« 社会の中の獣医師業を考える | トップページ | 2020-7-5そこまで言って委員会 金塗れを憂う »

2020年7月 6日 (月)

2020-7-6 九州豪雨災害

 

 

2020-7-6 九州豪雨災害
この度の大災害被災者の皆様にお見舞い申し上げます
犠牲になられたすべての命に ご冥福をお祈りいたします
          
九州には数人の知人がおられます
mail
を差し上げようか 返信が煩わしくないかと 迷いつつも SMS差し上げました
ご当人も高齢者の域に達しておられます
以前から 身体が弱っている 大型の老犬と一人と一匹で暮らしておられます
避難勧告が出ているがどうしようもないと書いておられます
繊細なお方ですから 言葉を選んでも 慰めようもありません 
動物との共生では 常にこのような場合にどうするのか?
それぞれの価値観でお決めになられることですが 大災害が予測された段階で 「安楽死処置」(安楽殺処置)も想定内にしておかれることが 対人救護活動をされる 自衛隊や消防 警察等の関係の方々への配慮でもあると私は思います

ご無事で乗り切られることをひたすら祈ることしかできません

 

 

 

« 社会の中の獣医師業を考える | トップページ | 2020-7-5そこまで言って委員会 金塗れを憂う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 社会の中の獣医師業を考える | トップページ | 2020-7-5そこまで言って委員会 金塗れを憂う »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック