« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2023年6月

2023年6月12日 (月)

https://www.facebook.com/koji.kawamura.33 川村幸治V TL転 殺処分ゼロ 

https://www.facebook.com/koji.kawamura.33 川村幸治V TL転載
2023-6-12s.maコメント感想
このように 取り上げていただいたことに 感謝します

現在の「動物あいご」は誰のためかと言えば 活動屋とメディア関係者 動物が生きていることで利益を得られる「業者」

今や 一部のあいご活動は「引き取り 多頭飼育業者」となり下がっていると感じています 

動物の肉体は殺さないが 心を殺して 
管理基準を落として多頭飼育で「有名」になる=募金が稼げることに傾いていると感じます

餌付けも 自制できない多頭飼育も 
賭博や薬物の常習と元は同じと言われています



適正飼育をするためには 安楽死処置を認めなければならない 
それを認めたくないか 認めては仕事として成り立たなくなる 誹謗中傷を覚悟しなければならない
動物を犠牲にしてでも わが心の安寧を優先させる

全てではないが 獣医師にも 責任はあると思います 
(以上 川村幸治V TL投稿部分)
------------------------------------------------------------
「殺処分ゼロ」は数字の問題であり 簡単にできることとして 市民からの引取り拒否 民間丸投げが常態化した

熊本等が高所からの斜め係留の状況で犬の多頭数飼育をされていたが それさえもノーキル支持者から礼賛されていた

引き取らなくて 民間に丸投げする

行政機関の方々のすべてではないが 多くは民間活動屋の自制亡き誹謗中傷に負けて 動物の「保護者」の立場を捨ててわが身の安寧を選択されたと感じます

「殺処分ゼロ」それを 素晴らしいこととして 程度の低いあいご活動屋とメディア関係者は賛辞を贈った

それでも 抵抗されていた一部の行政機関は日常業務に支障をきたすほどの民間活動屋の「知る権利」による「情報開示請求」を続けたと私は感じた

私が 『CCクロ』活動の責任者を退任したのち 待っていたかのように 劣悪多頭数飼育者が 神戸市動物管理センターに保管動物の引き取りを強要し 当時のセンター責任者は安易な引き取りに応じ 劣悪保管と知りつつも争うことの回避を選択されたと感じて 情けなく思った

その動物引き取り人は ネグレクトを超えて「虐待」といえる程度の保管をしていたと知人から聞いていた
その当事者のブログには 極悪人のごとき表現でマツダに対する 誹謗中傷を 想像を交えて ねじくれた記事を書き込んでいたが そうしてでもマツダを陥れたいとするブログ主を哀れに思った

またたび何とかのブログもしかり 安楽死処置を是認する難いあいつを叩きのめしたいと思ったのであろう
捏造してでも誹謗中傷をする彼らは 正当に論争しても勝てないことを知っているのかもしれない

多くの開業獣医師の方々もまた 
       動物の安楽死処置を回避された

私は 協力してくださる獣医師のお方にご迷惑とならないように ご都合を図ってお願いしていたが 他の動物病院で安楽死処置を拒否された飼主様はとても安堵されて 丁寧に礼を述べられていたことは忘れられない

フェイク情報を流布していたり 良心の呵責を感じないような低俗な人々が 動物あいごの指導的地位にいる

現状では 当分この「ノーキル」「殺処分ゼロ」の状況は変わらないと思う

変えようとする人は相当の覚悟が必要になると思います
時には 誹謗中傷が 家族にもおよび 職場や周辺社会にも悪辣な手法でデマ等の人権無視の行動がとられたこともあった
動物あいごの社会ではそれらの極悪人に対しても「寛容」とさえ感じる対応をされていることもある

「ノーキル」「殺処分ゼロ」を提唱していれば 動物あいごの社会ではある種の「英雄」気取りに浸れることもある

動物のためとは何をすべきか?
動物に「癒される人間」の多くはまともな人々でしょうが 動物の過重労働?には無頓着な人間もいます
人間に迷惑飼育を強要される動物たちは この先もなくならないと感じています

2023年6月11日 (日)

2023-6-10in神奈川県動物愛護協会2023/05/17 公開) - クラウドファンディングに思うこと

2023-6-10in神奈川県動物愛護協会2023/05/17 公開) - クラウドファンディング

https://readyfor.jp/projects/kspca2023?utm_source=rtbhouse&utm_medium=display&utm_campaign=rtb_new&utm_content=supporter&argument=wV7LNzgg&dmai=a608bd739d3232

------------------------------------------------------------
2023-6-10 s.ma感想
神奈川県動物愛護協会の クラファン募集に思うこと
応援メッセージを公開された方々に問いたい

細川敦史氏 西山ゆう子氏 黒澤泰氏

皆さん ご自分が 動物あいごに関する所業で 専門職に就かれている社会人とされて なされた 過去の行為について糾弾されておられることに対して 何らの意見表明もされていない
私はこの3氏について「ずるい」という印象を持ちます

このような活動の 支援者となることで 糾弾に対しての対応は見過ごしてよいとお考えなのか?
社会的評価を得ようとされるのか?  お尋ねしたい

日本の動物福祉の活動は 何を目標とされているのか?

神奈川県動物愛護協会 会長 山田佐代子氏の基本姿勢に「ノーキル主張」があるでしょう
過去に ノーキル主張のために 麻酔を掛けなければ トリミングもできない2匹の中型犬を 十分な広さとは言えない保管室に閉じ込めていたことを 私自身も現場確認をしています

「ノーキル主張」は本当に不幸な動物を救うことに有効なのか?

おそらく 新築される施設であっても 基本姿勢は変わらないと考えられる

日本の動物あいご活動は 動物あいご活動に関わる人々の 心を救うことに重きが置かれ 動物の福祉とは違う方向を歩んでいると感じています

細川敦史氏 西山ゆう子氏 黒澤泰氏 のように 動物あいごに関心を寄せる大衆を侮るかのような行為も 将来の動物福祉への道を険しくしている一因であると感じます

社会悪を糾弾する立ち場にある人々が 糾弾される立場であることを 社会全体も甘く見すぎていることが これら3氏の傲慢とも感じられる姿勢を正せないのだと思います 文責 松田早苗

------------------------------------------------------------
>応援メッセージのご紹介(S,Ma注-本文中から S,Maが部分抜粋しています)

 

>細川敦史様  ------信頼できる動物愛護家のお一人であると思っています。

>西山ゆう子様 -----神奈川県動物愛護協会付属動物病院に非常勤獣医師として勤務して数年になる

動物たちが少しでも快適に過ごせるよう、休みなく稼働している。

>黒澤泰様 「地域猫」発案者(地域猫のすすめ著者)・神奈川県動物愛護協会理事

2023年6月 4日 (日)

「ドイツでは野良猫が消滅した」という東大教授の狂気

2023-6-2in Megumi Takeda様情報 「ドイツでは野良猫が消滅した」という東大教授の狂気 -
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-2061.html?fbclid=IwAR1zyVbtziKKTaXawHaJqgAaOAV1s9M5nBIa8bXers07Vf_vZY2_FHdiMJM

 

「ドイツには野良猫が~300万匹いる」とのドイツの資料は多数ある~「ドイツでは野良猫が消滅した」という東大教授の狂気 - さんかくの野良猫餌やり被害報告 (fc2.com)

 -------------------------------------------------------------------------
s.maコメント
2023-6-2in Megumi Takeda様情報 「ドイツでは野良猫が消滅した」という東大教授の狂気 -

 

>• 「ドイツには野良猫が~300万匹いる」とのドイツの資料は多数ある~「ドイツでは野良猫が消滅した」という東大教授の狂気

>• 「ねこちゃんホンポ」の呆れたデマ記事~「ドイツでは猫の放飼いが常識」の追記

>研究代表者 小野塚知二 東京大学, エグゼクティブ・マネジメント・プログラム室, 名誉教授 (40194609)

重ねて 糾弾される立場に立たされている【小野塚知二 東京大学教授 】

小野塚知二 東京大学教授も 渋谷弁護士も 我田引水のためのフェイク情報流布とみなしますが 東大がこのことを全く認知されていないのか?

知りつつも 民間情報の軽視ないしは無視で 大学や弁護士会の名誉の維持のために 「不都合な真実」は無視することで危機突破をしようとされるのか?

いずれにしても「権威」とは何か?

国民をだまして「権威」をまもれるほど 現代社会は情報抑制はされていないでしょう

皆さんは このような歌をご存じないとは思いますが 戦時中に一般的に流布されていた歌です

トントンとんからりと となりぐみ 

障子を開ければ顔なじみ

回してちょうだい回覧板

教えられたり 教えたり

情報伝達が 口伝えが多かった

不都合な情報は国民には知らされなかったし 知りえたとしても口を閉ざさなければ犯罪者にされることもある時代でした

小野塚知二 東京大学教授も 渋谷弁護士もネット社会に生きておられることをお忘れですか?

学者ではなくても Megumi Takeda様のように 個人が世界の情報を取得できる時代です

一般大衆は「無知」だとでもお考えであれば 教職は務まりませんね

> さらに小野塚知二狂授らは、小野塚知二狂授の妄想が根拠の、「イギリス、ドイツには野良猫がいない社会的背景」という、中学生以下の研究で科研に補助金を申請し、驚くことにそれが認められています。その共同研究者一覧を下に提示します。(S,Ma注-赤文字はS,Ma による 原文は着色なし)

研究で科研から 得られた補助金の額がいかほどであったのか?

それは国民が納税した 税金から支給されていますね

当該研究に参画された 15名の方々にも良心の呵責はないのか?

研究機関 東京大学

研究代表者 小野塚知二 東京大学, エグゼクティブ・マネジメント・プログラム室, 名誉教授 (40194609)研究期間 (年度) 2022-06-30 – 2027-03-31

最高学府と云われる「東大」ですが 世界のランクから落ちていくことが このあたりにも一因となる杜撰な管理が表れているように感じます
文責 松田早苗



« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック