« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月

2022年4月29日 (金)

Keiko Yamazaki様コメントありがとうございました

2022-4-27まつだコメント返信
Keiko Yamazaki様コメントありがとうございました
家事都合でPCに向かう時間がないものですから コメント返信が遅くなりましたこと悪しからずごめんください
------------------------------------------------------------
【また愛護の世界には自分の都合の良いように聞きかじりの情報を使うお馬鹿さんが沢山います。】
おバカさんと言えることはご自分は正しいがということでしょうね

聞きかじりでも 知りつつ知識を曲げて伝達される「有識者」というランクの方々よりは救いがあると私は感じます
聞きかじりから始めて 更に知識を増やし まともな常識を身に付けることも可能ですが 「識者」とランクされると最新の高度な知識を身に付けることが必要でしょうね
弁護士の肩書では 渋谷氏 細川氏 新美氏等々 教育者として 大田光明氏 加隅良枝氏等々 知名人として 杉本彩氏 ひろゆき氏等々が屡々Megumi Takeda様情報から名指しで糾弾されています
Megumi Takeda様情報から名指しで糾弾されていても 馬耳東風 応えないのか? 答えられないのか?
Megumi Takeda様を変人扱いにすることで逃げていると私は感じています
答えられない程度の認識? か  解っているが答えないことが得策とされているのか?
私の印象は両者のように感じます
「アニマル・リテラシー」 - Home | Facebook検索をかけてみました
アニマル・リテラシーを身に付けることを「当たり前」の ...
2020/04/01 ... アニマル・リテラシー(商標登録第6050420号)とは、動物とのかかわりについての一般教養を指します。

アニマル・リテラシー「商標登録第6050420号」をされておられるのですね

かつて THEペット法塾代表 弁護士 植田勝博氏が 現団体の前身 「セラピードッグネットワーク」という団体を発足されて 私も乞われて参加したことがありました
発足当時はそれなりにまともなことも論じていましたが 後に私との考え方の乖離が埋められず退会しました
「セラピードッグ」としてその文言に商標登録をされた団体があり 日常に使用する文言であることで商標登録反対抹消の署名活動も実施したことがありました 
公的に日常活用する文言であるとして商標登録は末消され 現在は誰でもが自由にこの文言を使用しています
今それを思い出しました
------------------------------------------------------------
一般社団法人アニマル・リテラシー総研 - Home | Facebook
アニマル・リテラシーとは、すなわち動物一般教養のことであり、地球上で我ら人間と時空を共有している動物たちの実態を知ることです。
------------------------------------------------------------
リテラシー(英: literacy)とは、原義では「読解記述力」を指し、転じて現代では「(何らかのカタチで表現されたものを)適切に理解・解釈・分析し、改めて記述・表現する」という意味に使われるようになり(後述)、日本語の「識字率」と同じ意味で用いられている。
------------------------------------------------------------
【動物たちの実態】とてもじゃないが 世界は疎か日本の実態も 到底つかみきれないでしょう
と 私は感じます
昼は広い庭園に 夜は空調付きの部屋で優雅に暮らす犬猫もいれば 怯えて逃げ惑うか 事故や虐待で殺害される動物もいる
川の底から出られない犬 個人宅の小屋のない繋がれ放しの犬 30㎝程度の紐に繋がれて多頭飼育される猫
ケージから出されない動物たち 飼育目的が繁殖しかない動物たち それらの動物たちの事どこまでご存知でしょうかね?

鑑札に無関心な犬の飼い主さんや 糞の始末をしない犬猫の飼主さん達
社会的モラルは何処へ?

「地域ねこ」と言いつつ 耳カットだけして 糞の始末はしたことがない餌付けの人々
野生動物と飼育動物の見境がなく 餌付けをする「優しい?????」人々

障碍者の日常を補助する使役動物と災害時問題等も大いなる疑問があります
AIの開発を遅らせているのは 既存の育成団体や関係者への配慮が大きいと感じます
真に障碍者への思い遣りとは感じられない
ガイドドッグを例にとると 使役される人間と 使役動物の犬等の食料や日常必需品を携行して避難など不可能に近いでしょう
少しでも 身軽に行動をしていただくためにはAIの実用が推進されなければならないでしよう

【どうすれば良いのか分かりません】
はい 私にもわかりません

当節の知識普及は高いところへの土盛りだと私は予てから揶揄しています

しないよりはましですが 底辺の動物には目もくれないで シンポジュウムや勉強会と仰られても 「リテラシー」=「動物一般教養」の高揚とはなりません
教養とは何か?
自分と自分以外の全てに思い遣れる能力を身に付けることでしょうかね
JA.WIKIPEDIA.ORG
リテラシー - Wikipedia

2022年4月18日 (月)

2022-4-15 Megumi Takeda様情報ドイツのタクシー運転手はほとんどがアラブ人で盲導犬ですら乗車拒否が横行している

2022-4-15iMegumi Takeda様情報ドイツのタクシー運転手はほとんどがアラブ人で盲導犬ですら乗車拒否が横行している

http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-1855.html?fbclid=IwAR192siwLbztJPN6saqOF99h6pH-dTbQ4IgvAAP-maIbfX-aJAb41ukn8RM

------------------------------------------------------------
2022-4-17s,ma
コメント
二階堂ふみ氏と杉本 彩氏両者共に確信犯的なトークだと感じます


本当に対談に発言されていることを鵜呑みにされているのであれば 
知識人とは言えない 救いようのない 
痴識人??だと言えるでしようね

そのフェイク情報を有難がる あいごの活動をしていると錯覚している人々が それをまた鵜呑みにして フェイク情報があたかも真実であるかのように流布され刷り込まれて行く

知識人とは何を基準に有識者となるのか?
知識人と痴識人の違いは何か?
察するに狡さかと感じます

現状の動物あいご活動の指導的立場の人々の多くが 「悪しき薬を用いて 知りつつそれを勧めています」という構図だと見ます

「狂犬病予防法」違反行為についても知らない顔をしてスルーしておけば 謝罪も弁明もしなくて済む

狡さが主流の動物あいご教育関係者
違反者が偶々「狂犬病予防法」違反をしたのではなく 指摘をする側が 異例であり 指摘をされたことを気の毒に思うのが一般的な考え方でしょう


少なくとも杉本彩氏はMegumi Takeda様情報を確認していると思いますね
行政機関がこの人の知名度を利用していることにも大いなる問題があります
環境省をはじめとする 行政機関も 所謂指導的立場の人々も 真実と虚偽の識別を避けていて 関心も良心もなさすぎます

不都合なことは「変な人の言い分」としてスルーされている

環境省は人にも動物にもついても 福祉には関心がないとしか感じられない

だから「フェイク情報発信者」や「狂犬病予防法違反者」が委員として名を連ねているのでしょう

2022年4月11日 (月)

2022-4-11避難民の受け入れと自然災害の周知徹底の必要性

2022-4-11避難民の受け入れと自然災害の周知徹底の必要性

ウクライナからの避難民の方々の受け入れに問題が無いか?

連日のように発生している地震は日本に居住する人々には怖いながらも避けようがない自然災害として耐えるしかないのが現実です

戦禍の恐怖から逃れてこられるウクライナからの避難民の方々が この自然災害のことを承知されておられるのか? 

一時避難の場としての日本滞在か 長期滞在をされるお積りなのか?

自然災害であるから明日のことも直前でなければ分からないことが殆どであり 大震災となれば生命の危機があることもお知らせしなければならないと思います

ましてや南海トラフの危険が迫っている時期でもあり 事前にしっかりと説明をしておくことは大切なことだと思います

親切があだになるということがないように 近年では台風も大型化して被害も甚大であることを知っていただいての来日でなければ 「そんな筈ではなかった」となりかねないことを危惧します

何よりも侵略行為と言う卑劣な戦争で他国民ばかりでなく 自国民をも欺いて 結果的に人類の危機にも及びかねない愚かな行為が 停止されることを願うばかりです

日本も何時侵略戦争に巻き込まれるか予断はできない状況でしょう

「戦争反対」と念仏的に唱えることで避けられることではないことをこのウクライナ侵略戦争が教えています

侵略を仕掛ける国に劣らない軍事力を備えなければ ハエ叩きで殺されるハエと同じ運命となるでしょう

2022年4月 2日 (土)

2022-4-2inドイツは狂犬病ワクチン接種率が日本より高い Megumi Takeda様情報

2022-4-2inドイツは狂犬病ワクチン接種率が日本より高い Megumi Takeda様情報
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-1849.html?fbclid=IwAR2-tJwwSnczrlWkGuVulhX9XXEI_f3SF8Eyc4VqJ6nr-gKp2VeIZWeYSaw

 ドイツは狂犬病ワクチン接種率が日本より高い〜狂犬病規則の殺処分規定の厳しさも原因か?

------------------------------------------------------------
2022-4-2
 まs,maコメント

厚生労働省によると、平成26年度、全国の市区町村に届け出のあった飼い犬662万匹のうち、予防接種を受けたのは474万匹で、接種率は71・6%。

ワクチンの効果が期待されるのは 70%以上の接種があることとされていたと記憶します
【接種率は71・6%。】
はぎりぎりの接種率ではありますが 日本では犬に限っていることも問題でしょう

日本では 犬は原則 係留義務を課していますが 猫については殆ど野放しで 国策として「殺処分ゼロ」対策の一助としての「地域ねこ」を奨励しているという無責任なことが実施されています

環境省とその委員諸氏の 迷惑飼育行為や 感染症から国民を守る事への義務感よりも 業者や猫愛好家への諂いかとも感じさせる行為であると感じます

環境省の広報活動の写真でも 環境省の委員が「狂犬病予防法」義務違反をしていても 委員自らも「狂犬病予防法」違反行為について疑問を懐いていなかったとみなされることと共に 多数の支持者も誰も咎めることなく見過ごされてきました

守らなくても良い法律かと錯覚を抱かせるような事実が 公開されていて 個人の飼主にのみ法律の義務を課すことは滑稽でさえあります

定例の業者主催のイベント会場で 主催者側も参加者としての業者も「啓発目的のあいご活動団体」も 観客として訪れた犬同伴の飼主も 過去においての私の現地調査では「狂犬病予防法」違反が殆どであり 鑑札装着をしている飼主は珍しいくらいでした

守らなくてよいかのような法律が存在することは「法治国」として再考しなければならず 議員の自覚の低さにも関係していると感じます

猫に「狂犬病予防法」適用となれば 総攻撃に合うのかも知れませんが 獣医師会のご見解も伺いたいものです

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック