« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

2017年4月16日 (日)

2017-4-16星野 宏明弁護士 公開知識犬 まつだコメント

2017-4-16星野 宏明弁護士 公開知識 犬 まつだコメント

https://lmedia.jp/2014/09/05/56057/

星野 宏明星野 宏明

その他

 

ペットショップや里親募集サイトで一目惚れ…その後、かわいい子犬が家族になり、ずっと皆で仲良く平和に過ごしましたとさ…と、なれば良いのですが、なかなかそうも行きません。

色々なトラブルが発生しますし、やらなければいけないこと、気をつけなければいけないことなどは沢山ありますし、飼い主の義務や責任も発生します。

今回はペットを飼う上で、知るべき法律知識と飼い主の義務について解説します。

柴犬
まつだコメント
鑑札の装着が不明である写真は一般的にも 公開の写真としては元より このような法律問題に際しての例示としては不適切です
後ろ足の陰に辛うじてみられる「リード」かなと言う程度の例示は 係留義務についても不適切です 

しっかりと鑑札が確認できること リードで係留されていることが鮮明である写真を提示されますようにお願いいたします

■犬が生まれてから家にやってくるまで

生後56日(平成28831日までは45日、それ以降別に法律に定めるまでの間は49日)を経過しない犬及び猫の販売又は販売のための引渡し・展示が動物愛護管理法により禁止されます。幼齢の犬を生後早い段階で親兄弟から引き離してしまうと、吠え癖やかみ癖などが生じやすくなり、発育に支障があるため、販売を制限しています。

近年、インターネット販売を利用したものの、引き渡されたペットの状態が説明と違っていたとのトラブル増加したため、販売するペットの現況を直接見せるとともに対面により飼養方法、生年月日等適正飼養のために必要な情報を提供することが業者に義務付けられています。
販売業者は業者登録済標の提示が義務つけられています

■犬を飼い始めてから

飼い主の責任の1つとして、飼っているペットについて、名札、脚環、マイクロチップ等により、所有者を明確にする必要があります。

犬の場合には、現在居住している市区町村に飼い犬の登録をすることになっています。引っ越しした場合等には転居先の市区町村窓口への届出が必要です。
法的根拠「狂犬病予防法」によるものであるとの明示をお願いいたします

 

■散歩デビュー

犬が外出できるようになったら、いよいよ散歩が始まります。

散歩のとき、リードをつけていなかったり、目を離したすきに、犬が他の犬や、子供に噛みついてケガをさせた場合、飼主には動物占有者の責任が発生し、損害賠償義務を負います。

子供に大けがをさせた場合は、治療費だけでなく慰謝料も発生し、高額な賠償が命じられることもあり得ます。

 子供と限定されることには違和感があります
リードにつながれていたが 曲がり角で高齢者との突然の出会いで レトリバーに驚かれた高齢者が転倒されて骨折 損害賠償となった事例がありました
リードは義務ですが 対人対動物 いずれにも加害者責任は生じます 

■成犬になったら

狂犬病予防法により、年1回の狂犬病予防注射を受けさせる義務があります。

違反すると罰金刑の対象となります。

 罰則の提示もお願いいたします
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25HO247.html

(予防注射)

第五条  犬の所有者(所有者以外の者が管理する場合には、その者。以下同じ。)は、その犬について、厚生労働省令の定めるところにより、狂犬病の予防注射を毎年一回受けさせなければならない。

 市町村長は、政令の定めるところにより、前項の予防注射を受けた犬の所有者に注射済票を交付しなければならない。

  犬の所有者は、前項の注射済票をその犬に着けておかなければならない。

 第五章 罰則
 
第二十七条  次の各号の一に該当する者は、二十万円以下の罰金に処する。

 第四条の規定に違反して犬(第二条第二項の規定により準用した場合における動物を含む。以下この条において同じ。)の登録の申請をせず、鑑札を犬に着けず、又は届出をしなかつた者

 第五条の規定に違反して犬に予防注射を受けさせず、又は注射済票を着けなかつた者

 

■病気の治療

ペットも人間と同様、庭木で怪我をしたり、体調不良になることがあります。

動物病院で獣医さんに治療をお願いすることもありますが 場合、注意義務違反による獣医過誤があった場合には、損害賠償請求ができる場合もあります。
獣医師の指示に従うことが原則であり 飼主としての義務として適正飼育に努めなければなりません

 ■出産

(1)多くの動物を飼うことにより、騒音や悪臭など、周辺の生活環境を悪化させている場合、(2)多くの動物を適切に飼っていないことにより動物が衰弱する等の虐待のおそれが生じた場合、都道府県知事は、飼い主に対し、改善勧告・命令を行うことができます。

命令に従わない場合は罰則も定められています。繁殖は、責任をもって養育できる限度で行うようにしましょう。
現状では譲渡先を探す動物で 民間のどこの施設も満員です
繁殖目的で飼育しない場合は 不妊手術 去勢手術を実施することで 不幸な動物の頭数の減数に努めましょう

■老齢期

飼い主には、終生飼養の義務が課せられています。

途中で飼育できなくなった場合でも、都道府県が引き取ってくれるわけではありません。

自宅での介護が難しい場合は、ペット専門の介護業者も利用し、最後まで面倒を見る義務があります。

引取り業者の中には 不適正飼育等の問題があることもあります
行政機関や 信頼できる動物団体や知識のある人に相談しましょう

■焼骨・埋葬

現在、ペット霊園の設置や管理方法について全国一律で規定する法令はありません。

もっとも、ペットの火葬・埋葬については、独自の規制を条例で科している自治体があります。

自分で火葬等をする際には、念のため、お住まいの市役所で条例の有無を確認した方がよいでしょう。

■さいごに

家族となるペットに関わるルールを確認して無用なトラブルを回避し,犬が生まれてから一生を終えるまで,人も動物も社会も共に幸せな時間を過ごしてください。】【せるようにつとめることは 動物との共生を選んだ人間の務めですね

 *著者:弁護士 星野宏明(星野法律事務所。不貞による慰謝料請求、外国人の離婚事件、国際案件、中国法務、中小企業の法律相談、ペット訴訟等が専門。)

------------------------------------------------------------
2017-4-16
まつだコメント
 
僭越ながら 上記のような加筆 訂正をお願いいたしたく ご検討を宜しくお願いいたします
 
松田早苗意見として【】囲み表示をさせて頂きました

 

Sanae Matsuda ·

兵庫県 神戸市

訂正
犬を飼い始めてから
【法的根拠「狂犬病予防法」によるものであるとの明示をお願いいたします】
「狂犬病予防法」「法律第105号」

------------------------------------------------------------
2017-4-16
星野 宏明弁護士 公開知識 犬 まつだコメント

 

https://lmedia.jp/2014/09/05/56057/

投稿させていただきました

2017-4-15 学び

http://www.brh.co.jp/event/

中村桂子先生の深い知識を柔らかなお話で伝えられることに魅せられたことが始まりで JT生命誌研究館へ足を運んでまいりました
4/15
 土曜 14時から蘇智慧研究員レクチャー 聴講してまいりました
 
少し解り難い正門まで 通行中の若いカップルの方にお尋ねしたところ 丁寧に正門へ案内してくださいました お礼を申し上げてお別れしましたが 建物は見えていても正門は奥まったところでしたので助かりました ご親切なお二人様ありがとうございました
 
建物は素晴らしい 環境の中に 豊かさがあふれている感じでした
 
こじんまりとしたレクチャールームも さすがJTと言う印象でした
 
蘇智慧研究員レクチャー
 
「種分化はどうやって起きるのだろうか?」~イチジク属植物とイチジクコバチの研究を通して~
 
生物の多様化 進化 種分化 と1時間にわたるお話は興味ある内容でした
 
質疑で盛り上がり 1時間を費やされました
 
全くの素人は私だけかなと言った感じがしました
 
学問とは 過去の経過を立証することは可能ですが その結果が現在に至るまでのきっかけとなる「何故?」を立証することは難しいことのようです
 
イチジク属植物とイチジクコバチの一対一の共生関係が なぜ 特定の一対一でなければならなかったのか 質問してみました
 
特定のイチジクに 特定のコバチが共生関係を以って繁殖する 
 
不特定のイチジクに 不特定のコバチが受精行為をする方が効率が良いように感じますが 一対一の共生関係なのですね
 
体長1mm程度のコバチの研究をされることにも素人には「不思議」を感じます
 
学問にとりつかれたとでもいうのでしようか? 
 
失礼を棚上げして これもまた ある種の不思議な「共生」かとも感じました 
 
研究者と研究対象の不思議な出会い
 
次の機会に聞いてみたいと思います

「共生」とはともに生きる
 
人も動物も植物ももとは単細胞から進化したものです
 
なのにどうして優越感に浸り ヘイトスピーチをしたり 他宗教を蔑視したり 3Kのような過激な白人優越主義が生じるのか?
「あなたは あなたの祖先を蔑視しているでしよう」 と言いたい
 
犬猫が「殺処分」されることには 人を貶めても攻撃的になる人々が 他の動物 ネズミゴキブリを殺していても 犬猫ほどに騒ぎません 
 
人はなぜ「優越感」を持つことに必死になるのか?
自らが豊かさにかけているからなのか?
尽きない疑問ですに
 
もう 名残となる桜も 未だ見事に目にも心にも「幸」を感じさせてくれました
 
生物の切れない関連と進化の過程を展示されています館のすばらしさ 一度は子供さんたちとご覧になられるといいかと思います
 http://www.brh.co.jp/event/


 
ご参考までにご高覧下さいますようよろしくお願いいたします

2017年4月 8日 (土)

ワクチンのアジュバントと添加物についての個人的な意見

ワクチンのアジュバントと添加物
記事に対しての感想を尋ねられました
 
まつだコメント 返信をさせて頂きました
 
それぞれにご意見は多様だと思いますので 答えとしてではなく意見として
 
ご参考までにご高覧下さいますようよろしくお願いいたします

    ------------------------------------------------------------
2017-4-8
 まつだコメント返信
お尋ねについて

米国では毎年ワクチンをすることは少ないと聞いています

日本は動物よりも獣医師の経営の都合が強いのかと感じています

毎年にしないと来なくなることも心配されているのかも?

  

どのような医薬品でも100%安全なものはないと思います

安全と言うのは確率から割り出されますから 99%安全でも残りの1%に自分が入らないという保証はないでしょう

その心配のために すべての人々がワクチンをしなくなって感染症が蔓延するリスクとの比較だと思います
 
私は すべての生物には 運不運があり避けがたいものだと思っています
99%
の人が安全であれば 残りの1%に当たった場合は「不運」と考えなければ仕方がないと考えるのが私の生き方です
 
動物の飼主としても それらのことを承知で 99%を信じて実施していました
 
万一 1%に該当しても致し方ないという考え方です
 
生きるということはどこかで何か 誰かが犠牲になることを知りつつも避けがたいのだと思うのです
 
反感を買う恐れがあるコメントですが 正直な気持ちです

2017年4月 1日 (土)

2017-4-1好きか嫌いか 


 
ある新たな動物あいご団体の発足に思うこと
 
http://www.for-b.jp/%e3%83%89%e3%82%a4%e3%83%84%e3%81%ae%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%a0%e3%83%a2%e3%83%87%e3%83%ab%e3%81%ae%e6%97%a5%e6%9c%ac%e5%b0%8e%e5%85%a5%e3%82%92%e7%9b%ae/


 
325日の午後、東京都内で一般社団法人日本トラウムハイム協会(以下JTA)の設立記念シンポジウムが開催されました。
 
と広報され 新たな動物愛護の団体が発足されたようです
 
 
 
近頃の動物愛護は 友にしても 対立する人に対しても 基本的に「好きか嫌いか」が第一で 「あの人が言ってるからあの考えには賛同しない」 反対に 「あの人が言ってるからあの考えには賛同する」となっているように感じます
 
 
 
理論的に選択されるよりも 感性で「好きか嫌いか」を基に選別されているようです
 
その典型が アルシャーさんのファンのように思うのです
 
 
 
ホームページには美しい写真と環境が豊かな暮らしの象徴のようで 素敵に表されています
 
こんなに素敵なホームページの主であれば 「嘘」など言わないであろうと信じるでしょう
 
 
 
ティアハイムについての情報も 不妊手術に関するご意見も このお方の言われる事ならと賛同されることになるのではないでしょうか?
 
 
社会改革を目されるのであれば オルグとしてのテクニックにたけていればよいとは言えない 社会的責務があると思います
 
 
 
現状に即したなすべきことは 余剰動物対策 即ち 不妊手術でしょう
 
それを否定されることは 動物を思い遣っているようで ご自分がしたくないことを優先されていると感じるのです
 
 
 
「ティアハイム」
 
【最近日本でも認知されてきたティアハイムですが、理想的な保護施設として賞賛される一方で、ときには誤った情報が伝えられることもあり、ティアハイム礼賛派とティアハイム否定派で、極端な意見もあるといいます。】
 
そのような結果を招いたのは 誤情報を多用されたことに対する批判であって それの結果です
 
「ティアハイム」自体を否定したものではないことは この方々以外の誰もが感じられることではないかと思います
 
「誤認情報」に基付く批判をないがしろにされ 「ティアハイム」自体を否定したという発想がある限り 「誤認情報」垂れ流しに対する反省もなく 是正される姿勢もないのではないかと思いますが 少なくとも社会改革に取り組まれるお方の姿勢とされては「間違っていることは正していただきたい」
 
 

批判を超越することと 無視して逃げることは違います

ご自分の主張があくまでも正しいと信念を持たれるなら 批判に対し反論し

てください

間違っていたとお認めなら 謝罪して訂正してください

それをされずに 社会改革を主導されることは 社会を侮っておられるこ

と解されます

人と動物の共生をより良い方向に「導きたい」との思いで 社会改革を主張さ

れるなら この団体の発足に際して寄せられている多くの批判意見に対して 

真摯にこたえていただきたいものです

« 2017年3月 | トップページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック