« 2023-7-15in私は猫を助けたかったのに TNR考察 これでいいのか? | トップページ | 川村 幸治V-TLシェア松井一郎氏が発案 万博で初の『犬の入場OK』案を検討中 »

2023年7月21日 (金)

2023-7-20in犬97匹に予防注射受けさせず、猫19匹も劣悪な環境で飼育疑い 「空き家で放し飼い」

2023-7-20in犬97匹に予防注射受けさせず、猫19匹も劣悪な環境で飼育疑い 「空き家で放し飼い」
犬97匹に予防注射受けさせず、猫19匹も劣悪な環境で飼育疑い 「空き家で放し飼い」親族らの相談で発覚(カナロコ by 神奈川新聞) - Yahoo!ニュース

犬97匹に予防注射受けさせず、猫19匹も劣悪な環境で飼育疑い 「空き家で放し飼い」親族らの相談で発覚

7/20(木) 16:41配信


2023-7-20カナロコ by 神奈川新聞

犬97匹に予防注射受けさせず、猫19匹も劣悪な環境で飼育疑い 「空き家で放し飼い」親族らの相談で発覚(カナロコ by 神奈川新聞) - Yahoo!ニュース

------------------------------------------------------------

2023-7-21s.maコメント

>17年ごろから引き取ったり、譲り受けたりした犬や猫の飼育場所として使用していた。昨年10月13日に女性の親族と愛護協会の職員が「空き家で犬や猫を放し飼いにしている」などと署に相談し発覚した。

記事によると 引き取りを依頼した人 譲渡をした人がいたということです

引き取りを依頼した人 譲渡をした人たちの行動が どの時期であったのかが
問われることでしょう
 

すでに多頭数飼育をしていた時期であれば 「引き取りを依頼した人 譲渡をして人」にも大いに問題があります 

あいご団体活動としてだったのか? 個人の飼主だったのか? 

いずれにしても 引き取り主が多頭数飼育と知りつつであれば 当該動物たちの元飼主か管理責任者にも責任があります

昨年10月13日に女性の親族と愛護協会の職員が実状を知っていたということは 約9カ月間 なぜ 誰も何もされなかったのか?

少なくとも動物愛護団体の職員であれば ネグレクトを知りつつ行動を起こされなかったことの説明は必要でしょう

神奈川県警伊勢原署は20日、狂犬病予防法違反と動物愛護法違反 とは 
神奈川県警伊勢原署は昨年10月13日から 7月20日までの期間に証拠硬めに要した時間だとでも言われるのか?

「第105号法」の強化をアピールすれば 動物あいごに尽力しているとでも錯覚されている 
動物あいご関係者諸氏 この事実に何をかコメントされたい

------------------------------------------------------------

参考資料

以下の件では 担当の奈良市行政獣医師のお方が奮闘され マツダに協力を依頼されたことで 現地調査をして 当該多頭数飼育者の親族に頼まれて 犬の引き取りの協力もしました

この劣悪飼主は 現役当時は検事もされていたとのこと 

学歴や仕事の地位からは想定外の「社会性」のなさに愕然としました

この例のほかにも 看護師の不適切多頭数飼育は意外に多く経験しました

「ストレスの多い仕事」と不適切多頭数飼育は何らかの関係性があるようにも感じました

------------------------------------------------------------

松田早苗レポート 2004/09/06

現役登録中の弁護士による犬不適切多頭数飼育例

匿名通報者により 弁護士である犬多頭数飼育者による近所迷惑 咬傷事故等があるが話し合いができないとの訴えがあった 2004/8/31 11:40頃現地到着 調査実施した

現役弁護士登録をされている(インターネットで確認済)69歳 女性 単身生活者

新興住宅地内一戸建て 敷地は広いが周囲は荒れていた

インターホーンにより当方の身分と来訪の意図を伝えて待つこと約10分 玄関のドアが半開きになり犬がぞろぞろと出され当人も半身を覗かせられているが当方の呼びかけには全く反応されない

犬たちは激しく吠え立てていたがそのうちに再び玄関のドアが半開きになり犬は呼び戻され5~6匹は入らないまま吠え立てていたが数回そのような行為が繰り返されました

出てきた犬たちは 殆どが小型犬であり 自家繁殖なのか同じような雑種が目立ちました

マルチーズ シュナウザー ヨーキ パピヨン等の交雑のように伺える小型犬が約20~30匹と推測できる どの固体も非常に激しい性格の様子でその殆どは汚れが酷く 皮膚病と見られる犬が目立った

明らかに不適切飼育と言える状況であったがこの日も話し合いには全く応じてはもらえなかった

行政機関からも再三にわたり現地訪問をされている様子ではあるが一向に話し合える状況には至らないとのことであった

弁護士という職にあり遵法の義務は一層厳格にもとめられると考えられる

この例でも『動物の愛護及び管理に関する法律』が的確に作用させることが出来ないことは非常に問題だと思いますが 近所の方々も誰かが矢面にたってくれることを望みつつも自分自身は当事者にはなりたくない 咬傷事故の被害者さえも告発は避けておられるようすと伺う 「良くないことを良くないと言える」勇気と積極的姿勢がなければこれらの状況を改善することは難しい

 

« 2023-7-15in私は猫を助けたかったのに TNR考察 これでいいのか? | トップページ | 川村 幸治V-TLシェア松井一郎氏が発案 万博で初の『犬の入場OK』案を検討中 »

知識」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2023-7-15in私は猫を助けたかったのに TNR考察 これでいいのか? | トップページ | 川村 幸治V-TLシェア松井一郎氏が発案 万博で初の『犬の入場OK』案を検討中 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック