« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »

2023年9月

2023年9月20日 (水)

2023-9-20in「動物愛護週間ってなに  細川 敦史弁護士に問う

2023-9-20in「動物愛護週間ってなに 細川 敦史弁護士
(20) Xユーザーの細川 敦史さん: 「動物愛護週間ってなに? みんなで考えよう、命のこと https://t.co/k5Jyj7vyBq ちょっとフライングですが、9/20から1週間は動物愛護週間です。このコラムは8年間に書いたもの 中央行事 https://t.co/1BvHkrpH3N  地方行事一覧https://t.co/Ya9PdPzcGg」 / X (twitter.com)

 

細川 敦史

 

@a_hosokawa

 

動物愛護週間ってなに? みんなで考えよう、命のこと https://sippo.asahi.com/article/10560526… ちょっとフライングですが、9/20から1週間は動物愛護週間です。このコラムは8年間に書いたもの 中央行事 https://env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/pickup/week/r05.html…  地方行事一覧https://env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/pickup/week/r05/chiho.pdf…

------------------------------------------------------------
2023-9-20 s.maコメント
>動物愛護週間ってなに? みんなで考えよう、命のこと

みんなで考えよう 法律はだれのため 何のため 違法行為は謝罪もしないし 放っておけばよい?

とのお考えなのではないですか?

「TOKYOZEROキャンペーン」についての後始末
できていませんね
法律家であれば 
ご自分の誤りにしっかりと向き合ってください
誤りは全くないとの自負がおありなら 
そのような発信をしてください

 

------------------------------------------------------------
動物愛護週間ってなに? みんなで考えよう、命のこと | 犬・猫との幸せな暮らしのためのペット情報サイト「sippo」 (asahi.com)

動物愛護週間ってなに? みんなで考えよう、命のこと

細川敦史


 シルバーウィーク、いかがお過ごしでしょうか。

 

 今までこの時期に5連休というのは記憶にないので、個人的にはまだこの用語になじみがありません。9月の連休といえば、動物関係者にとっては「動物愛護週間」の方がピンとくるのではないでしょうか。

 

 動物愛護週間は、毎年「9月20日から同月26日まで」と動物愛護法で決められています。

 

 ある事柄を普及啓発する目的で「○○の日」、「○○週間」とされている例は山ほどありますが、わざわざ法律で、しかも日にちまで書いてあるのはめずらしいことです。

 

 動物愛護週間には、国や自治体は、動物愛護や適正飼育を普及啓発するための行事を実施することがこれも法律で決められており、全国各地でイベントが開催されています。

 

 また、国や自治体だけでなく、民間の動物団体やグループも、動物愛護週間にあわせてイベントを行います。こちらの「sippo」を運営する朝日新聞社メディアラボも9月20日に、神奈川県と共催で「動物愛護シンポジウム~ペットのいのちと人の健康~」を開催しています(残念なことに、私にはお声がかかりませんでしたが……)。

 

 動物の活動に深くかかわっている方々にとっては、「毎日が動物愛護週間」であり、「動物愛護週間だけでなく、毎日動物たちのことを考えてほしい」というお気持ちかもしれません。しかしながら、普段から動物のことを考えたことがない人たちに対し、関係者から同じ時期に、動物や命の大切さを伝えることは、大きなメッセージとなって伝わりやすいかもしれません。それはすなわち、一般社会に対して動物愛護福祉の理解を深め、すそ野を広げる効果があるともいえます。
 ただ、関係者以外にとっては、いかんせんまだまだマイナーな行事かもしれません。クリスマスやバレンタインデー、最近ではハロウィーンなど誰にでも知られている行事は、当日までの期間をうまく活用して行事を盛り上げています。動物愛護週間にもこうしたアイデアを生かしていくことが期待されます。

 

 ところで、動物愛護週間に国が実施する行事として、「動物愛護管理推進功績表彰」というものがあります。

 

 これは、2001年度から毎年、動物愛護週間の時期に行われている環境大臣表彰で、動物の愛護とその適正な管理の推進に関し、特に顕著な功績のあった人や団体に対し、その功績をたたえるものです。2012年の動物愛護法改正により、新たに法律で定められました。

 

 この表彰を受けたことによって、受賞者に特別な法律上の地位が与えられるわけでもなく、また、表彰は何の資格でもありませんが、動物愛護や適正飼養の普及啓発に関する長年の努力が正しい功績として国に認められたことを意味していると考えられます。そのため、受賞によって、動物愛護福祉関係者内における名誉的な評価を受けることにはなるでしょう。

 

 動物愛護に関する活動は、一時的に盛り上がっても長続きしないことも多いので、継続すること自体に一定の価値があることは間違いありません。

 

 もっとも、動物愛護や適正飼養に関する普及啓発などは、受賞者の長年の努力のみならず、多数の現場の方々による地道な活動に支えられ、成り立っているのが現実でしょうから、このような「無冠」の方々の存在も決して忘れてはなりません。

細川敦史 (ほそかわ・あつし)

2001年弁護士登録(兵庫県弁護士会)。民事・家事事件全般を取り扱いながら、ペットに関する事件や動物虐待事件を手がける。動物愛護管理法に関する講演やセミナー講師も多数。動物に対する虐待をなくすためのNPO法人どうぶつ弁護団理事長、動物の法と政策研究会会長、ペット法学会会員。

 

------------------------------------------------------------
>しかしながら、普段から動物のことを考えたことがない人たちに対し、関係者から同じ時期に、動物や命の大切さを伝えることは、大きなメッセージとなって伝わりやすいかもしれません。それはすなわち、一般社会に対して動物愛護福祉の理解を深め、すそ野を広げる効果があるともいえます。


上記「動物」を「法律」「社会常識」に置き換えてみましょう

細川敦史さん あなたは現役の「弁護士=法律家」ですね
違法行為をした人を糾弾されますね
あなたやそのお仲間の違法行為には 
なぜ沈黙なのでしょうか?

頭の悪い 耄碌ばあさんマツダにもわかるように 
「TOKYOZEROキャンペーン」の顛末と 社会的責任についてご説明をお願いいたします

(TW=Xに投稿)

>こちらの「sippo」を運営する朝日新聞社メディアラボも9月20日に、神奈川県と共催で「動物愛護シンポジウム~ペットのいのちと人の健康~」を開催しています(残念なことに、私にはお声がかかりませんでしたが……)。


神奈川県がそんなに気にかかりますか?
「sippo」を運営する朝日新聞社メディアラボ がなぜご高名なあなたを外されたのでしぅかね?
そのご指摘で 私もちと気になりました
「TOKYOZEROキャンペーン」の祟りではないでしょうね 失礼しました
文責 松田早苗

2023年9月16日 (土)

2023-9-15 細川 敦史弁護士への問いかけ

2023-9-15過去録から 3/30開催のTOKYO ZERO第7回勉強会 

2020-1-16 細川 敦史·2017年4月6日木曜日 2018年動物愛護管理法改正の検討項目

2018年動物愛護管理法改正の検討項目
細川 敦史·2017年4月6日木曜日·1分
3/30開催のTOKYO ZERO第7回勉強会向けに用意したメモをこちらに置いておきます。
(S,Ma注-赤文字着色 下線修飾はS,Maによる 原文は修飾なし )

前回改正時は、当初は閣法で進める予定であったため、環境省(動物愛護管理室)が多くの検討項目を用意して公表していたけれど、今回は当初から議員立法で進めることになっているようで、環境省から出ることは期待できないので、いろんな方のご意見なども参考にさせていただき、とりあえず現状の個人的な提案として公開します。
特に規制が必要と思われるポイントとして、いわゆる蛇口を締める観点から、「業者か素人かにかかわらず、問題ある繁殖を抑制する」点があげられます。具体的には、業規制として『(少なくとも)繁殖業の許可制』、一般飼い主規制として『外飼い犬猫には、不妊去勢措置の義務づけ(原則)』『室内飼いの犬猫でも多頭飼育により生活環境が損なわれ、又は虐待のおそれある場合は、不妊去勢措置の義務づけ(例外)』という改正が必要ではないかと考えます。
------------------------------------------------------------
2023-9-15 s.maコメント
>3/30開催のTOKYO ZERO第7回勉強会向けに用意したメモをこちらに置いておきます。
(S,Ma注-赤文字着色 下線修飾はS,Maによる 原文は修飾なし )


細川 敦史弁護士が 「TOKYO ZERO」の中心人物として 鮮明に自信と誇りを持っていた頃の記録です

2018年から5年が経過しました

現在 「TOKYOZEROキャンペーン」について問われても 何らの反省もなく無視を続けています 

現在「TOKYOZEROキャンペーン」のウエブサイトもなくなっています
公開募金までしていたが 当該団体責任者からの何らの経過報告もなく 何故 団体は活動を停止して 情報を消去しなければならなかったのか?


そして 今 細川 敦史弁護士は 新たな団体
「動物弁護団」の中心人物として名を広めています
それでよいのか?

動物あいごとは誰のための何のための活動か?

社会に必要とされる職業人を適切に育成し 大衆の啓発に関わる人材は必要だが 自らの過去を振り返らない 違法行為を指摘されて尚沈黙をしているこの人は「法律家」です

支持者諸氏にも大いに責任があるでしょう

指摘されている事案「TOKYOZEROキャンペーン」についての顛末について 何らかの意思表示をされる義務があるでしょう

指摘が間違いであれば 間違いを正すこと または 間違いを認めどこが間違っていたかを公表し 謝罪をすることが必要であり 無視をして年月を経過することで忘れられることを期待してはならないでしょう

それは細川 敦史様あなたが法律家という立場であるからです
そして 今 法律家という資格をもって大衆にたいして 違法行為があれば指摘をされようとしておられます

動物あいご法違反者に対する あなたの見解を屡々公開されています

あなたと あなたの周囲の人々は何度も指摘されたにも関わらず 「TOKYOZEROキャンペーン」が社会に有用な情報であると信じ込ませる働きをしてこられました

団体立ち上げに際しての登録関連についての違法行為と ドイツ「ティアハイム」礼賛が虚偽の情報であることを指摘された後も それをあたかも事実であり理想であるかのように大衆に教えて 社会秩序を無視された行為を維持し fake情報発信という指摘を看過してこられました

では あなたのお間違いを正す人がいなければ自らは何らの良心の呵責はないのかお尋ねしたい

過去を克服して 謝罪か または指摘されたこと fake情報ドイツ「ティアハイム」礼賛発信は間違いである ということに対する反論をされる必要があります

指摘をする者たちに対して 無反応を続けられることは社会人として正しいことではない

取るに足らない根拠のない侮りとしての「批判」であれば看過されるもよし とはいえ
「さんかくたまご様=Megumi Takeda様」情報は出典を明らかにされて ティアハイムについての詳細な情報を呈しておられます
私はこの情報を信用できると評価させていただいています
検索語 「さんかくたまご」「ティアハイム」 でご確認ください
------------------------------------------------------------
Megumi Takeda
2017年7月17日 ·
ティアハイムは犯罪集団であるという、ビジネス評論書。
Die Spendenmafia Schmutzige Geschäfte mit unserem Mitleid
「寄付マフィア:私たちの思いやりと汚いビジネス 」。
ドイツの硬派メディア、シュピーゲル誌が本書の内容について触れています。
また実に多くのティアハイムの詐欺、横領事件の実例も挙げています。
ティアハイムを神格化してありがたがっているのは、ドイツから遠く離れたアジアの無知蒙昧な島国の国民だけでしょう。
------------------------------------------------------------
兵庫県弁護士会様または 細川 敦史弁護士 反論は論拠を示してください

「動物弁護団」として今後も一般社会人の間違い 犯罪を指摘される立場であれば まずはご自分の間違いを認めて 訂正されることが 法律家としてよりも それ以前の社会人としてのとるべき態度ではないですか?

 ないしは正しいとの信念であれば
反論をなさることが大切です

年月の経過を利用して忘れ去られることを期待されているとすれば 法律家としての尊厳はなくなります

兵庫県弁護士会主催 市民シンポジウム「ペットの流通問題を考える」の開催 | 兵庫県弁護士会 (hyogoben.or.jp)

この市民シンポジウムの講師もまた 同じ穴の狢
何度もfake情報発信という指摘を受けながら 無視をして年月を経過することで忘れられることを期待していると感じます
「講師:太田匡彦氏(記者)」
「講師:浅田美代子氏(女優)」
無責任で 卑怯な人々が 大衆に対して何を洗脳したいのか?

{兵庫県弁護士会}とされて 大衆への働きかけをされるに際して 講師について過去の所業を調査されなかったのか?
「よさそう」と「よい」は違います
カルト宗教のような真似はしないでいただきたいと申し上げます
文責 松田早苗

2023年9月 7日 (木)

2023-9-7日本の現状は 将来が危ない

2023-9-7日本の現状は 将来が危ない
ジャニーズ関連の報道は 今の日本全体の問題を良く表しています

臭いものに蓋
長いものにはまかれろ
見ざる聞かざる言わざる

収益最優先 収益にならなければ見て見ぬふり 収益のためには「違法行為」も仕方がない
大衆を侮り 扇動し 間違いを認めない

メディア関係者も自己批判はされてはいますが ジャニーズ問題は1-2年のことではない
年月も 被害者もかつてない多数であり それを我欲(自己利益)のために沈黙 ある意味「黙認」してきたと言えます

動物あいご活動の ネグレクト保管も 我欲(自己利益)のために沈黙 「黙認」しているとも言えます

著名人たちのfake情報発信を「見ざる聞かざる言わざる」で時の経過を稼いでいる

弁護士ドットコム様 どうされたのか? その後無回答のままです 
何事もなかったかの如くに月日は過ぎています

難問を呈したことは承知ですが 同業者(弁護士)のことは「間違い」も正せないのでは 社会正義は保たれませんね
と 私は感じます
そのうちに 訴えた者は高齢者だから都合よく死去してくれるであろうとの希望的観測なのか?

「TOKYOZEROキャンペーン」活動発足の事前に「ティアハイム」の実態を調べた人はいなかったのか?

小中学生並みの思考で 虚偽の噂に付和雷同し あたかも世界最高の動物福祉であるかのように 虚偽を鵜呑みにして 「空想」を「事実」として礼賛し 世間を巻き込み だまし続けた
「TOKYOZEROキャンペーン」の主要人物であった人々の 社会的責任を問う人はほんの一握り

社会悪を糾弾する それらの人々を「変な人」呼ばわりでやり過ごそうとされる狡さは 日本から「正義」が抹消されつつあるのか もはや「正義」を求めるものが「変わりもの」なのかという社会構図だと感じます

若い国民がそれでよいなら 致し方なし
私は我が人生の 残りは少ないが 生きている間は
【よくないことは良くない】と 言い続けたい 
------------------------------------------------------------
以下 参考資料
2023/03/21 (火) 16:40
弁護士ドットコム お問い合わせの受付確認■
―――――――――――――――――――――――――――――

この度は、「弁護士ドットコム」へお問い合わせいただき、誠にありがとうございます。
お客さまからのお問い合わせを受け付けました。

ご意見につきましては、今後の運営の参考にさせていただきます。
ご質問に関しては、内容確認後、順次対応させていただきます。

なお、お問い合わせの内容によっては、回答にお時間を頂戴することもございます。
あらかじめご了承ください。

なお、何かご不明な点や、お困りのことがございましたら、
以下問い合わせ先よりお気軽にご連絡ください。
今後とも「弁護士ドットコム」を、よろしくお願い申し上げます。

2023年9月 1日 (金)

2023-8-30 in さんかくたまご様情報 動物問題でfake情報を発信と指摘されている著名人たち

2023-8-30 in さんかくたまご様情報
続・ドイツ動物保護連盟による野良猫調査~保護した野良猫の99%が傷病で20%を安楽死させた - さんかくの野良猫餌やり被害報告 (fc2.com)
------------------------------------------------------------
> なおドイツでは基本的に個人が行うTNRと給餌は禁止されています。多くの条例で、個人の野良猫の給餌は例外なく罰金の対象になります。


 同じ資料から、前回記事(ドイツ動物保護連盟による野良猫調査~保護した野良猫の99%が傷病で20%を安楽死させた)では、「ドイツでは数百万匹(200万匹)の野良猫がいるが、多くが虐待虐殺の被害に遭っている。ティアハイムに収容された野良猫の99%は何らかの傷病があり、20%を安楽死させた。ドイツの野良猫の数は多く、また悲惨な状況にある」ことを引用しました。

2022年に行われたYouGov(市場調査会社)の世論調査では、調査対象となった人の20%が(コロナペットブームで)新たにペットを飼ったことを後悔していると回答しました。

------------------------------------------------------------
2023-8-30 s.maコメント
8/26NHK猫特集番組で 異常なまでの猫景気に関する報道がありましたね

番組中で 特定地方での集団野猫の状況は取り上げていたものの 
一度も「地域猫」活動には触れられなかった
何となく違和感を感じました

そろそろ 社会が「地域猫」に対する疑問を持ちかけているのかと感じますが 
私の希望的観測に過ぎないのかもしれません

小野塚知二氏に限らず 動物問題でfake情報を発信と指摘されている著名人たち

弁護士として「法律」の解釈が できないのか 無視しているのか 大衆を蔑視した結果なのか?

司法試験に合格されているのであれば 法を侮り 無視しているのか 大衆を蔑視した結果なのかと感じますが 何度「fake情報」と指摘されても 反論も訂正もされない

彼らの支持者にも責任があります
「優しい 良い人」と表現して fake情報発信者を擁護する 
お人よしの活動家も複数知っていますから 
fake情報発信者としては内心ほくそ笑み「胡坐をかいていられる」のでしょう


詐欺師は皆言葉巧みで 印象としては「優しい 良い人」だと 詐欺事件担当の警察官は言われます

本当に「優しい 良い人」は 他人を蔑視して 
騙す=fake情報発信はしないでしょう


動物あいごに関わる人々の多くが「優しい」という言葉の意味を勘違いしていることが多すぎます

自分に優しい=自己利益になること 
動物にも社会にも害になる人々


動物大好きという人々には 
動物にも迷惑となることも多々あります

言葉巧みに大衆を侮ることに鈍感すぎます 

真実を知ることで物事の価値を判断することの
大切さがわかっていない

破廉恥な人々を擁護することの損害の大きさに気が付かない 
目先の「やさしさ」に陶酔することで ごまかされていることにならされている

同じ職域に生きる人々は あの人の不利になることは
口を噤むことで 悪と知りつつも 糾弾は回避する


ゆえに 
小野塚知二氏 太田光明氏 
細川敦史弁護士 渋谷寛弁護士 吉田真澄弁護士 
西山ゆう子獣医師 
黒澤泰獣医師 
串田誠一議員をはじめとする動物あいご議連の面々は 鷹をくくっていられるのだと感じます

この人々の「良心」は何処へ捨てられたのか?
「良心」遺棄罪 ほしいですね----

« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック