« 2016-4-27社会の中の動物と飼主 | トップページ | 2016-4-27社会の中の動物と飼主2 »

2016年4月28日 (木)

2014年の動物愛護議連の皆さまへ

2016-4-28 
2014年の動物愛護議連の皆さまへ

それぞれの議員諸氏のその後のお立場は変化していますが信条とされますことにはお変わりなきものと拝察いたします

 

https://www.facebook.com/asuka.kaneko.357?fref=ts

 
ご多用のところ名もなき者の質問ではありますが 

このような動物虐待について 日常「殺処分ゼロ」「ノーキル」を強く世に訴えておられますみなさまの貴重なご意見を賜りますように よろしくお願いいたします

 


https://www.facebook.com/notes/%E5%BE%8C%E8%97%A4-%E4%B8%80%E5%B9%B3/%E7%8A%AC%E7%8C%AB%E3%81%AE%E6%AE%BA%E5%87%A6%E5%88%86%E3%82%BC%E3%83%AD%E3%82%92%E7%9B%AE%E6%8C%87%E3%81%99%E5%8B%95%E7%89%A9%E6%84%9B%E8%AD%B7%E8%AD%B0%E5%93%A1%E9%80%A3%E7%9B%9F%E4%BB%AE%E7%A7%B0%E7%95%A5%E7%A7%B0%E3%81%AF%E3%81%A3%E3%81%B4%E3%81%83%EF%BC%90%E3%82%BC%E3%83%AD%E8%AD%B0%E9%80%A3%E8%A8%AD%E7%AB%8B%E6%BA%96%E5%82%99%E4%BC%9A%E6%A6%82%E8%A6%812014%E5%B9%B4%EF%BC%98%E6%9C%8828%E6%97%A5%E6%9C%A8%E6%96%BC%E5%8F%82%E8%AD%B0%E9%99%A2%E8%AD%B0%E5%93%A1%E4%BC%9A%E9%A4%A8%E8%AC%9B%E5%A0%82/693760097371151?pnref=story

 


牧原秀樹環境大臣政務官

 

尾辻秀久参議院議員(自民)

 

中川俊直衆議院議員(自民)〔司会〕

 

松野頼久衆議院議員(維新・結い)
 
福島みずほ参議院議員(社民)
 
塩村あやか氏(東京都議会議員)(みんな)
 
著名人・活動団体の皆さんからのご挨拶 から

 

さとう珠緒氏(女優・タレント)
岩井俊二氏(映画監督)
ハリス鈴木清子氏(「東京都知事へ:殺処分ゼロを公約に!」キャンペーン発起人)
林太郎氏(弁護士)
藤野真紀子氏(料理研究家・元衆議院議員)

 

« 2016-4-27社会の中の動物と飼主 | トップページ | 2016-4-27社会の中の動物と飼主2 »

動物福祉」カテゴリの記事

コメント

「はっぴぃ0議連」のメンバーの方々は、そもそも最初に誤った知識があります。
例えば福島みずほ氏は「イギリスでは犬猫の売買が禁じられている」と公に発言していますし(イギリスでは免許を取得すれば生体販売ペットショップの開業はできますし、販売して良い動物種に犬猫と法律で明記しています。また現に犬猫を展示販売しているペットショップは多数あります)、国会で「ドイツ殺処分ゼロ」と発言しています(ドイツには犬の公的殺処分があり、ヘッセン州では人口比で東京の6倍もの犬を公的殺処分していました)。
塩村文夏都議は、「ドイツでは生体販売ペットショップがない」と議会で発言しています(公的統計で、ドイツyは人口比で日本よりはるかに生体販売ペットショップの数が多い)。

最初にボタンを掛け違えると、後は永遠に間違い続けます。
根本的な誤りを正さない限り、このような人たちに何を言っても無駄でしょう。

さんかくたまご様コメントありがとうございました


【根本的な誤りを正さない限り、このような人たちに何を言っても無駄でしょう。】
                                
無論承知ですが ええかっこされる方々のお名前も国民の皆様により多く知っていただくことも好いかなと思う気持ちもあります

議員様ですから 無名のおばはんの言うこと鼻で笑っておられるでしょうね 

それも想定内ですが 法律を作ることがお仕事の議員さんですからね 
「殺処分ゼロ」「いいね」と言ってはいられません
                                
当方は黙って感心しているほど楽はしてこなかったのですね

現場で苦労を重ねた分
「殺処分ゼロ」「いいね」
とても私には言えないのです
                            
「殺処分ゼロ」「いいね」をされた皆様失礼しました
そうなると信じられることが羨ましくさえ感じます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/333032/65216793

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年の動物愛護議連の皆さまへ:

« 2016-4-27社会の中の動物と飼主 | トップページ | 2016-4-27社会の中の動物と飼主2 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック