« 2022-10-5 in  Megumi Takeda様情報 なぜ私はこのブログを続けているのか | トップページ | 2022-11-11法治国家とは? FB過去録引用 »

2022年11月 5日 (土)

2022-10-24inさんかくたまご様情報 ねこちゃんホンポ糾弾

2022-10-24inさんかくたまご様情報 ねこちゃんホンポ糾弾
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-1951.html


ドイツでは「自由に外に出歩かせることが保護猫の譲渡条件」は呆れた創作~ティアハイムの保護動物の譲渡契約のひな型 - さんかくの野良猫餌やり被害報告 (fc2.com)
ドイツでは「自由に外に出歩かせることが保護猫の譲渡条件」は呆れた創作~ティアハイムの保護動物の譲渡契約のひな型
------------------------------------------------------------
2022-11-4s.maコメント

なぜ このように事実を曲げて報じる必要があるのか?

詰まるところ営業利益に起因するのかと感じます

掲載紙は心地よい文言をそろえた記事で 読者を増やしたいのか?
執筆者は自己の職業利益に結び付くことを目されるのか?

いずれも 読者を侮るフェイク情報の提供という 最も下品な行為をされていると感じます

事実に基づくと主張されるのであれば Megumi Takeda様が指摘されるように 出典を明示し反論されることが 言論に携わる者にも 法を順守される職にある者にも 必然であると感じます

不都合を看過するがごとく 無視を重ねられることは 動物あいごの大衆がよほど低俗で無知な人々であると断じておられるとしか思えない

他方で

関係者からの反論も異論も出ないことは 報道の事実を知らないのではなく 冷静に見て 動物あいごの社会で何らかの「席」を保持されるのであれば これらの著名な法律家や出版社には反論をせずに黙視することが得策であることも承知されているからでしょう

私のようにすべての動物あいご関連活動から 離脱をして 利害のない一個人であればこそ 言いたいことが言えますが 現役で何らかのつながりがあれば 私であっても言いにくいことが多いとは感じます
故に
私は言いたいことを言わせていただくためにすべての所属を断ち切り 全くの一個人として発言できることを選択いたしました

Megumi Takeda様に糾弾をされている方々に 社会人 専門職 職業人としての誇りと責任感がおありなら また 日本をよくしたい 日本の動物あいご活動を正しく導きたいとお考えであれば 今からでも反論か 訂正謝罪をしていただきたい 
言論や法に関わる人としての職業倫理からも 責任感を示していただきたい

「ねこちゃんホンポ」と「わんちゃんホンポ」
渋谷寛弁護士 
ペット法学会 
串田誠一参議院議員 
反論か謝罪か あなた方の良心をかけて対応していただきたい

« 2022-10-5 in  Megumi Takeda様情報 なぜ私はこのブログを続けているのか | トップページ | 2022-11-11法治国家とは? FB過去録引用 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2022-10-5 in  Megumi Takeda様情報 なぜ私はこのブログを続けているのか | トップページ | 2022-11-11法治国家とは? FB過去録引用 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック