« 2018-12-20 2009年過去録からの再掲  | トップページ | 2019年ご挨拶 »

2018年12月23日 (日)

2018-12-23さんかくたまご様 杉本彩氏批判

2018-12-23さんかくたまご様 杉本彩氏批判

http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-1245.html?fbclid=IwAR3BjRgbnz7SdeYCaezFe5rSDRcp2sKrupaLxlwc-Hm2yxcNRzs46XI47_w
2018-12-23
 まつだコメント
さんかくたまご様 
あはははははは 笑えますね
この人もその他の人も動物をたねに書籍を書く人の多くが 売れることが目的でしょうね
モラルは何処かえ置き忘れたか もともとお金と名誉欲しかないのかと感じてしまいますね
それを後生大事に奉るメディア関係者とファン
だから何時まで経ってもフェイク情報が垂れ流しで それに陶酔するフェイク情報発信元が訂正も謝罪もしないで 動物の専門家の振りができ 第一人者ぶれるのですね
動物あいごの人々が 動物に優しい???あの人大好きとばかりに「いいね」「いいね」と奉りますね

動物界ではそれなりに名の知れた方々でさえも この人も あの人も こんな人の所で「いいね」しておられるとがっかりすることがあります

「いいね」をされる時 単発の記事に対してのお積りでしょうが されたご当人は ご自分があの人にも認められたと思われるでしょうね

していることはごまかせるのだと不遜な自信に繋がり 謝罪も訂正もしなくていいことにされるのでしょう

社会の歪みに無頓着な愛護の人々が これらの「間違いだらけの動物あいご教」を信仰しているのでしょう

教祖様は気楽でしょうね

思い付きで話していると メディアからも 行政機関さえもご意見拝聴 

出演料 講師料が収入となります
この人の場合 付き人の分までも交通費請求されていますね

それでも客寄せとしての価値があるのでしょうかね

このような愚かな安易な「広報活動」を何時まで黙認されるのか?

公益法人ということですが 益よりもフェイク情報公害の方が大
 
どの部分で 公に「益」をもたらしているのでしょう
 
認可された担当者様のおこたえを伺いたいですね

« 2018-12-20 2009年過去録からの再掲  | トップページ | 2019年ご挨拶 »

動物福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018-12-23さんかくたまご様 杉本彩氏批判:

« 2018-12-20 2009年過去録からの再掲  | トップページ | 2019年ご挨拶 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック