« 2023-3-11橋下徹弁護士殿へ | トップページ | オープンアダプションと動物保護活動の将来 | Facebook 問い合わせ »

2023年3月19日 (日)

2023-3-19 【よくないことは良くない】と言える社会は何処へ?

2023-3-19 【よくないことは良くない】と言える社会は何処へ?

【宗右衛門町・三寺筋・道頓堀・黒門…本当に酷いです。】

ある 動物あいごに関心を持たれるお方からの 嘆きの言葉です

本音だと思いますが 現状ではどうすることもできないでしょうね

現状での 動物あいご活動では 「殺処分」をしない事だけが目標であり 動物が苦しみに耐えていても 生きてさえいれば良しとされていますから 

動物に対する思いやりよりも かかわる「あいご屋さんたち」? 動物に関わる人々の感情優先が最重要課題のようですから

「動物あいご」のつもりの 殺処分全面否定で 安楽死処置さえも認められないことは 自己防衛のための活動だからでしょう

動物のためにはならなくても 自称動物あいご活動屋を含む ペット関連業界の利益が最重要課題と感じられます

行政職員も楽をすることになれあって 
職務で巡り合った動物の終生の状況を見届けることなく 
民間に丸投げし 動物の幸 不幸には無関心になっていると
感じます

看過せざるを得ないこともあるでしょうが 殺処分さえしなければ 地下牢に虐待保管していても「殺処分」はしていないと主張する自治体があり 動物の苦難は続くでしょう

マイクロチップの装着義務から 民間活動が扱う動物たちを外したのも 追跡されては困るとの見方もあると感じます

行政から払い下げられた動物が ネグレクト保管で放置されたり 死亡についての経過が確認されない等々 不都合な真実がマイクロチップで判明しては困ることもあると見受けます


動物の法律に詳しいとされる 細川敦史弁護士は以下のような意見陳述をされています

------------------------------------------------------------

細川 敦史

@a_hosokawa

ペットを亡くした飼い主の慰謝料はいくら? 人と比べて低すぎる実情 https://bengo4.com/c_18/n_15689/ 「飼い主の慰謝料は、昭和の時代から認められているものの、ペットブームの現在においても高額化している状況とはいえない。渋谷弁護士はペットの価値が高まる中、慰謝料が高額化することも考えられると」

------------------------------------------------------------

渋谷弁護士が Megumi Takeda様から フェイク情報発信として糾弾されていることはご承知でしょうが 無視でしょう

自らも「TOKYOZEROキャンペーン」の主要なメンバーであったことへの 不都合な真実には応えられていない 

一般社会の人々の 違法行為には「違法」をうかがわせるコメントを 「弁護士ドットコム」でも指摘されていますが それをとがめる動物関連活動をされる人々もほぼいない というよりも 敵にはしたくないから「弁護士を批判できない」が本音かもしれません 

公益社団法人 日本動物福祉協会は この人「細川敦史弁護士」を一般社会への啓発活動の講師として 指名していました

このお方が糾弾されていることを 全く知らないことはないでしょうが 糾弾している側が「悪い」との価値観なのだと感じます

【よくないことは良くない】と言わない 言えない社会は 悪がはびこり 
いつかはすたれるでしょう

これからを生きる
日本人全体でお考え下さい

文責 松田早苗

 

 

BENGO4.COM

ペットを亡くした飼い主の慰謝料はいくら? 人と比べて低すぎる実情 - 弁護士ドットコムニュース

愛するペットが他人にケガを負わされたり死な

 

« 2023-3-11橋下徹弁護士殿へ | トップページ | オープンアダプションと動物保護活動の将来 | Facebook 問い合わせ »

知識」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2023-3-11橋下徹弁護士殿へ | トップページ | オープンアダプションと動物保護活動の将来 | Facebook 問い合わせ »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック