« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »

2022年7月

2022年7月22日 (金)

2022-7-21 スポーツニッポン新聞社記事から

鳩山由紀夫元首相 スポーツニッポン新聞社
2022-7-20s.maコメント
与野党を問わず世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と政治家のなれ合いが表面化している

旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)と政治家の関係
日刊ゲンダイが18日付で、ジャーナリスト・鈴木エイト氏の調査に基づく、教団と関係のある国会議員リストを報じたところ、話題沸騰。

と報じている
鳩山由紀夫元首相
下村博文元文科相
石破茂 細野豪志 高木宏寿 玉木雄一郎
自民党の閣僚級では萩生田光一経産相、井上信治前万博担当相、加藤勝信前官房長官が、ほかにも小田原潔氏、大岡敏孝氏、高木啓氏、高鳥修一氏、奥野信亮氏の各衆院議員と上野通子氏参院議員
立憲民主党の松木謙公衆院議員

金も票も欲しいことは想像できます
それでもしてはならないことはわきまえてほしい
今回の安倍元総理の事件がなければ 表面化しなかったかもしれない 
現役 元を問わず政治家諸氏には知られたくない事実でしょう

国民が知らなければ 今後も政治家と宗教団体等とのなれ合いは続けられるのでしょう

「正義」とは何か?
「善悪」とは何をもって線引きをするのか?

私は既存の一切の宗教には信頼を持ちえないし 宗教とは無縁に生きてきたが それゆえに不幸な生涯を送る羽目に至ったとは思わないし やりたいことと やれることには全力で立ち向かい懸命に努力をしてきた

捏造された悪意ある誹謗中傷にもめげず 自らを𠮟咤激励し 悪を遠ざけつつ善意ある多くの方々に助けられて 信念をもって ほぼ悔いなき生き方ができたかな と 自己満足している

良くないことをよくないと知りつつも 誘惑に負けたのか退けるだけの力を持たなかったのか?
その程度の人々が日本国の政治家であり 立法に携わり 体裁に終始して この日本国が衰退してゆくのは当然なのかと感じてしまう

政治家をはじめとする 日本の中心的人物の多くが善悪を区別できなくなったのだろうか?

私が生涯といっていい程度にかかわった身近な社会「動物関係社会」においても fake情報が垂れ流され それを指摘する側が非難されることもあり fake情報を垂れ流す輩はたてまつられ? 奇妙奇天烈な社会と感じる

宗教に救いを求めて嵌る人々よりも 嵌める人々のほうがぜったに悪人だと断じる
その悪人から金品や票を恵んでもらう政治家等の人々の心境が哀れだが 国民は知らされなければ批判もできない

動物あいごの名のもとに寄付金稼ぎかと見紛う輩もいるのが
現実だから 政治家ばかりをとがめられないだろうが 
その影響力から図って 
政治家は動物あいご活動をする人々とは次元の違う悪辣さを
感じてしまう

今回の事件がなければ 
一生涯秘密にできたのかもしれない「悪事」だ


こんなことを書いて一年先も生きていられるのか?

この年だから何も怖くはないが 悪を知りつつ悪に染まり  退くことができない「えらい人々」が哀れに感じる

宗教団体にも課税をされたなら 消費税はなくなるかもしれないと感じてしまう

断罪のつもりでその方向に国を動かす政治家がおられると救いがあるが 無理でしょうね

信教の自由に基づく税制優遇は 信仰を持つ人々というよりも 教祖様にのみ有利だが 無信仰の人々には何らの有益性はないと感じる
2022/7/20 文責 松田早苗

2022年7月18日 (月)

西山ゆう子氏のfake情報に対する批判FBコメント写し

Sanae Matsuda 様、ご紹介ありがとうございます。 
> 西山ゆう子氏 懲りない人ですね

私が確認した限り、西山ゆう子氏のマスコミでの海外動物愛護に関する発言は全て嘘でした。

> 過去にもこの人のfake情報を批判した時に愛護活動家の中堅どころの方が「優しい良い人」と評価されてかばう姿勢を示されました

情報を提供するという行為に関しては、その人が優しいなどというこは問題ではなく、それが正確かどうかだけが評価基準です。

とはいえ、私は西山ゆう子氏が「優しい良い人」とは思えません。

かつて氏が「ロサンゼルスではブリーダーの雌犬の出産は6歳まで」というマスコミの発言がデマだったことに関して私はブログ記事にしましたが、ブログ提供会社に強硬な削除要請をし、私にも脅迫に近い事をしました。

また私の虚偽のデマを信者により披露目させ、誹謗中傷をしました。

私が「介護職員の貧乏人で無知無学(私は介護職に就いたことは生涯一度もありません)」、「無保険で交通事故を起こして長く拘留されていた(私は長く優良運転者です。そのような事故を起こせば免許取り消し、失効が数年つきます)」

それが「良い人、優しい人」ですか。

デマでも信じてくれるカルトの信者には(うわべで)優しい教祖様で、根性とやることは暴力団並みでしょう。

しかしロサンゼルスでは「犬の出産上限年齢を規制する法令の条文はない」ということは、1分程度の英語検索で分かることです。

30年来LAに住んで仕事をされているのであれば、仕事に関する英文情報などの検索はお手の物でしょう。

それすらしないズボラで横着ということは、ウ〇コをした後にちゃんと紙でふいていないのではないかと疑ってしまいます。

> これらのあいごの人々を侮り自分の名を広めるためのツールとしての日本の動物あいごは何かと好都合の存在で足を向けては眠れないくらいでしょうね

一切出典を示さずに、荒唐無稽なデマでも信じてくれる衆愚愛誤の支持を得られれば、日本ではそれだけで食っていける。

> 反論できることではないことを西山ゆう子氏ご自身が最もよくご存じではないですかね

私が誤りを指摘すれば、反証を示せばそれで済む話です。

反証を示せなければそれが嘘であることが明確なのだから謝罪して訂正するのが当たり前です。

それすらできず、逆に指摘したものの誹謗中傷、デマによる攻撃をするとは、何らかのメンタルでの障害がおありなのではないかと想像します。

> ■動物福祉実現の使命感 米国獣医師 西山ゆう子さん

> ■犬が社会に溶け込む ドイツ獣医師 アルシャー京子さん

> ■国あげて動物を守る RSPCAインスペクター 山口千津子さん

> お見事!! フェイク情報の発信者が名を連ねました

京子アルシャー氏は、偽ドイツ獣医師です。

ベルリン州獣医師名簿を確認していますし、ティアハイムベルリンにも問い合わせしています。

なお山口千津子氏ですが、RSPCAにインスペクターとしての職務経験があるかどうかを問い合わせしようと思います。

事実関係だけの問い合わせだけならばすぐできますが、イギリス、特にroyalと就いた団体はビジネスレターの形式を守って礼を尽くさなければ返事が来ないことがありますのでまだしていません。

山口千津子氏ですが、イギリスの法令の知識等で疑うところがあります。

> 朝日新聞sippo編集部記事に紹介されている3人の獣医師が見事にフェイク情報の発信者であることが低俗な堕落した日本

> 朝日新聞sippo編集部も恥を知りなさい

Sippoの記事は、海外情報では私が確認した限り問題の記事以外でも正確なものは一つもありませんでした。

2超いいね!1日

松田

山口千津子氏ですが 私はともに働きましたが 礼儀においては落第でした

英国で資格取得のための勉強に尽力されたお方に対しても失礼なふるまいをしていたと お世話をされたお方がよく指摘されていました

私もそのお方にお世話になりましたから それなりに恩義を感じ礼は尽くしたつもりでしたが 山口さんは多くの場合に基本姿勢に傲慢か成人としての礼を無視していました

山口さんにとっては RSPCAの資格=お札は 黄門様の三つ葉葵並みだったのでしょう  

屡々気の毒な方と感じましたがそれでも所属団体の組織の一員としては 私はこの人に無礼なことはしませんでしたよ

外野席に出てからは批判の対象にしていますがね

2022年7月17日 (日)

2022-7-16in 西山ゆう子氏の大嘘 さんかくたまご様情報

2022-7-16in 西山ゆう子氏の大嘘
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-1897.html?fbclid=IwAR1qNqAhYPv1tpk0Vte-qY327JtGlHr3ntb7sNPB0-r2j3sdvEqTCwulpbE


「アメリカでは犬を係留するのは4時間以内」という西山ゆう子氏の大嘘 - さんかくの野良猫餌やり被害報告 (fc2.com)

「アメリカでは犬を係留するのは4時間以内」という西山ゆう子氏の大嘘

------------------------------------------------------------

2022-7-16s.maコメント

西山ゆう子氏 懲りない人ですね

過去にもこの人のfake情報を批判した時に愛護活動家の中堅どころの方が「優しい良い人」と評価されてかばう姿勢を示されました

西山ゆう子氏にとっての日本は「いい国」でしょうね

何を言っても信じてくれて 西山ゆう子氏のfake情報をありがたがる動物あいごの人がたくさんいて フォロワーもたくさんいます

これらのあいごの人々を侮り自分の名を広めるためのツールとしての日本の動物あいごは何かと好都合の存在で足を向けては眠れないくらいでしょうね

が--- 頭から侮り手玉に取って 侮蔑していることの顕著な証拠が「fake情報提供サービス」でしょう

それをありがたがってたてまつってくれる日本の動物あいごの人々は「おばかさん」と思われているのではないでしょうかね?

反論もしないで 無視することが自己防衛には欠かせないことでしょう

反論できることではないことを西山ゆう子氏ご自身が最もよくご存じではないですかね

 

■動物福祉実現の使命感 米国獣医師 西山ゆう子さん

■犬が社会に溶け込む ドイツ獣医師 アルシャー京子さん

■国あげて動物を守る RSPCAインスペクター 山口千津子さん

お見事!! フェイク情報の発信者が名を連ねました

朝日新聞sippo編集部記事に紹介されている3人の獣医師が見事にフェイク情報の発信者であることが低俗な堕落した日本の動物あいご活動の うわべだけのあいご関係者サービスに尽きる 動物のためにはさしたる貢献はしていない実情を示しています

 

朝日新聞sippo編集部も恥を知りなさい

2022-7-16in 西山ゆう子氏の大嘘 さんかくたまご様情報

2022-7-16in 西山ゆう子氏の大嘘 さんかくたまご様情報
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-1897.html?fbclid=IwAR1qNqAhYPv1tpk0Vte-qY327JtGlHr3ntb7sNPB0-r2j3sdvEqTCwulpbE


「アメリカでは犬を係留するのは4時間以内」という西山ゆう子氏の大嘘 - さんかくの野良猫餌やり被害報告 (fc2.com)

「アメリカでは犬を係留するのは4時間以内」という西山ゆう子氏の大嘘

------------------------------------------------------------

2022-7-16s.maコメント

西山ゆう子氏 懲りない人ですね

過去にもこの人のfake情報を批判した時に愛護活動家の中堅どころの方が「優しい良い人」と評価されてかばう姿勢を示されました

西山ゆう子氏にとっての日本は「いい国」でしょうね

何を言っても信じてくれて 西山ゆう子氏のfake情報をありがたがる動物あいごの人がたくさんいて フォロワーもたくさんいます

これらのあいごの人々を侮り自分の名を広めるためのツールとしての日本の動物あいごは何かと好都合の存在で足を向けては眠れないくらいでしょうね

が--- 頭から侮り手玉に取って 侮蔑していることの顕著な証拠が「fake情報提供サービス」でしょう

それをありがたがってたてまつってくれる日本の動物あいごの人々は「おばかさん」と思われているのではないでしょうかね?

反論もしないで 無視することが自己防衛には欠かせないことでしょう

反論できることではないことを西山ゆう子氏ご自身が最もよくご存じではないですかね

 

■動物福祉実現の使命感 米国獣医師 西山ゆう子さん

■犬が社会に溶け込む ドイツ獣医師 アルシャー京子さん

■国あげて動物を守る RSPCAインスペクター 山口千津子さん

お見事!! フェイク情報の発信者が名を連ねました

朝日新聞sippo編集部記事に紹介されている3人の獣医師が見事にフェイク情報の発信者であることが低俗な堕落した日本の動物あいご活動の うわべだけのあいご関係者サービスに尽きる 動物のためにはさしたる貢献はしていない実情を示しています

 

朝日新聞sippo編集部も恥を知りなさい

« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック