« 2016-8-7 近況2 | トップページ | 2016-8-11名無し様コメントありがとうございました »

2016年8月11日 (木)

8/10 近況 3


朝から 夫を見舞ってその足で駅に向かい電車を乗り換えながら 京都市上鳥羽公園にあります「京都動物愛護センター」を訪ねました
     
今日は 彼の「京都動物愛護センター名誉センター長」 杉本彩さんの
夏休み親子ワンニャン教室開催日でした
7月に参加申し込みメールを発信しましたが返信がなかったので 直接会場に行きました

------------------------------------------------------------
「夏休み親子ワンニャン教室」の開催について
 
 京都動物愛護センター(愛称:動物愛ランド・京都)では,小・中学生と保護者を対象に,杉本彩名誉センター長を交え,動物を通じていのちの大切さ等を親子で学んでいただく,「夏休み親子ワンニャン教室」を以下のとおり開催しますので,お知らせします。

1 日時

  平成28年8月10日(水)午後1時~午後3時

2 場所

  京都動物愛護センター本所(南区上鳥羽公園内)
 ※  車でお越しの方は,近隣のコインパーキングを御利用願います。

3 内容

 【午後1時~1時30分】
  <犬との接し方について>
  動物愛護センターの保護犬を通じて,犬と人との関わりや,犬との接し方について,学びます。

 【午後1時30分~2時】
  <杉本彩名誉センター長による講演>
  動物愛護センターに収容されている犬猫の現状や京都動物愛護憲章について学びます。

 【午後2時10分~2時30分】
  <ワークショップ>
  講演を受け,「動物愛護のために自分たちで何ができるか」を杉本名誉センター長とともに考えます。

 【午後2時30分~3時】
  <意見発表>
  ワークショップで考えた内容を各自が発表します。

4 参加要件

  親子ペア(小学生(5,6年生)又は中学生とその保護者。ただし,保護者お一人につきお子様は二人までとします。)
  参加費は無料

5 定員

  20組(申込多数の場合は抽選)

6 申込み

 ⑴ 申込方法
   
チラシにある応募票に必要事項を記載し,下記の申込先へ郵送,持参,FAX若しくはメールを送付

 ⑵ 申込期間
   平成28年7月11日(月)~7月25日(月)(締切必着)

7 申込み・問合せ先

  〒601-8103 京都市南区上鳥羽仏現寺町11
  京都動物愛護センター本所
  TEL:075-671-0336
  ※ 問合せ受付時間:午前9時~午後5時(休所日(毎週木曜日)を除く。)
  FAX:075-671-0338
  MAIL:kateidoubutsu@city.kyoto.lg.jp

 

 

kyoto-ani-love‏@kyotoanilove 77 

【夏休み親子ワンニャン教室を開催!】 小・中学生と保護者を対象に,杉本彩名誉センター長を交え,動物を通じていのちの大切さ等を親子で学んでいただく,「夏休み親子ワンニャン教室」を8月10日(水)に開催!... http://fb.me/2sZGPWBMM

------------------------------------------------------------
という内容でした
念のために受付で尋ねましたら やはり親子に限るとのことで立ち入り禁止
所長様にお話を聞きたいと申し入れますと 本日お休み 次長様ならとのこと
今 来客応対とのことで待たせていただきました
とりあえず 動物収容棟の見学を申し入れまして 即座に行政獣医師のお方が案内してくださいました
        
第一印象は「臭気が強い」不潔感が目に付くでした
        
個別収容は近年どこでも普通になっていますが パドック付き犬舎となっていました 
空調のためか屋外には出られないように締め切りになっていました
個別犬舎の窓に相当する部分のブラボードの汚れがひどく 透明度が失せて 中がしっかりと見えないところもありました
飲用水容器が扉のそばに設置してあり 犬は扉に近づく人に反応し飛びつきますから 飲用水容器に足が入ることもあるでしょう
どの飲用水も清潔な水がたっぷりではなく 不潔な感じでした
案内の行政獣医師にその旨伝えましたが 恐縮される態度でもなくいまさらという感じでした
掃除の汚水がたまったままのモップバケツが放置されていて 全体に愛されている動物の処遇という印象はなく 少なからず情けない感じでした
収容犬たちも お世辞にもきれいな犬たちとは言えず 皮膚異常を認める犬たちが多く 高齢犬であるためでもあるとの説明でした
収容状況一部抜粋
H24/7/13
約 12歳 飼主放棄

H25/8/23 約  9歳 所有者不明による保護

H27/7/03 約 10歳 所有者不明による保護

H27/4/27 12歳         保護

H27/7/27 約  1歳         保護
となっていましたが 高齢犬も多く 収容日数が4年に至る犬もいました
生きる機会を与えたいという説明でしたが QOLの基準がここでも疑問に感じました
写真はネットにあげないと約束しましたので実況とはまいりませんが 犬を救っているのか かかわる人の心を救っているのか? 疑問はぬぐえませんでしたが 当施設の関係者には通用しない疑問だったようです
京都府の方が所長 京都市の方が次長の地位についておられました
丁度 メディアの取材に応じておられたので 空いていたそばの椅子に座らせていただきお手すきになるまで待たせていただきました
女性記者の方には 検索ワード「ひろしまドッグぱーく原告の会」をメモして差し上げました
メディアのあいまい報道が多すぎますとも伝えて メディア叩きしていますが もっと真実に迫っていただきたいとの願望を伝えました
杉本彩さんが熱心に声援されていた方の概要がわかりますと言い添えました
       
次長様にも同様に差し上げました
お会いした次長の方は 頑なな印象で 不快感を満面に表しておられました
mail
に返信をいただけなかったので 本日こちらに参りましたと伝えたところ メールはしっかりとみていないとおっしゃいましたが 会話の中ではやはり見ておられたでしょうと言いたい感じでした
好ましくない行政職の在り方のモデルのように感じつつ 当方も言いたいことを言わせていただいて 対話をさせていただきました


「ご不快のご様子ですね 今日は杉本彩さんに会わずに帰ります」と申しましたが 「はい 不快です」とのご返事で本日は杉本彩さんに会わないでください」とのことでした
ごり押しする気持ちもなく 施設を後にしました
行政機関もメディアもどうかしてしまったという印象はぬぐえないこの頃です
ますます敵視されそうです
それでも ひるむつもりもありませんが 気持ちはよろしくないですね
          
明日は 犬の動物園の行政獣医師の視察結果のお電話をいただきましたので お知らせさせていただきます 


« 2016-8-7 近況2 | トップページ | 2016-8-11名無し様コメントありがとうございました »

動物福祉」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、
杉本彩さんと直接話す機会があればいいですね。やはりメールでやりとりするより直接はなす方がいいのではないかなと思います。
過去に支援してしまった団体へのあれこれ
周りがダンマリしてるの良くないですね。
何か理由があって語れないってことでもあるのでしょうか。。。
来月、京都動物愛護フェスがあります。
杉本さんも参加されるみたいです。
彼女の団体のブースもできると思います、そのときに伺ってみてはどうでしょうか。

お暑い最中のご尽力に頭が下がります。

ただの杉本彩のファンクラブですね。

2016-8-11まつだコメント返信
匿名様 コメントありがとうございました
      
【何か理由があって語れないってことでもあるのでしょうか。。。】
      
多分にそのように感じています 
        
以前にも書きましたが 一個人とされての行動と 団体の責任者(特に募金で活動される団体) 行政機関に関わるとなれば 見過ごしてはならないこともございますね
      
【来月、京都動物愛護フェスがあります。】
      
情報ありがとうございました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/333032/66939821

この記事へのトラックバック一覧です: 8/10 近況 3:

« 2016-8-7 近況2 | トップページ | 2016-8-11名無し様コメントありがとうございました »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック