« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

2017年5月22日 (月)

2017-5-22 何年経過しても相変わらずの動物あいご


 
 
兵庫県問題について考える Ⅱ
ネットでは意思表示をしにくいが 兵庫県のされている行為に理解を示されるというコメントを個人的にいただいています
まつだに対するコメントをご覧になられると 現役ではネットでのコメントではなく そうなられることもうなずけます
     
「ペット法塾」に関する説明文を掲載し それをシェアされた方のTLコメントに 松田が「動物愛護のテロリスト」という文言がありました
これは明らかに 言ってはならない文言であり この発言者の感性が表れています
「テロリスト」と言うからには 法に触れる行為とされます
「テロリスト」であることを証明はできないが 遊び心程度に安易に使用されることは 人権意識もなく 単に「動物可愛い」に止まる これらの動物あいごの人々の常識のレベルを物語るのでしょう
それに何らの注意をすることもなく 「いいね」と賛同される人々
とにかく この人々は 気に入らないコメントには 人格否定で応じるしかお考えがないようです
      
それも言いたい放題のネット社会の一つの現象ですから 仕方がないのでしょう
これらを信じる人々を相手に反論を述べるつもりはありません
当方としては めげることはありませんので お好きにどうぞと言っておきます
頂いた攻撃的なコメントを残しておくのは ご覧になられる方々が このコメントから発信者の人物を評価をされることにつながると思いますので据え置いています
      
過去録から

松田 早苗

· 2014522 2:45 記事から 一部抜粋 編集

行政機関での引き取り制限は 法「改正」と言えるのか常々疑問に感じています

行政機関は危険回避策(殺処分頭数の増加による糾弾)として実力行使をしたともいえそうです

無論 してはならないことですが 過去には彼の「熊本市」でも 「元の所へ返しなさい」と指導??していましたね

同様のことをしていた熊本市はなぜ告発されないのでしょうか?

あいごの支援者の抵抗があるからでしょうか?

愛知県は「運」が悪かったのですか?

------------------------------------------------------------

 

栃木県の問題も深刻ですが 時代がこれらの その場しのぎに問題回避をうまくされる人材?を据えているとも感じます

 

施設改善と適正人材の確保が不十分なことは誰しも知りつつ 「殺処分ゼロ」「ノーキル」という美辞麗句に酔った「法改正」という名の食べられないご馳走を描いているのです

 

予算計上をしないままに施設改善も 人材育成もできるわけがないですからね

 

しかも 熱意を以て「動物福祉」を向上させようとされる自治体を 【自己愛型動物愛護-S,Ma】の人々が気に入らないとネット攻撃 実力行使をします

 

平均23年間の在任期間中に攻撃されることを知りつつ 改革に望まれる意志強固な公務員諸氏は少なくなるでしょうね 

 

誰のために法律第105号はあるのか?

確かなことは 「あいごの人々のため」と言えるのではないでしょうか?行政機関での引き取り制限は 法「改正」と言えるのか常々疑問に感じています
行政機関は危険回避策(殺処分頭数の増加による糾弾)として実力行使をしたともいえそうです
無論 してはならないことですが 過去には彼の「熊本市」でも 「元の所へ返しなさい」と指導??していましたね
同様のことをしていた熊本市はなぜ告発されないのでしょうか?
あいごの支援者の抵抗があるからでしょうか?
愛知県は「運」が悪かったのですか?
------------------------------------------------------------
水越 美奈 先生 すみません

栃木県の問題も深刻ですが 時代がこれらの その場しのぎに問題回避をうまくされる人材?を据えているとも感じます

施設改善と適正人材の確保が不十分なことは誰しも知りつつ 「殺処分ゼロ」「ノーキル」という美辞麗句に酔った「法改正」という名の食べられないご馳走を描いているのです

予算計上をしないままに施設改善も 人材育成もできるわけがないですからね

しかも 熱意を以て「動物福祉」を向上させようとされる自治体を 【自己愛型動物愛護-S,Ma】の人々が気に入らないとネット攻撃 実力行使をします

平均2~3年間の在任期間中に攻撃されることを知りつつ 改革に望まれる意志強固な公務員諸氏は少なくなるでしょうね 

誰のために法律第105号はあるのか?
確かなことは 「あいごの人々のため」と言えるのではないでしょうか?

栃木県の問題も深刻ですが 時代がこれらの その場しのぎに問題回避をうまくされる人材?を据えているとも感じます

施設改善と適正人材の確保が不十分なことは誰しも知りつつ 「殺処分ゼロ」「ノーキル」という美辞麗句に酔った「法改正」という名の食べられないご馳走を描いているのです

予算計上をしないままに施設改善も 人材育成もできるわけがないですからね

しかも 熱意を以て「動物福祉」を向上させようとされる自治体を 【自己愛型動物愛護-S,Ma】の人々が気に入らないとネット攻撃 実力行使をします

平均2~3年間の在任期間中に攻撃されることを知りつつ 改革に望まれる意志強固な公務員諸氏は少なくなるでしょうね 

誰のために法律第105号はあるのか?
確かなことは 「あいごの人々のため」と言えるのではないでしょうか?

栃木県の問題も深刻ですが 時代がこれらの その場しのぎに問題回避をうまくされる人材?を据えているとも感じます

施設改善と適正人材の確保が不十分なことは誰しも知りつつ 「殺処分ゼロ」「ノーキル」という美辞麗句に酔った「法改正」という名の食べられないご馳走を描いているのです

予算計上をしないままに施設改善も 人材育成もできるわけがないですからね

しかも 熱意を以て「動物福祉」を向上させようとされる自治体を 【自己愛型動物愛護-S,Ma】の人々が気に入らないとネット攻撃 実力行使をします

平均2~3年間の在任期間中に攻撃されることを知りつつ 改革に望まれる意志強固な公務員諸氏は少なくなるでしょうね 

誰のために法律第105号はあるのか?
確かなことは 「あいごの人々のため」と言えるのではないでしょうか?

 

2017年5月16日 (火)

兵庫県動物愛護センターの犬猫即日殺処分を中止させる県民の会に思うこと

兵庫県動物愛護センターの犬猫即日殺処分を中止させる県民の会

https://stopsokujitsusyobu.wixsite.com/dogcat

このような団体が活動をしているようです
写真には引き取られた哺乳期の子猫が写されています
 
近頃の行政機関では 哺乳ボランティアに託して「殺処分」しないのが通例となっているようですが 猫は過繁殖故に遺棄が多くその結果が「地域ねこ」とされているのではないでしょうか?

以前にも書きましたが 「哺乳期の子猫」は積極的に「安楽死処置」(安楽殺処置)として 譲渡先を子猫に奪われないように 成猫の譲渡を優先させることが必要だと感じています

この活動の提唱者で 兵庫県の動物行政を糾弾されているこの方が携わられた 成猫の頭数と子猫の頭数 譲渡できた成猫の頭数と子猫の頭数を示していただきたいですね
 
本来あるべき行政機関とされての責務を ご自分の考えと違うからと言う理由で糾弾して本当に猫全体のためになっているのでしょうか?
 
松田の指導で兵庫県は「殺処分」に傾注されていると書かれたことがありますが 私の知るところ  兵庫県の行政獣医師の方々は 自らシンポジュウム等に出向かれて動物福祉の勉強をされる方もおられて 多くの当節流行りの俄か愛護の行政機関とは違いしっかりとしたお考えを持たれて 行政機関としての役割を果たすことに努めておられました
 
犬舎の掃除にも配慮されていましたし 譲渡にも基準を設けておられました
動物に対する思いやりは他のどこにも劣らないと感じていました
    

松田がこのように書くと 待ってましたと構えている人々が行政叩きに拍車をかけることになるであろうと思い躊躇しましたが 【よくないことは良くない】と言えない社会は堕落してゆくと思うのです

感情の赴くままに 自分とは違う考えはすべて誹謗しないと気が済まない そのような社会は歪んでゆくと思います
その表れの一つの兆候として 愛護団体の不適正多頭数飼育や募金の在り方が問われることにつながっていると感じます
 
兵庫県以外でも ある行政機関の行政獣医師のお方で 譲渡に関しての信念を持たれているお方もおられます
咬癖のある犬は民間から委託を強く要望されても決して民間に託さないと決めておられると聞いています

ご立派だと思います

何処かと言うことが言えないのは 上記の兵庫県のように マツダ=「悪」とみなされることを懸念するからです 
災害に備えても譲渡に適さない動物は 行政機関にとどめて 適正な「安楽死処置」(安楽殺処置)を実施されることが 社会全体のためになると改めて進言させていただきます
 
愛護活動をされる方々の 「殺処分」拒否の理由は「命の尊厳」が主だと思います
「尊厳」と言いつつ 終生飼育責任は果たさず 動物福祉の基本も満たせない「地域ねこ」のような生かし方が適正であるとは感じられない
法的にも遺棄は罰則をつけて禁止しています
それにも関わらず 「地域ねこ」はなぜ容認されるのか?
 
兵庫県を糾弾される理由に 遺失物としての扱いの条件を満たしていないとされているようです

「地域ねこ」の各個体の所有権は誰にあり 誰が終生飼育責任を全うされるのか問われないのはなぜでしょうか?
法律を盾に糾弾されるのであれば これらのことも正していただきたいです

関わる人々の感情が優先されて 動物の福祉「幸」には無関心でいられるからだと感じます

兵庫県民の全ての方々のご意見として 兵庫県動物愛護センターの犬猫即日殺処分を中止させる県民の会

https://stopsokujitsusyobu.wixsite.com/dogcat

が支持されたのであれば致し方ありませんが 声高な愛護の人々の意見が 全ての県民を代表するかのように また正論であるかのように活動をされることに対して疑問を持っていただきたいと思います
文責 松田早苗

 

 

2017年5月 8日 (月)

2017-5-7Fake

201757fakenews


2017-5-7Fake

あれもこれも Fake フェイク 
 
動物関連ばかりではなく 国際的にもFake情報があふれていると聞きますと 信じてよいことをどこで何に求めれば良いのか不安になります
 
 
 
飼主が死亡されたために 猫30匹以上をある愛護団体に引き取られたものの 関与された方がその後問合をされたところ  23日ののちにすべて譲渡されたと聞かされたようです
 
譲渡先は言えない 
 
引取りを依頼した時から所有権は放棄されることが前提であり 以後の行方についての情報提供の約束がなければ 譲渡された時点で猫たちの行方は知らされないと覚悟しなければならないのは致し方ありません
 
 
 
引き取った団体の責任者に信頼が持てず何とか追及はできないかということを話されました
 
某記者に真実の追及をお願いしたいとのこと
 
某記者がどれだけ信頼できるのかが問題ですが 他に思い当たる方策もなく 私自身が調査できるものでもなく そのようにお考えの当事者に助言できることがないことを 申し訳なく思っています
 
 

内心「疑惑」はぬぐえないのですが 具体性がなければそのようなことも言えません
 
「譲渡」されたと言えばすべてが不問に付される現状は「ノーキル」の副産物なのでしょう
 
適切に獣医師による「安楽死処置」(安楽殺処置)が実施されていたとしても 「譲渡」されたことにしなければ追及されることは必至です 
 
ましてや 遺棄や闇処分など言えるはずもなく 証拠のつかみ方も困難であり 疑念を伝えることは名誉棄損となりかねません
 
 
 
自らができないことを他に託すのですから 権利を放棄した時からすべてを任せる覚悟は必要ですが 社会的に公認された動物愛護団体としての責務の内に「安楽死処置」(安楽殺処置)を是認しなければならないとすることが 今後の課題だと思います
 
 
5/7
 BS6 池上彰氏の「世界激変スペシャル」番組で取り上げられていましたが クリントン氏とISがつながっていたと偽の情報を作成して流すこと等で 世界的なFakeニュースで稼ぐ若者がいるそうです
Fake
ニュースは10分間で作れるのに対して それを暴くには手間がかかり 1週間で16件しか偽であることを立証できないのが現状のようです
 
多くの人々が怪しいかもと思いつつも Fakeであることを見破るのはとても難しいことだと思います
 
 
 
国内の動物愛護の団体についても「怪しい」のか「信頼できる」のか その違いは個人の印象に頼るところが大きいように感じます
NPO
も含めて 公認された団体の極一部が公明正大であっても 他の多くが疑問がないとは言い切れないのが実情だと感じます

悪を減らすためには 国民の賢明さが求められるのでしようが 動物愛護は騙されてでも「ノーキル」を信じていたいと思う人々が多いのだと感じています 

« 2017年4月 | トップページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック