« | トップページ | 2016-11-23子供の貧困は国家の重大問題です »

2016年11月23日 (水)

福島県沖大震災

2016-11-22 福島県沖大震災 被害者の皆様にお見舞い申し上げます 実力の伴わない言葉だけのお見舞いで申し訳なく存じます ―――――――――――――――――――――――――――――― 日本中が地震活動期に入ったとみなされたようです M9クラスの地震の後の余震は繰り返し起こると言われていて 今回の地震も5年前の余震であるとのことですし 今後も繰り返し起こることが指摘されていました       災害に備えて 動物シェルターの管理を見直すこともしなければならないと感じます 特に大規模な動物保管施設は 災害時対策をどのようにとっておられるのか?  災害発生により逸走する動物達についての対策は取られているのか?  雌雄隔離保管に対する不安について 真剣に再考されることを提言いたします 地域への迷惑だけにとどまらず 動物たちにも繁殖による過酷な生き方を強要することになります      咬傷事故歴のある犬についても 動物たちも不安による興奮状態になることも予想されますから 逸走した場合の危険性は大きいと考えられます       地域の住民の方々がシェルターについての情報をどの程度に理解されているのか 管轄行政機関は責任ある広報をされなければならなと思います         日頃民間へ丸投げにされていることは シェルターに管理される動物たちの委託主としての責任があるでしょう

« | トップページ | 2016-11-23子供の貧困は国家の重大問題です »

動物福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/333032/68542560

この記事へのトラックバック一覧です: 福島県沖大震災:

« | トップページ | 2016-11-23子供の貧困は国家の重大問題です »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック