« 2015-9-27反戦平和活動と動物愛護活動は似ていると思います | トップページ | 25015-10-5 飼主責任と譲渡者責任 »

2015年9月30日 (水)

さんかくたまご様コメントありがとうございました


解りよい例えですね


【嘘情報を流し、無知蒙昧な愛誤を焚き付けている大物愛誤の意図が私には理解できません。
それが不気味です。
反社会活動を目的としているのか、利権なのか?】

社会にご自分の存在をアピールするには 動物あいごは都合の良いツールであろうかと感じています
悪徳募金にも「善意」で疑うことをされない賛同者が多数いるのが動物愛護の社会傾向です
頓珍漢な動物愛護でご高名な政治家もおられますが 政治家の多くが「ノーキル」支持をされるのも保身かなと感じることがあります


フェイスブックで意外なご意見を頂きました
以下に複写いたします

松田さんのご意見にこれまでは基本的に賛成してきましたが、この件ではまったく同意できません。国家間の関係と、人間とペットの関係は、まったく異なります。安保法制に賛成、反対を問わず、それを同一してはならないと思います。それは、松田さんが結論として言われている通り「人と動物には違いがある」からです。同時に、日本の動物、自然の良き環境を守るために、日本が戦争に参加してはなりません。

§ ------------------------------------------------------------
松田 早苗 2015-9-29コメント返信
○○様コメントありがとうございました
日頃尊敬していましたお方からこのような筋違いの批判をされるとは少なからずがっかりしています

動物と人間を同一視しないと言うことが基本であることはかねてから言い続けております

況してや国家間のことと動物のことが同じだなどと言っているつもりはございません

活動のやり方が理想ばかりに浸ることを批判しているのであって 人間社会の国家間のことと動物のことを混同していないことははっきりと書いています 

人間社会のことと動物のことは区別することはあたりまえのことして では質問ですが 我が国が侵略された場合にはどのように対処するべきでしょうか?
穏やかにわたしちが正論だと思える交渉になるとお考えですか?
そうであれば今までにもっと良心的な国家間交渉ができていたのではないでしょうか?

戦争で父を亡くしていますし 母の苦労もつぶさに見てまいりました
戦争になればよいなどと思ったことは皆無ですが そうなったときにはどうするのか?
反戦平和と言うからにはそうならないための具体策と共に そうなったときの備えをどうするのか? それに触れていないことが理想に溺れている動物あいごと似ていると言っているのです

敵意を植えつける教育が徹底されている国民が成人して いくらかの人々は国家の所業に批判されたとしても 戦いとなれば植え込まれた憎しみは残忍性を表すであろうと推測できます
「私は反戦平和を主張してきましたから撃たないでください」
と言う事が通じますか?
殺されても主義主張は曲げないとの覚悟があって「反戦」「軍備反対」と言われるなら生き方ですから何も言えません
そのような考え方ですと備えも必要ではないでしょうから「もしも」の想定も必要ないでしょう

深く考えないままに「よさそうな」という感触で「反戦」「軍備反対」と言う事をムード的に煽ることを恐れます

そのことと ムード的に「ノーキル」「殺処分ゼロ」と唱えていれば動物あいごが達成できて 人為的に殺処分される動物がいなくなると思えることはあるいは幸せなことかもしれませんが 動物は哀れです
そして 動物愛護の思想啓発に貢献しているような錯覚を持つことは似ていると言っているのです

【同時に、日本の動物、自然の良き環境を守るために、日本が戦争に参加してはなりません。】
誰もおそらく特別な戦争大好き人間以外は戦争に参加したいとは思っていないと確信しています
「日本の動物、自然の良き環境を守るために」何をなすべきかの具体策と 空想ではない実現可能な対処の方法を教えてください
そこが抜け落ちたままで「安保法制」反対と言われることには参道できません
無論 「安保法制」の成立過程のすべてが良かったとは言いませんが そうならざるを得ないほどに理論的な批判がなかったと感じています
生意気なことを申し上げてすみませんが ここは譲れない基本ですのでごめんください

コメントを投稿できませんでした もう一度実行

 

------------------------------------------------------------

 

 

 

« 2015-9-27反戦平和活動と動物愛護活動は似ていると思います | トップページ | 25015-10-5 飼主責任と譲渡者責任 »

動物福祉」カテゴリの記事

コメント

「日本が戦争に参加してはなりません」。
「活動のやり方が理想ばかりに浸ることを批判している」。

松田様のおっしゃるとおりだと思います。
前回コメントで述べた通り、自衛と攻撃は根本的に異なります。
国家間も、人社会も同じです。
「誰もが善人で、泥棒や強盗をする人はゼロである」のは理想です。
しかし理想と現実は異なります。
いつでも玄関のドアや窓は開けっ放しで、鍵すらない家と、厳重に鍵をかけて防犯カメラや警備会社と契約している家と、どちらが犯罪被害に遭う確率が高いでしょうか。
明らかに泥棒や強盗は、押し入りやすい家=前者、を狙うでしょう。
強盗が押入れば、防戦して相手を殺傷したり、自分が殺傷される可能性があります。
それよりも、戸締りを厳重にして、防犯設備などで未然に強盗などの侵入を防ぐほうが被害はむしろ少なくなるのではないでしょうか。
日本の軍備を否定する人は「家の窓や玄関をいつも開けっ放しにして鍵も付けず、『私は善良です』ということをアピールしたほうが強盗などの犯罪に遭わない。むしろ防犯機器など設置するのは、犯罪者の反感を買い、犯罪に遭う確率が高くなる」と言っているのと同じです。

防犯機器や警備会社と契約するのは、お金がかかります。
そのお金を趣味や子供の教育費等に充当する方が良いに決まっています。
「防犯対策をしない方が犯罪に遭わない」のならば。
国家レベルでも、軍備をしないほうが他国から攻撃を受ける可能性が低くなるのであれば、大変お金がかかる軍備よりも、福祉や教育に予算を使ったほうが良いに決まっています。
ましてや日本の財政は、危機的なほど厳しいのですから。

なお、私はウヨクでも在特会でもありません。
保守ではありません。
むしろリベラルなところがあります。
例えば、夫婦別姓を強く支持しています。
今まで法律婚をしなかったのは、日本の戸籍法がかなり大きな原因です。
私はウヨク、サヨクのどちらでもないです。
プラグマティスト=現実主義者。
政治的イデオロギーはありません。

2015-9-9さんかくたまご様返信
さんかくたまご様のご意見に賛同いたします
先にも返信を試みたのですが 転宅後のネット環境が良くないのか 屡エンストしています
遅くなりましたことごめんください

そもそも 戦争等の紛争のほとんどは貧困が大きな原因であると思います
莫大な戦費のすべてを無償と言わずとも 貧困にあえぐ人々の救済へ活用できるなら平和の維持はもう少しは楽になるでしょうね
しかし 人間は知恵の使い方を間違うことが常態化していますね
戦争にならなければ 戦争の苦しみを想像しない
反戦と言っていれば平和が維持できるものではないことも 世界が証明しています
戦争さえしていれば食にありつける 食べるために戦士となることの悲劇は有り余った食物を捨てている人々には理解できないことでしょう

憎しみを植え付けられて 考え方が違えば殺せと そのように信じ込まされた教育しか受けられなかった子供たちが育ち 殺すことで教えを実践していると思う事しか考えがない人々とどのように冷静に話すことができるのでしょう

他方で 反戦平和と言っている人々がどれだけ 貧困救済に寄付をされているのでしょうか?
食べ残して捨てても大した罪悪感もなく育っている我が国の若い人々を見ていても 国際問題には大して関心がないのだ゛と感じさせられます
私たちの世代では 蜜柑の傷んだ一袋は捨てても 食べられる他の部分まですべてを捨て去るという発想はありません
しかし 今の若い人々は傷んだ一袋のために一個の蜜柑を捨てています
反戦平和と言う前に あなたの価値観を変えてくださいと言いたいですね

さんかくたまご様に負けず劣らずと言いたい程度に 私は思想の方よりは嫌いです
右翼も左翼も 極端な考えは嫌いです
どちら付かずと言う事でもなく 吾信念に生きる

清く 正しく 美しく
笑われそうですが 残り少ない余生はそのように生きたいと思います

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/333032/61832000

この記事へのトラックバック一覧です: さんかくたまご様コメントありがとうございました:

« 2015-9-27反戦平和活動と動物愛護活動は似ていると思います | トップページ | 25015-10-5 飼主責任と譲渡者責任 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック