« オープンアダプションと動物保護活動の将来 | Facebook 問い合わせ | トップページ | 2023-3-31過去録再掲 西山ゆう子氏批判 »

2023年3月30日 (木)

2023-3-30西山ゆう子氏批判ブログ記事 FB記事転載

2023-3-30西山ゆう子氏批判ブログ記事 FB記事転載
FB掲載記事からの転載です
------------------------------------------------------------

松田 早苗

2023-3-24

またも 嫌われ役ですが 私の役割であると思っています

ご不快であれば悪しからず 

------------------------------------------------------------

オープンアダプションと動物保護活動の将来 | Facebook

明日 21:00

オープンアダプションと動物保護活動の将来

オンラインイベント

------------------------------------------------------------

2023-3-24s.maコメント

西山ゆう子氏については HN「さんかくたまご」様 FB Megumi Takeda様が再度のフェイク情報発信として 糾弾されています

西山ゆう子氏は無視されることを続けておられますが このように大衆を教育されるお立場であれば フェイク情報発信として糾弾されておられることにお応えになる義務がおありと感じます

動物あいごに関するあまりにも多い フェイク情報は 動物愛ごに関わる人々を蔑視した発想からであると感じます

ある西山ゆう子氏支持者のお方にその旨を指摘したところ 多分ですが その支持者のお方は直接に西山ゆう子氏に問い合わせをされたと思います そして返事をもらわれたのでしょう

私 マツダが西山ゆう子氏に対して問い合わせをしていないが HN「さんかくたまご」様 FB Megumi Takeda様を支持していることに対して 批判的でした

HN「さんかくたまご」様 FB Megumi Takeda様の問い合わせを無視されている西山ゆう子氏が 
HN「さんかくたまご」様 

FB Megumi Takeda様の情報を支持している私マツダの問いにお答えくださることはないと感じます

私の問いにお答えになるなら 
HN「さんかくたまご」様 

FB Megumi Takeda様の問いにお答えになられることが先決でしょう

HN「さんかくたまご」様 FB Megumi Takeda様が西山ゆう子氏に再度メール送信したと主張されていますが返信はないと書いておられます

不都合な問い合わせは黙視して 支持者には丁寧に答えられるとすれば善良な教育者とは感じられない

誰でも間違いはしますが 間違いを指摘されたときの対応がその人の生き方考え方の基本を示すものと感じます 

間違いを認めて訂正 謝罪するか 
反論し その根拠を示すか 
無視することで時を稼ぎ 
あったことをなかったことにするのか

お人柄が現れることでもあろうかと
感じます

フェイク情報を信じ込ませて 
何らかの利益にありつくとすれば 
動物あいごに関わる人々に対する
蔑視そのものであると感じます

------------------------------------------------------------

お問い合わせは下記のフォーム、またはお電話より承ります。

058-214-3442受付:水〜日 9:00-17:00

2023-3-24 14:39送信

コメント14

F.S
私は西山ゆう子さんの事は知りませんが、この方はとても熱心なファンが居るようです。

何時も思うのですが、Megumi Takedaさんの問いに何時までも無視して逃げないで西山ゆう子さんご自身が間違っていないのなら Megumi Takedaさんをぎゃふんと言わせるだけの証拠を叩きつけて来て欲しいですね。

心待にしています

松田 早苗

F.S様コメントありがとうございます

ご高名で影響力の大きい方々が 何食わぬ顔でフェイク情報をまき散らしている現状は 社会秩序の崩壊を懸念いたします

この方々には良心と責任感が欠如しているとしか感じられません... 

Megumi Takeda

だーかーらー、「ロサンゼルスでは犬ブリーダーは犬の出産は6歳までに制限される」の根拠法と該当する条文を原文で示してよ、ということなんですがね。それ一発で済む話じゃないですか。西山ゆう子氏の信者が私のことを「介護職の最下層の仕事をしている貧乏人で無知無学のくせに西山ゆう子大先生には向かうとは」と嘲笑蔑みのデマ情報を数年にわたり拡散しました。
(S,Ma注-原文は文字修飾なし 強調赤文字修飾はS,Ma による )
私は介護職に就いたことは一度もありません。教祖にふさわしい信者がつくということです。仮に私が介護職の無知無学で貧乏人で粗暴だったとしても、ロサンゼルス条例とカリフォルニア州法で犬ブリーダーに関してそのような規定がなければ西山ゆう子氏が誤りということではないですか。ロサンゼルス市犬ブリーダーガイドhttps://www.laanimalservices.com/breeders-permits

Megumi Takeda

ロサンゼルス 犬ブリーダーに関する根拠法。子犬を8週齢未満で出荷してはならないとか、雌犬の出産は1年以上空けなければならないなどの規定があるが、出産の上限の規定そのものがない。https://codelibrary.amlegal.com/.../latest/lamc/0-0-0-136696

CODELIBRARY.AMLEGAL.COM

SEC. 53.15.2. BREEDING AND TRANSFER OF DOGS AND CATS.

SEC. 53.15.2. BREEDING AND TRANSFER OF DOGS AND CATS.

 

Megumi Takeda

「ロサンゼルス市では生体小売業が営めない」~もう精神に異常をきたしているとしか思えない。https://www.youtube.com/results...

 

Megumi Takeda

http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-1897.html http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-1896.html 

 

Megumi Takeda

犬猫の致死処置に関しても、杉本彩氏のサイトで小学生並みのことを書いているし、作用機序を理解しているのかどうか。この方は京子アルシャー氏のようにニセ獣医師ではなさそうだけれど臨床をやっているのか疑ってしまうレベル。

 

松田 早苗

Megumi Takeda 様

>「介護職の最下層の仕事をしている貧乏人で無知無学のくせに西山ゆう子大先生には向かうとは」

この発言は Megumi Takeda様への侮蔑のつもりでしょうが そのこととは無関係に 職業差別に徹した最低の考え方です

「私はこの程度のレベルの人間です」と広報したようで 哀れに感じます

社会の底辺を支えてくださる方々に対する感謝がない「最低」の人間と言い切れます

この程度の引用しかできない低俗な輩に支持されて 現状維持をして 優越感に浸れることが 西山ゆう子氏から反省の機会を取り去っていると感じます

ごく少数の西山ゆう子氏批判者に対して 圧倒的な低俗な支持者たちの存在は 西山ゆう子氏には今後も笑いが止まらないありがたい存在でしょうが 内心それらの支持者に対して「侮蔑」はあっても 「敬意」は持たれないでしょうね  

 

松田 早苗

3/24私の問いに以下のようにご返事をいただきました

------------------------------------------------------------

From: 人と動物の共生センター <contact@human-animal.jp>

Sent: Friday, March 24, 2023 2:39 PM

To:

Subject: お問い合わせありがとうございます。(自動返信)

松田早苗 様

このたびは、お問い合わせありがとうございます。

以下の内容で承りました。

追って担当者よりご連絡差し上げます。

++++++++++++++++++++++++

お名前:松田早苗

メールアドレス:------------------

お電話番号:---------------

お問い合わせ種別: その他

お問い合わせ内容:オープンアダプションと動物保護活動の将来 | Facebook

明日 21:00

オープンアダプションと動物保護活動の将来

オンラインイベント

------------------------------------------------------------

Megumi Takeda

私が確認したところ、西山ゆう子氏のマスコミの発言とツイッターでの投稿は全てデマでした。
(S,Ma注-原文は文字修飾なし 強調赤文字修飾はS,Ma による )
「ロサンゼルスでは犬ブリーダーの出産できる年齢の上限は6歳と決められている」~ロサンゼルスにもカリフォルニア州にもそのような法令条例はありません。「ロサンゼルスでは生体小売業は営めない」~そのような条例はありません。「アメリカでは犬係留するのは4時間以内」~そのような連邦法はありません。「アメリカでは常に犬に新鮮な水を与えていなければ罰金2万ドルが科される」~そのような連邦法はありません。「ドイツでは犬の去勢が当然で日本は遅れている(ツイッター)」~ドイツでは医療目的以外で犬の器官を切除するのは動物保護法違反との確定判決があり日本より低い。などなど。少し調べえばすぐにわかることでも、機関銃のように嘘デマをべらべら拡散しています。もう何らかの精神疾患でもあるのではないかと疑うレベルです。このような方を支持する人って何なんですかね?
(S,Ma注-原文は文字修飾なし 強調赤文字修飾はS,Ma による )

F.S
Megumi Takeda

普通に考えてえっ····本当に

世界は広いのでそりゃ日本には無い条例を作ってる地域もあるでしょうが、何れだけ他国を持ち上げて日本は動物後進国だと賛同する人が多いか

これこそが動物愛護後進国だと思います

日本叩きに賛同する人が多いので受け狙いで嘘が出回る
(S,Ma注-原文は文字修飾なし 強調赤文字修飾はS,Ma による )

ペットショップは無いけどネットでの売買は盛ん。

ネットで生き物の流通が盛んになるとペットショップでの販売では収まらない程に悲惨な状態に置かれると考えられませんか?

 

松田 早苗

2023-3-26s.maコメント

Megumi Takeda様コメントありがとうございます

今日の「そこまで言って委員会」がカルト集団を取り上げていました

カルトの特徴の一つに「やさしい」「居心地が良い」があると言われています

また 大きな嘘は騙される

小さな嘘は騙され難いとも 

まさに「ノーキル」「殺処分ゼロ」は知識の乏しい大衆を操り 動物の幸.不幸には関わらず 生息動物頭数=消費物資の売り上げにのみこだわる業界の目論見にはめられている そのための格好のツールとなっていると感じます

高学歴の彼らが教祖の狂気に踊らされた あの恐怖の事件は忘れられません 

現状の動物あいご活動にも「殺処分ゼロ」をすべてに勝る目標と信じている人々が多すぎると感じます 

煽っている指導的お立場の方々は
「高学歴」「知名度が高い」等の共通点があります

まさに 私が西山ゆう子氏を糾弾した際に 某あいご活動のお方の弁に「西山ゆう子先生は優しいところがある」と言われていました

残念ですが Megumi Takeda様情報を信じたくないか 一般社会に知られたくない人々が多いのだと感じます

 

松田 早苗

F.S様コメントありがとうございます

ネットでの売買は 対面とは違い 誤認が多くなると感じます

ご指摘の通りに動物あいごのふりをして店頭販売を規制し 経済優先が ネット販売を拡大させていると感じます 

どこの国でも「動物福祉.あいご」はうたい文句 募金集めには欠かせないからでしょう

アメリカ礼賛は 大戦後の敗戦国日本人の劣等感の表れでもあると思います

本来は 国外の負の情報も含めて 大衆教育をされることが 判断力を養う根本となるはずですが 特に「欧米」礼賛資料ばかりを喧伝し 日本は動物あいご劣等国とすることで 大衆の「ノーキル」「殺処分ゼロ」洗脳に努めていると感じます

米国情報に精通されたお方から 米国の「不都合な真実」はほとんど 情報提供されていないと思いますね
------------------------------------------------------------

 

« オープンアダプションと動物保護活動の将来 | Facebook 問い合わせ | トップページ | 2023-3-31過去録再掲 西山ゆう子氏批判 »

知識」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オープンアダプションと動物保護活動の将来 | Facebook 問い合わせ | トップページ | 2023-3-31過去録再掲 西山ゆう子氏批判 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック