年4月6日木曜日·1分
3/30開催のTOKYO ZERO第7回勉強会向けに用意したメモをこちらに置いておきます。
(S,Ma注-赤文字着色 下線修飾はS,Maによる 原文は修飾なし )

前回改正時は、当初は閣法で進める予定であったため、環境省(動物愛護管理室)が多くの検討項目を用意して公表していたけれど、今回は当初から議員立法で進めることになっているようで、環境省から出ることは期待できないので、いろんな方のご意見なども参考にさせていただき、とりあえず現状の個人的な提案として公開します。
特に規制が必要と思われるポイントとして、いわゆる蛇口を締める観点から、「業者か素人かにかかわらず、問題ある繁殖を抑制する」点があげられます。具体的には、業規制として『(少なくとも)繁殖業の許可制』、一般飼い主規制として『外飼い犬猫には、不妊去勢措置の義務づけ(原則)』『室内飼いの犬猫でも多頭飼育により生活環境が損なわれ、又は虐待のおそれある場合は、不妊去勢措置の義務づけ(例外)』という改正が必要ではないかと考えます。
------------------------------------------------------------
2023-9-15 s.maコメント
>3/30開催のTOKYO ZERO第7回勉強会向けに用意したメモをこちらに置いておきます。
(S,Ma注-赤文字着色 下線修飾はS,Maによる 原文は修飾なし )


細川 敦史弁護士が 「TOKYO ZERO」の中心人物として 鮮明に自信と誇りを持っていた頃の記録です

2018年から5年が経過しました

現在 「TOKYOZEROキャンペーン」について問われても 何らの反省もなく無視を続けています 

現在「TOKYOZEROキャンペーン」のウエブサイトもなくなっています
公開募金までしていたが 当該団体責任者からの何らの経過報告もなく 何故 団体は活動を停止して 情報を消去しなければならなかったのか?


そして 今 細川 敦史弁護士は 新たな団体
「動物弁護団」の中心人物として名を広めています
それでよいのか?

動物あいごとは誰のための何のための活動か?

社会に必要とされる職業人を適切に育成し 大衆の啓発に関わる人材は必要だが 自らの過去を振り返らない 違法行為を指摘されて尚沈黙をしているこの人は「法律家」です

支持者諸氏にも大いに責任があるでしょう

指摘されている事案「TOKYOZEROキャンペーン」についての顛末について 何らかの意思表示をされる義務があるでしょう

指摘が間違いであれば 間違いを正すこと または 間違いを認めどこが間違っていたかを公表し 謝罪をすることが必要であり 無視をして年月を経過することで忘れられることを期待してはならないでしょう

それは細川 敦史様あなたが法律家という立場であるからです
そして 今 法律家という資格をもって大衆にたいして 違法行為があれば指摘をされようとしておられます

動物あいご法違反者に対する あなたの見解を屡々公開されています

あなたと あなたの周囲の人々は何度も指摘されたにも関わらず 「TOKYOZEROキャンペーン」が社会に有用な情報であると信じ込ませる働きをしてこられました

団体立ち上げに際しての登録関連についての違法行為と ドイツ「ティアハイム」礼賛が虚偽の情報であることを指摘された後も それをあたかも事実であり理想であるかのように大衆に教えて 社会秩序を無視された行為を維持し fake情報発信という指摘を看過してこられました

では あなたのお間違いを正す人がいなければ自らは何らの良心の呵責はないのかお尋ねしたい

過去を克服して 謝罪か または指摘されたこと fake情報ドイツ「ティアハイム」礼賛発信は間違いである ということに対する反論をされる必要があります

指摘をする者たちに対して 無反応を続けられることは社会人として正しいことではない

取るに足らない根拠のない侮りとしての「批判」であれば看過されるもよし とはいえ
「さんかくたまご様=Megumi Takeda様」情報は出典を明らかにされて ティアハイムについての詳細な情報を呈しておられます
私はこの情報を信用できると評価させていただいています
検索語 「さんかくたまご」「ティアハイム」 でご確認ください
------------------------------------------------------------
Megumi Takeda
2017年7月17日 ·
ティアハイムは犯罪集団であるという、ビジネス評論書。
Die Spendenmafia Schmutzige Geschäfte mit unserem Mitleid
「寄付マフィア:私たちの思いやりと汚いビジネス 」。
ドイツの硬派メディア、シュピーゲル誌が本書の内容について触れています。
また実に多くのティアハイムの詐欺、横領事件の実例も挙げています。
ティアハイムを神格化してありがたがっているのは、ドイツから遠く離れたアジアの無知蒙昧な島国の国民だけでしょう。
------------------------------------------------------------
兵庫県弁護士会様または 細川 敦史弁護士 反論は論拠を示してください

「動物弁護団」として今後も一般社会人の間違い 犯罪を指摘される立場であれば まずはご自分の間違いを認めて 訂正されることが 法律家としてよりも それ以前の社会人としてのとるべき態度ではないですか?

 ないしは正しいとの信念であれば
反論をなさることが大切です

年月の経過を利用して忘れ去られることを期待されているとすれば 法律家としての尊厳はなくなります

兵庫県弁護士会主催 市民シンポジウム「ペットの流通問題を考える」の開催 | 兵庫県弁護士会 (hyogoben.or.jp)

この市民シンポジウムの講師もまた 同じ穴の狢
何度もfake情報発信という指摘を受けながら 無視をして年月を経過することで忘れられることを期待していると感じます
「講師:太田匡彦氏(記者)」
「講師:浅田美代子氏(女優)」
無責任で 卑怯な人々が 大衆に対して何を洗脳したいのか?

{兵庫県弁護士会}とされて 大衆への働きかけをされるに際して 講師について過去の所業を調査されなかったのか?
「よさそう」と「よい」は違います
カルト宗教のような真似はしないでいただきたいと申し上げます
文責 松田早苗

« 2023-9-7日本の現状は 将来が危ない | トップページ | 2023-9-20in「動物愛護週間ってなに  細川 敦史弁護士に問う »

知識」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2023-9-7日本の現状は 将来が危ない | トップページ | 2023-9-20in「動物愛護週間ってなに  細川 敦史弁護士に問う »

2023年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック