« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月28日 (木)

2014年の動物愛護議連の皆さまへ

2016-4-28 
2014年の動物愛護議連の皆さまへ

それぞれの議員諸氏のその後のお立場は変化していますが信条とされますことにはお変わりなきものと拝察いたします

 

https://www.facebook.com/asuka.kaneko.357?fref=ts

 
ご多用のところ名もなき者の質問ではありますが 

このような動物虐待について 日常「殺処分ゼロ」「ノーキル」を強く世に訴えておられますみなさまの貴重なご意見を賜りますように よろしくお願いいたします

 


https://www.facebook.com/notes/%E5%BE%8C%E8%97%A4-%E4%B8%80%E5%B9%B3/%E7%8A%AC%E7%8C%AB%E3%81%AE%E6%AE%BA%E5%87%A6%E5%88%86%E3%82%BC%E3%83%AD%E3%82%92%E7%9B%AE%E6%8C%87%E3%81%99%E5%8B%95%E7%89%A9%E6%84%9B%E8%AD%B7%E8%AD%B0%E5%93%A1%E9%80%A3%E7%9B%9F%E4%BB%AE%E7%A7%B0%E7%95%A5%E7%A7%B0%E3%81%AF%E3%81%A3%E3%81%B4%E3%81%83%EF%BC%90%E3%82%BC%E3%83%AD%E8%AD%B0%E9%80%A3%E8%A8%AD%E7%AB%8B%E6%BA%96%E5%82%99%E4%BC%9A%E6%A6%82%E8%A6%812014%E5%B9%B4%EF%BC%98%E6%9C%8828%E6%97%A5%E6%9C%A8%E6%96%BC%E5%8F%82%E8%AD%B0%E9%99%A2%E8%AD%B0%E5%93%A1%E4%BC%9A%E9%A4%A8%E8%AC%9B%E5%A0%82/693760097371151?pnref=story

 


牧原秀樹環境大臣政務官

 

尾辻秀久参議院議員(自民)

 

中川俊直衆議院議員(自民)〔司会〕

 

松野頼久衆議院議員(維新・結い)
 
福島みずほ参議院議員(社民)
 
塩村あやか氏(東京都議会議員)(みんな)
 
著名人・活動団体の皆さんからのご挨拶 から

 

さとう珠緒氏(女優・タレント)
岩井俊二氏(映画監督)
ハリス鈴木清子氏(「東京都知事へ:殺処分ゼロを公約に!」キャンペーン発起人)
林太郎氏(弁護士)
藤野真紀子氏(料理研究家・元衆議院議員)

 

2016-4-27社会の中の動物と飼主


神戸市民である女性がUPしている猫虐待 殺害について 友人から問合があり 検索してみて下記の件を知りました
                                              
https://www.facebook.com/asuka.kaneko.357?fref=ts
公開されている その言動には健全な人とは考え難い 異常な残忍さが見られます

こうした自己アピールのやり方には 言論 表現の自由では済まされない 慄然としたものを感じます
そして フェイスブックの使われ方に疑問を持ちます
見方によっては 対人被害の抑制としての役割があるとみる人もいるかと思いますが 動物が犠牲にされているうちは見過ごしてよいということは断じて言えないし それを許す社会であってはならないと思うのです

自由とはなんでも「無制限に自由」ではない
                                         

言論 表現の自由と言えども 動物虐待 惨殺が公然と披瀝されることが個人の自由の保障になるとは考えられず この件が行政機関や動物関係者等の識者の目に全く留まっていないのか?  
留まっていても触れたくないのが本音なのか?  
既存の動物愛護活動団体はどのように感じて どのような対処をしておられるのかお聞きしたい
                                             
特定の個人の顔や名前が悪意に満ちて公開されていることと このような残忍な行為が行われていることについて歯止めはないのか? 
フェイスブック利用にさいしての倫理についても 運営主体にお聞きしたい
 
矛盾とは思うが このような行為が隠蔽されることもまた恐ろしいことでもあります
特異な人の人権の尊重と社会秩序の維持 普通の生活をしている人々の社会で普通に暮らす人々を守ることとはどのあたりで線を引くのか?
                                           
「殺処分ゼロ」「ノーキル」を唱えるみなさんはどのようにお感じでしょうか?
公的な機関 行政機関で「殺処分ゼロ」「ノーキル」にすれば目的は達成とみられるのか?
                                           
人と動物が共生する社会では 必ず 動物虐待やネグレクトはなくならないでしょう
巨額な資金力と運営力を保持される世界の多くの動物関連団体の活動が盛んであることは 社会問題としての 動物虐待 ネグレクトがなくならないことを物語っています
                                            
動物あいごの啓発活動も大切ですが 水準に達しない飼主に対する対応はほとんど手が付けられていないのが実情です
知識が備わった人々の間のみで より高度なところで 更に向上させるための学会やシンポジュウムはたくさん試みられていますが 見捨てられがちな飼主と動物に対する対策を真剣に議論されることはほとんどないように感じます
 
「殺処分ゼロ」「ノーキル」
「苦しめて殺処分することをゼロにする」
「安楽死処置」(安楽殺処置)を義務つけること
「悲惨な死を強いられる動物がいなくなることをもってノーキル」とする
「ノーキル」イコールネグレクトの容認ではない
                                         
考え方を変えて見られてはいかがですか?
前記のフェイスブック管理人のような人であっても 動物飼育ができることの現実に目を向けてください
                                    
適性譲渡と適正管理に徹することがすべての基本であることをよく考えてください
【適性譲渡とは「安心」「安全」が基本であり 社会に送り出す動物が「不安」「忍耐の強要」「偏共生」とならない配慮が必要である-s,ma

                                          
不妊手術 去勢手術をしないことが動物本来の自然な飼育管理であると主張される方々
大災害で未手術の動物たちが浮浪の状況にさらされた場合に 不幸は倍増することをもう一度考え直されてはいかがですか?
それも1桁の頭数ではない34桁の収容動物となれば 近隣住民も関心を持たれることをお勧めします
アルシャーさんの教えは完ぺきに飼育管理ができることが前提であって 今後も頻発するであろう災害対策としては不安がいっぱいであると申し上げておきます
【自己愛型動物愛護-S,Ma】の域を出ていないと感じます

 

2016年4月22日 (金)

2016-4-22 大切なお方との永遠のお別れ

2016422lh



今日 22/金曜 神戸のカトリック教会で 特に神戸の動物福祉の基礎を築く努力をされました大切なお方のご葬儀がありました
                              
かつて 私が所属していました団体支部で支部長として 私が副支部長として補佐役を務めさせて頂き共に苦難の時代を乗り越えてきた L,H
                                        
私には故G夫人と共に忘れられないとても大切なお方です
日本語がお上手になれないままに 過ごされましたが 当時は日本語を話されなくても 身辺では英語で日常の用が足りていたからでしょう
                                      
言葉の問題で 動物に関する公的な会議にはお出になれなくて 私が代役を務めさせて頂いていました
そのような次第で 阪神・淡路大震災の官民協働組織の代表も私が務めさせていただきました
                                         
神戸市内でも 市街地に浮浪犬猫があふれていた時代でした
行き場のない動物たちのために 私財を投じて動物の保護収容に努められました
まだ「動物福祉」という言葉が奇異に思われていた時代に在留外国人の方々が この神戸の地でボランティアの育成をされ 動物福祉の向上に努めらたことは感謝の気持ちで一杯でございます
                                         
6
月になれば100才となられたのですが あこがれておられた神様の御許に行かれましたことは 常日ごろのお話から拝察して お喜び申しあげてよいのだと感じました
美しいお方で 棺の中でもその美しさは輝いているようでした
                                 
感謝と共に心からご冥福をお祈り申し上げます

2016-4-22さんかくたまご様コメント返信

さんかくたまご様コメントありがとうございました
                             
狂犬病予防法を明示していただきありがとうございます

狂犬病予防注射は義務があろうと推察しながらやらない飼主様は多いように思いますが 
鑑札の装着が義務つけられていて 罰則があることは知らないと言う人がとても多いですね

狂犬病予防注射を実施される獣医師にも責任の一端があると感じます

かつて いろいろな場所での狂犬病予防注射 いわゆる出張集合注射の現場に出向いたことがありましたが 注射が終わっておしまい 
鑑札の装着義務違反が罰金対象になると説明されていたことは 私の知る限りでは無かったと思います

開業獣医師では 時には室内飼育であれば狂犬病予防注射はしなくて良いと話されていることもあると多々聞いていました
                                       
NHKは、「地球イチバン ベルリン~」で、「ベルリンでは市街地でも大型犬が首輪リードなしでウロウロ歩きまわり」と報じていましたが、---
                                  
NHKは潔さがない


あるお方からNHKの記者を紹介されてどのようなことがお知りになりたいのか お待ちしていましたが梨の礫です
                                                    
推測ですが S,Maのブログ記事やフェイスブック記事をご覧になられたからかもしれません 
報道関係者としての役割を心得ておられるなら たとえ取材相手が気に入らなくても 一旦申し入れた事柄を理由もなく反故 放置されることには 責任感の希薄さを感じて敬意を失い残念に思います
今もご覧くださっていると思いますが NHKの記者様は どうか真の勇気を以て 断りか不服があれば何が不服で取材を放置されているのかご説明頂きたいですね
うっかり関ると さんかくたまご様の糾弾記事に触れなければならないからでしょうか?
ご自分ではさんかくたまご様のNHKにたいする糾弾をどのように感じておられるのか?
公開するなと言われれば守りますが 報道記者として社会人としての勇気か礼儀か 善意は残されていないのでしょうか?
                                        
なお、これらのことを書いた私の記事では、「大嘘記事。騙されるな」とFACEBOOKで必死で拡散している人がいました。
                                 
ならば 
大嘘記事を流す不届き者として さんかくたまご様を告発されればよいと思いますがね
                                                 
都合の悪いことはごまかしておけば 時がたてば ドイツは動物天国として信じてくれると思うのでしょうね

単に「かわいい」と「かわいそう」として詐欺師でさえも擁護してしまう人々ですから社会的正義に疎い動物あいごの連中は 小手先で操れる ドイツ礼賛で「殺処分ゼロ」が定着すると思っているのかもしれません
                                
単に「かわいい」と「かわいそう」しか言えないと侮られている方々 嘘を吹き込まれて真実を明かさないこの卑怯者の侮辱を跳ね返してみようとは思われませんか?
                                 
NHKですが、動物愛護に関して相当誤って偏向した考えの方がいらっしゃるのかもしれません。
犬の鑑識と注射票ですが、放送の時だけでも装着するべきでしょう。
国有放送が、犯罪を良しとするようではいけません。

                                
全く仰る通りだと思います
2016-4-22 文責 松田早苗

 

2016-4-21NHK飯館村の犬ジョンと飼主


最近は忙しいこともあって 午前中は殆んどラジオを聞いています
第二放送はとても良い内容ですし 映像がないので仕事をしながら聞けることもあって TVは夜しか見ないのですが 朝一に友人の情報でNHK TVを見ました
                                  
飯館村の被災犬の元の飼主様と預かりボランティアのお方の心温まるドキュメントについて 再会にいたる様子を報じていました
双方がお人柄のよいお方のようで 岡山の農村から 飯館村の元の飼主様に「ジョン」を連れて1000kmの長旅をされ 再会にこぎつかれたご様子した
被災犬を預かるお立場から 改めて譲渡を希望されて この日新しい飼主となられたとのことでした
                                 
が 私はみるところを見てしまうのですね
元の飼主様も鑑札には無関心だったご様子で 放し飼いの習慣のようでした
岡山のお方も放し飼いに対して無頓着のようでした
                                 
田舎ですから「いいじゃないか」と思われる方が多いのでしょうが 田舎も都会も法の遵守義務は同じです
                                 
況してや 所有権が移っていない 預かり犬を放されることは争いの元となることもあるでしょう
おおらかと 細心の注意を払うことは違います
                                  
被災動物のお世話をされた災害ボランティアの方にも心得て頂きたかったことですが 何処でどのような状況で救護活動をされたのか 新たに預かっていただくお方にも情報は伝えなければなりませんでした
そして 元の飼主さまも この犬に鑑札と迷子札を付けておられたなら 何処の誰が飼主であったのか もっと早く確認することができたしょう
                                 
そして オピニオンリーダーとしての役割を果たすべき使命がある公共の情報提供者たる
報道機関NHKとしての責任感が感じられないことは嘆かわしいことです
NHK
として取り上げられるのであれば「鑑札装着の義務」リードは命綱としても 社会に迷惑を及ぼさないためにも放さないことを あらかじめ話しておかれることがなければならないことでしょう
                                  
さんかくたまご様が再三触れておられるマンハイムの誤認情報
報道が間違っていない自信がおありなら さんかくたまご様を告発されるに値する程度に
厳しく追及されていますね
知らぬ顔をしていれば嵐は過ぎるとでもお考えなのでしょうか?
その報道者としての姿勢が 今回もこのような「めでたし々」だけで済まされるのでしょうか問いかけてみたくなりました
                                 
救いは 犬が幸せになれたことですが 新たな飼主様には 法廷登録を済まされて 是非とも法律の順守と 社会に対する気遣いもしていただきたく お願いしたいと思います
                                    
それが 真に動物を守ることの基本であると思うのです
                                    
タレントとして「役」を演じている犬以外は 「ソフトバンクの父犬」「わさお」「志村犬」ともに法的に鑑札の装着義務を免除されたわけではないことも 番組の責任者は心得ておいて頂きたいですね

2016年4月21日 (木)

2016-4-20九州大震災Ⅱ 人々のために


被災者の皆様は 絶え間ない 地震に想像を絶する日々を凌いでおられることと拝察します
この大災害が一時も早く収まることを祈ることしかできません
お一人でも 一匹でも多く救われますことを祈ります
                                
細やかながら郵便局で募金をさせて頂きました
「東日本大震災」の際には「兵庫県動物愛護管理推進協議会」主催の官民協働で継続的に街頭募金に立ちましたが 現居住地での動きは未定です
------------------------------------------------------------
緊急災害時には 持ち出し品等の情報はたくさんありますので省きますが 皆様は携帯電話に情報のすべてを頼っておられませんか?
もしも スマホ等のデジタル情報が使えなくなったときのために備えはされておられますか?
最低必要な緊急連絡先のアナログ情報ノートを造っておかれることをお勧めいたします
災害等でなくても携帯電話をなくしたら 公衆電話があっても電話番号を覚えていないと言う事もあります
                                 
親族 医療関係 行政機関 保険金融機関 等の電話番号控え
病歴 服薬履歴―特にアレルギー体質の方や 命に係わる なくてはならない薬品を服用されている方はその情報の明示は大切です
日常 事故等に遭遇された場合にも自らが情報の発信ができない状況におかれた場合に アナログ情報ノートを常に身に着けておられたなら 救出された方が確認され救命に大きく役立つでしょう
                                      
就寝時に手の届く範囲に屋外で着るための衣服と履物を小型のザック袋等に入れてそろえていますか?
特に寒い季節には防寒に役立つ衣類は大切です
衣服はポケットの多いものが良いですね 
ポケットにアナログ情報ノート 靴下 手袋 タオルハンカチ 紙 うす手の小さくたためるアルミシート キャンディー 黒のマジックペン(赤は脱色するので長期には役に立たないことがあります) 小さな鋏 お金を少し等を入れておかれと良いでしょう 
                                    
持ち出し品等は咄嗟には持てないこともありますから 裸に近い状況であっても 最低限度の保温や身を守る身支度が出来る物をとりあえずつかんで逃げることも想定しておくことは無駄ではないと思います
                                    
身分証明に役立つ 保険証 免許証 個人カード等の複写をラミネートシールしたものを用意しておくと 濡れても破れないので役立てるでしょう
                              
災害ボランティアに参加される方々にもお奨めしています
備えがあっても憂いはなくならないでしょうが 無いよりは良いでしよう
ご参考までにご高覧下さいますようよろしくお願いいたします

2016年4月16日 (土)

2016-4-15 さんかくたまご様コメントありがとうございました


被災地の皆様心身ともにお疲れのことと拝察いたします
神戸のあの日を思いだします
当時を振り返り 日本人の持ち前の忍耐力と穏健な生き方は他の民族よりも優れているのだと感じました
どうかこの大きな苦難の時を乗り越えてくださいませ
高齢者となりました今は 祈ることしかできませんもどかしさがありますが 日々被災地の皆様のことを心に止めて 更なる苦難が及びませんようにお祈りさせて頂きます
                                                
【日本の動物愛誤家は、さんかくたまごの粗探しに必死です。】

さんかくたまご様についての悪意あるイメージ造りに勤しむ人々は 正面から対抗できないことを承知しているからでしょうね
せっかく定着させた 彼らのあこがれの理想像を壊されたくない 真実を知らせたくない
にも関わらず実例を挙げて反論されるさんかくたまご様には正論ではかなわないことを自覚しているのでしょう
そのまま 日本の動物あいごの幼稚さの表れであろうと感じます

「殺処分ゼロ」「ノーキル」「不幸な動物を無くす」の実現を信じることはご自由ですが 現実逃避の典型でしょう
希望と言うよりも空想に浸ることで自慰行為に嵌まっているといった感があります
依存症に囚われることと似ているのかもしれません
信じたくない 信じていれば実現するという希望的観測は そう思うだけで自己満足に浸れるのかもしれません
都合の悪いことが社会に実在することは 反対する人々の責任であり それらの人々を悪意で囲ってしまえば多数決の原理が働くと思っているのでしょうか?
世界ではヒトラーがユダヤ人排斥をしたこと 日本で部落差別を生んだこともその一例かと思うのです
虚偽を訂正できない したくない その真意を問うて見たいですね
                                                  
私がくそ丁寧に思われそうな文言を使う事には 普通の動物あいごの人々が信じたくないと感じられることについて 現実をを知って頂きたいと言うよりも自覚 認識をしていただきたいためにあえて丁寧に書いています
                                                   
【真実がどうであるではなく、「最初に編集方針ありき」です。】

それは 今まで誹謗中傷の読み物(真実の報道であるとは認められないので)作文を書かれたものとしては 名ばかりの取材のその都度に感じました

真実の報道をする人のことを報道記者と言うなら 読者受けして売れることを目論む 誹謗中傷や面白読み物を書く人たちは「作家」ですね
                                          
悪意がなくても思い込みやいわゆる「がせねた」で誤認することはあると思いますが それを書いたことについての自己反省がない人々が大手を振って それらの業界を闊歩していることは 読み物として読むのか 真実を知りたくて読むのか 読む側の判断力にもかかっていると言えそうですね
間違いに気が付いた時に「謝罪 訂正 真実の再確認と広報」ができる人でなければ本当のジャーナリストとは認められませんね
このことは 一般の生活にも言えることであり 某団体の代表等 社会で「先生」と称される人々にも同様なことが言えます
                                              
恩義を忘れる人や 言動に責任を持たない人 謝罪ができない人
動物哀誤を語る人には多いですね

私はそうならないように戒めているつもりでいます
阪神・淡路大震災 『CCクロ』活動等で受けた御恩を忘れてはならないと思っています

2016年4月15日 (金)

2016-4-14九州大震災


被災地の皆様にお見舞い申し上げます
                                   
全国の動物飼育をされています皆様
いざという時のために 室内でも首輪と鑑札と迷子札を付けてやってください                         
緊急時に首輪をしている余裕はありませんし 首輪の習慣がなければ 付けられとしても違和感で落ち着かないこともあるかもしれません
リードも常に飼育頭数分を手近に置いておきましょう
小型犬や猫はリュックサックが良いこともあります
日常から緊急避難訓練をしておきましょう
嵩張る食器よりも 小型のビニール袋と紙食器を多めに非情持ち出しに入れておきましょう                   
紙食器をビニール袋で包んで使用し 使用済のビニール袋は汚物入れにも利用できます
                                 
ワクチンは効力発生までに時間が掛かりますから 未だの方は明日にでも受けておきましょう
不妊手術は集団生活をする場合にも 浮浪状況になった時に新たな不幸を防ぐためにも大切です

                                         
マイクロチップも大切ですが 鑑札と迷子札 の3点を装着されますようにしてください

マイクロチップは誰でも目視することはできませんが所有権の保護には強い味方です
特に特徴の少ない純血種は飼主の特定が難しいことがあります
                                        
マイクロチップの登録情報は 転居や飼主の変更等 常に新しく報告しておきましょう
鑑札と迷子札は誰でも目視できることが強みです
鑑札はぶら下がりよりも 首輪にタコ糸でしっかりとつけることで脱落が防げます
                                        
複数の動物がいる場合は 家族で担当を決めておくことも良いでしょう
                                        
万一どうしても同伴非難ができないときは 迷わずご自分の命を守ることに徹してください
薄情だという方もおられますが究極もっとも大切なことは人の命を守ることだと覚えておいてください
人が助かれば 後に動物を探すことも 助けることも不可能ではありませんから なすべきことは何かと言う事は しっかりと判断してください
                                       
必ず 日本のどこでも地震の被災を覚悟しなければならない状況でしょう
                                       
そのために 多頭数飼育の抑制と クレーと訓練等の躾はしておきましょう
シェルター運営の方は 脱走防止は万全であるのか 日常から対策を立てておき 周辺市民に危害が及ぶような心配のある 咬癖がある犬や 危険動物等は 収容しないこと共に緊急時には放さないことが大切です 
                                         
動物を飼育管理すると言う事は 社会に対して迷惑を極力少なくする努力が大切です
自己満足だけでは社会に多大な迷惑をかけることになります
それは動物が嫌われることにもなり 動物の敵を作ることにもつながります


2016年4月12日 (火)

2016-4-11ハーバード大学

20164210ch33


20164210ch34


20164210ch36


20164210ch41



ハーバード大学で日本に対する関心が高まっているのだそうです
                                              
成功実績の自己アピールが当然の米国で 日本企業では失敗談の自己申告を促すことで 対策を取りやすくし 以後の企業改革に資すると言う事が 発想の転換として驚かれるようです
                                              
JR
新幹線の掃除担当者たちは 当初は3Kの仕事として プライドが持ち辛い仕事として 時間的にも出来上がりとしても 満足ではない状況であったようです
JR
新幹線の清掃が時間内に手際よく進むには それなりのご苦労があったそうです


担当責任者が徹底した現場調査をされたことと 働く人々に「清掃の技術者」として自覚されるように指導されたそうです
その結果が今日の驚きの短時間内に清掃を完璧に終えられる成果となったそうです
人は仕事にプライドを持つことがいかに大切であるかという典型的な事例のようです
                                              
トヨタについても米国から迎えた重役の就任に際して成果の自己アピールよりも失敗談を求められたそうです
どんなに有能なお方でも「失敗」はあるでしょうが 「失敗」は隠すものと言う価値観から 優秀な人の失敗談だから価値があるというものの考え方には 米国等では発想がなかったのでしょう
日本では昔から「失敗は成功の母」と言われていますね
                                              
成功できるのか否かは「運」も大いにあるように感じますが 「運」は気が付かなければよい「気運」とはなり得ませんね
小さな幸せも それに気が付くことで「幸せ」と感じられるように思います
自己暗示 「私は駄目だ」と思うよりも 「此処まではやれた」と思うことはいいことだと思います
満足に浸りすぎず 不満に囚われ過ぎることもなく 「努力」はしておいた方がいいのでしょうね
                                             
ハーバード大学が世界一と評価されることの 基盤が建物 運営すべてに「最高」の設定がされた成果なのでしょう
東大ももっときれいだと良いのかもしれません
赤門だけは相当な回数潜りましたが 建物内部は汚いという印象が強くありました
日本一に相応しい清潔さと実用性が不足しているような印象があります
贅沢ではなく ゆとり 豊かさも知らずに身につくものではないでしょうか
                                              
スェーデンの個人のお宅に招かれたことがありましたが 本当に清潔で「きれい」でした
清潔で「きれい」はステータスシンボルとしても重視されるそうです
人間形成には大切な要素なのだと感じました

2016年4月11日 (月)

2016-4-9国民は幸せですか?

2016450101


2016450102


2016450103



2016-4-5
ホセ・ムヒカ(80)前ウルグアイ大統領が来日された

再放送された画面に見入ることになった
政治的な反逆者として戦われたという想像できないほどの過酷な過去の人生からは今の笑顔が別人のように思える
質素にということも失礼かと感じるほどの自己制御が徹底されている
私有財産としての所有物は小型の愛車が一台と言われるこのお方の笑顔は穏やかに自信にあふれている
ここまで清貧になれることができるのは うわべからではない 真から心が豊かなお方だからであろうとうなずけるし そのお言葉に説得力が漲る

日本にも私有財産をはたかれたという政治家がなかったわけではないが この度石原慎太郎さんが書かれた政治家「天才 田中角栄」さんは天才だとは認めるが 物欲の天才でもあったと思うし ほとんどの政治家諸氏は 物欲におぼれておられるように感じてしまう

時々頓珍漢な動物あいごを語られる「社会主義者」は億万長者と伺うし お召し物にも相当のお金がかかっているようにうかがえる
「社会主義者」を標榜して何をなさりたいのかわかりにくいが 万一社会主義が実現すれば私財のすべてを国のためにささげられるのか?
憧れの「社会主義」で 自由にふるまえる日本だから そのような主張も可能なのか?

ムヒカ前ウルグアイ大統領にはどのように映るのか お尋ねしてみたいと思うが 国民がしっかりと判断しなさいと言われるのかもしれない

米国の富豪トランプさんが欲しておられると感じられる「名誉欲」とムヒカ前ウルグアイ大統領が言葉にされる「名誉」とは違うように感じる
富豪トランプさんが大統領選挙に費やされる財を 教育のための学校や病院建設等の貧困対策に費やされるなら 消えることのない名誉と感謝が歴史に残り テロ対策としても効果があると思うが 貧乏人というにもおこがましい貧民の私のいうことでは人を動かすことはできそうにない

大富豪になれば 贅沢というよりも 心身ともに破壊する物欲に我を忘れさせられるのかもしれない
それだけの大富豪になることはまずは不可能なので ほどほどの安定した日々を感謝とともに送らせていただき ささやかな寄付をさせていただくことが せめてもの社会奉仕で 分相応に暮らさせていただけることに感謝の気持ちで一杯である

ムヒカ前ウルグアイ大統領の弁 政治家のネクタイについて各政党の党首はなんとお答えになられるのか聴いてみたい

「国民は幸せですか?」と 問われて「ハイ 幸せです」と答えられる国民が何パーセントになるのか 次回の国政調査で問うてみていただきたい

2016年4月 6日 (水)

2016-4-6神戸のさくら


久しぶりに故郷神戸へ行ってまいりました
何処も桜が満開で一人で見るのがもったいないといった思いです
7
年前に夫を連れて花見に行き 車を止めている場所がわからないでいる彼を見て「やはり」事態は悪化に向かっていると 病状を再確認することになった苦い思い出がありました
そこの桜はその日も見事に咲いていました
                                         
かつて所属していた団体の事務所があった川のほとりの桜もまた見事でした
震災で扉が開かなくなっていた事務所へ お転婆おばさん(当時はまだ花の55歳!!)は同じ並びのお宅のベランダから出させていただいて 窓をこじ開けて事務所に入りバールで入口の鉄の扉をこじ開けたことを思い出します
あの頃は皆が団結し いたわりあえていた 
無給どころか持ち出しで皆がよく働き社会からの信望も厚かった
時代は移りよくも悪くも大きく変わりました

当時も今もつまらない誹謗中傷に明け暮れている連中は変わらず同じでしたが 昨今は行政機関さえもそれらの理念なき「ノーキル」族にとらわれているようになったと感じて 私の活動した時代は過ぎたのだと思うことが多くなりました
                                         
売り払った元の自宅も見てきましたが 「売家」の掛札が仕舞われていたので 売れたのだと感じました
どんな方が住んでくださるのか----
私が設計した家なので いろいろと工夫をしていましたが 自慢はトイレにもインターホーンを取り付けていたことです
犬との共生のためにコンセントも高い位置に設定していましたが そのことがとても便利でした
好きだった「ムスカリ」と「ハナニラ」が変わらず愛らしい花を咲かせていました
土のあった生活は楽しかった
                                        
午後には亡きあいこちゃんの飼主様をお訪ねして思い出話に耳を傾けました
「満足(十分に世話をしたので)していますから 悲しいよりも安堵です」と言っておられました しかし ここにはもう1匹犬がいますのでさみしさを補えるとも言えるのでしょう
無事に看取れたことの安堵感は本当にありがたいことだと思います
                                         
その方と同じく私には かかわった動物の末路を案じることは大きな負担ですからね
そのような話に時のたつのも忘れ 長く居座って遅くに神戸を離れ 高速道路を飛ばして帰宅しました
帰ればここが「我が家」 神戸は懐かしいところ それはそれでありがたいことです

                                         

2016-4-5ストレスとボランティア活動

20164210ch09



2016-4-2
世界一受けたい授業10chでストレスを感じることは必ずしも悪いことではなく
むしろストレスをバネにすることで新たな力が生み出せると言う事を教えていました
                                        
マラソン開催中でのテロにあった人々の中で 自発的に救護活動等のボランティアをされた方々は 何もされない方々と比較して その後のPTSD-心的外傷後ストレス障害を発症される率が少なくなっていたとのことです
 
 
現役当時はストレスの無い日はなかったと感じますが 「鉄の女」と評されるほどに 自分でもストレスは仕方が無いものとしてさほどに苦にはしていなかったと思います
 
長年の信頼関係にあった相棒に68才の時にひどい仕打ちを受けた事はさすがに忘れられませんが 気の毒な方だと思うことであきらめました
 
その人はその後も捏造した悪意のある風評を流し続けているらしく ある団体の責任者の方は私には挨拶さえも避けられるようになっています
 
今更自己弁護をするつもりもなく その程度の方に誤解を解いていただくお願いも必要とは認めないので「ストレス」に苦しむこともありませんが 信頼が失われたことは残念に思うこともあります
 
 
 
新たな「ストレス」に苦しむ人を造らないために 責任者的なお方 人々の纏め役をされます方々 諍いについて 一方的な垂れ込みに囚われ判断をされることなく どうか必ず両者の言い分を聞くことに努めてご判断なさいますようにお願いいたします
 
 
 
ボランティア活動に参加されたことが心からよかったと思われるようであることを願っています
 
 
 
私は阪神・淡路大震災や『CCクロ』活動をはじめ 動物福祉の向上のために働いてくださった 多くの素晴らしいボランティア様スタッフの皆様 獣医師の先生方 行政機関の方々や業者様 飼主様に恵まれましたことに今も感謝の気持ちで一杯でございます
 
改めて心から御礼を申し上げます
 
 
 
ストレス軽減のためにもボランティア活動がよいとは言えども 働く場は吟味されますように 間違って悪徳募金の協力をさせられることの無いようにお気を付け下さいませ

2016年4月 2日 (土)

2016-4-2 さんかくたまご様コメントありがとうございました-Ⅱ


 
【ティアハイムベルリンは、業界最大手なのに年次報告書を公表していません。
長年、殺処分をそれとはなく(そもそも年次報告を公表していない)否定していました。
2013年に、殺処分の事実を隠し通せなくなり、マスメディアに殺処分をしている事実を公表しました。】
                                                             
日本のいわゆる「ティアハイム」信奉者はこの頃の情報が知識のすべてであったのではないでしょうか?
日本の某大手シェルターでも「安楽死処置」(安楽殺処置)を否定し支持者を増やしていました
当該某シェルターの裏側では 救護活動で増えた動物に困り果てて 私の所属団体が運営していたシェルターへ持ち込み「安楽死処置」(安楽殺処置)を依頼していました
                                                             
当該某シェルターは 当時はまだ活動の初期であり 参加されるボランティア確保のためには安楽死処置を公然とはできなかったからですが その窮地を助けることも 私たちは当該某シェルターを開かれるに当たり協力したこともあり 活動の先輩として かつては同じ組織の仲間であったこともあり その活動家を助けることも役割であるとして受けていました

責任者自身が 自らの当該シェルターに搬入する前に人知れず私の所属団体が運営していたシェルターへ持ち込んでいたのです
しかし その責任者は人格を問いたくなるような言動をしていました
「私の所属団体が運営していたシェルターは殺すところ 当該某シェルターは助けるところ」と公然と言い放ち その厚かましい 礼儀も良心のかけらも無い言動に失望し怒りを覚えた私の所属団体が運営していたシェルターの責任者が以後持ち込み引き取を拒否したのです
それで止むを得ず「安楽死処置」(安楽殺処置)を認めるような活動方針に切り替えたのですが
動物福祉の理論から導き出された方針であるかのような如くに世間に説明していました
この程度の人により活動がされていますが 規模は大きくなり支持者も増えているようです
社会とはそうしたものであり 正直で誠実な者が非難を受け ずるいものでも 立ち回り方で支持者を得るという事例は この当該某シェルター以外にも多々あります
                                                             
当該某シェルターのことも今では当方の言い分を信じるよりも 当方のねつ造であると言いかねないでしょう
                                                             
「ティアハイムベルリン」についても 理想のモデルとして目標としたものが 殺処分していた言う真実を今更広報することは 募金協力者の手前もしたくないと言うのが本音ではないでしょうか?
真面な活動をするほどに多くの課題にぶつかり 組織運営的にも困難が増えます
それは 自主防衛や 原発問題についても 真実を知る努力を怠り きれいなことばかりで満たそうとする ある種の「平和ボケ」と称される現象の一部のように感じます
動物愛護に関わる人々の間では 特に殺処分について知りたくない 殺さなければ「動物愛護」と思いたい人々と 知られると困る人々による操作が浸透しているように思います
知られると困る人々とは 「ティアハイム」=「殺処分ゼロ」と公報した人々です
素晴らしい指導者としてあがめられていれば 自分の知識不足や誤認か誤用は今更認めたくないでしょう
それらを認めて是正できる人であって頂きたいが 募金や名声も失うかもしれませんから触れたくはないでしょう
                                                            
【ティアハイムベルリンが殺処分ゼロなんて必死に言っている人がいるのは、ティアハイムベルリン関係者を含めて世界中で日本だけです。】
                                                             
私も知識を得る糧をさんかくたまご様等確かと信じるところに求めていますが 自らが直接探索すると言う事がなくなってきていますので 今後も知識のご提供をお願いいたします
                                                             
然程に日本は暢気な国民が多く いざとなればそんなはずではなかったとなって 自己反省よりも
「政府が悪い」 「指導者が悪い」と言うでしょうね
                                                             
私がかつて活動の基盤としていた組織も往年の日本を代表とする各老舗団体と同様に力はなくなり 上辺の饒舌な活動家がリーダーシップをとっているのが 日本の動物あいごの現状だと感じています
                                                             
何故殺処分を無くせないのかという真実を国民に知らせ 似非愛護に立ち向かう努力をしなかった報いなのでしょう

2016年4月 1日 (金)

2016-4-1さんかくたまご様コメント返信

2016-4-1さんかくたまご様コメントありがとうございました

 
日本以外の先進国は、水面下の殺処分は公的統計に現れません。

 
私は現役当時 所属団体で実施していた「安楽死処置」(安楽殺処置)頭数を公表していました

 
「安楽死処置」(安楽殺処置)でしか対応できなかった収容頭数は 日本中から寄せられた動物たちであり 批判(誹謗中傷)をしていた人々が「安楽死処置」(安楽殺処置)をさせなくても 動物を幸せに適切に収容管理できる具体策を示すことはしなかったことが 現実であり 違法行為でもなく 私たち現場では活動に責任感を以て当たっていました

 
しかし 所属団体の理事会は余計なことだと思っていたようです

 
屁理屈であろうと 低俗であろうと 批判に対して受けて立つ意志が希薄であり「世間体」を重んじたからでしょう

 
結果的に それがあたかも悪いことをしていると解されることになるとは思いつかれなかった
 
理事には実際の救護活動経験者は殆んどおられなかったからでしょう

 
批判から逃げたかったのであろうと感じました
 
 
RSPCA(
英国王立動物虐待防止協会)が「安楽死処置」(安楽殺処置)を否定されないことも 動物福祉のレベルが保てなくなることが明白であり 全てを幸せに生かすことはではないと考えられているからだと感じます

 
人為的に繁殖されている動物であればこそ 人為的な淘汰が必要となるでしょう 
 
 
 
生命の発生に関わることは 人としての責任であり 社会の中で 人も動物もより良い共生を安定的に保つためには 頭数の操作をする必要があり 虐待防止の観点からも 飼主責任として関った生命の末路を見届けることは当然のことなのです

 
しかし 飼主として一定の義務を果たしていても最後の死の確認と言うところで心理的にできない方もおられます

 
そのような方々のために その飼主責任の代行をさせていただくことが 動物に関わる活動をする者の 社会的責任であると思っています

 
動物に関わる活動をすると言う事は むやみにネグレクト保管をして 無差別譲渡でごまかすことではありません
 
 
 
行政機関は真にこの国の動物福祉を向上させたいのか たまたまかかわった職場での「仕事」をご自分の心の安らぎのために逃げるのか 経費節減に徹すればよいのか 問い直して頂きたいです
 
 
 
現状の国家の方針は 真に「殺処分ゼロ」を目指すために努力されているとはとても感じられません

 
このような現状がいつまで続くのか 議員諸氏も真剣にお考え直しをしていただきたいですね
 
 
 
終生飼育義務について
 
「動物との共生(販売者及び団体及び個人として動物の保管管理に従事する者を含めて)を始めようとする者は その関った動物の死を見届けなければならない」と法律の改正をしていただきたい

 
付帯事項として
 
「飼主自らが達成できない場合は信頼する他に委ねても良いが 必ず獣医師の証明を以て管轄行政機関へ報告しなければならない」

 
となれば 本当に行政機関で扱う動物の頭数は少なくなり公的費用の削減は実現できます

 
動物にもむやみにネグレクトを強要して苦しめることも少なくなるでしょう 

イギリスで優雅に暮らす犬たちの影には、累々たる殺処分が存在していることを日本の愛誤は知らないのか知らないふりをしているのか。 

両方だと思います

 
知らない 知りたくない 

 
その心理を巧みに?利用されているのが「殺処分ゼロ」「ノーキル」を主張している人々だと思っています

                                   2016-4-1
 文責 松田早苗

 

2016-4-1水の使い方と仕事との向き合い方


新しい家のガス給湯器が漏水していたため急遽部品交換となったが 確認に来られたメンテナンス担当会社の職員にお節介おばーさんの「お説教」
                                              
「すみません 給湯器から水が漏れているので 調べに来ました」
「近く修理しますので」と言って 調べに来られた係員は走り去った
うるさいばあさんはそれでは納得できない
前の住居ではベランダにガス給湯器が設置されていたので 漏水程度の異常であれば即発見できたが
新しいところはガス給湯器が日常は目に触れにくい裏の外壁にあるため態々確認をしなければ即異常があるとは気が付かない状況なのです
                                             
「何時どのような経過でお宅に通報がわかったのですか?」電話で問合せてみた
「新たな入居さまのお宅のガス給湯器の開栓工事に来られたガス会社からの通報でした」と
「ならば何時から漏水していたのか説明して 消費者として当面どのように対処することが良いのか助言されなければなりませんね」と当方
「止水栓コックがありますから 締めておくと良いのですが 湯が使えなくなるので言いませんでした」と
「漏水し続けることはもったいないでしょう 漏水しても止水栓コックをしめないで湯を使うことを優先するのか 開け閉めをこまめにするのかという選択肢を教えることは 企業としての社会的な使命でもありますよ 金さえ払えば水を無駄に使ってよいと言う事は無いでしょう 水は貴重な資源ですよ」と私
「年寄りの私よりも 若いあなたとあなたの子供さんのために大切なことですよ」とお説教―――
                                                 
「漏水した分の水道代も 消費者の過失でなければ企業として客からの要求がある前に負担を申し出なければなりませんね 信用にかかわりますよ」と私
「誠に申し訳ありません 以後社内教育としてこのことは学ばせて頂きます」と素直に謝罪をされた
                                                
水の使い方では 昔は無駄使いのことを「湯水のごく」と表現されたが今はそのような時代ではないはずだが 水に恵まれてきた日本ではいまだに国民感覚は「湯水のごく」水を無駄に使っていると感じている
                                               
蛇口を開けたまま電話に無中だったりしませんか?
これから暑くなったとき 渇水期なのに 洗車をしたり 道路に水撒きしていませんか?
お風呂の水を溢れさせて満足感に浸っていませんか?
                                               
私はシャワーの際にも湯が出るまでの冷水はバケツにとって利用している
食器洗いの際に流水の水量も小指の太さと決めている
動物との共生では そうでない人々よりも桁違いに多く水を利用させて頂いているから配慮は大切だと思っている
                                               
日本も水資源は管理が必要な時代であることをお忘れなく



« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック