« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月26日 (日)

7/25 引っ越し騒動記


切羽詰っているのに まだまだ出てくる書類の山にうんざりとしている所で うれしい助っ人がご夫妻で駆けつけてくださいました

有り難くて 後光が差しているようです

書籍の箱詰めから 書類の選り分け 処分の量もなみなみならずですが 車満載で持ち帰ってくださいました

後輩の皆様にこんなに助けていただけることはありがたい限りです
苦楽を共にさせて頂いたご縁ではありますが こんなところでこれほどのお世話を受けさせていただけるとは 信頼を託せる方々とのよきご縁に恵まれたことに感謝の気持ちで一杯でございます

漸く荷物出しのめどが付きそうです

助けてくださった皆様 お手伝いのお声掛けをして頂いた皆様 心から感謝いたします ありがとうございました

ドッコイさんの移転にもいろいろと苦労しましたが 関係各位と親族の協力もあって こちらも見通しがついてまいりました

お人のお世話にならずには生きられませんね

若き日の引っ越しで これほどたいそうに感じたことは無かったのですが この度は 自分自身が高齢者 介護保険の矛盾等 付随する問題に立ち向かう気力も必要で これもまた大変でしたが ここでも皆様に助けられました

皆様のご協力 ご声援に感謝の気持ちで一杯でございます
 
しばらくは ご無礼が続きますが ごめんくださいませ
 
暑さきびしい日々ですが 皆様もお体をお大切になさってくださいませ

2015年7月21日 (火)

2015-7-20 故グラシアニ夫人ご命日

現在の社会の中ではほとんどの人々に知られてはいないでしょうが 現麻生太郎副総理の母上様であられた 故麻生和子さま 故相馬雪香先生らと共に戦後の日本の動物福祉活動の基礎を築かれたお一人として忘れてはならないお方です

特に 関東から 関西に移られて 関西での実活動に大きな足跡を残されました
今日 そのご業績を受け継ぎ 動物福祉の考え方は若い方々につながっていると感じております

一人静かに故人を偲んでおります

今年は墓前にお参りする機会が作れないままにご命日を迎えましたが 引っ越しの荷の中に 私の父母の写真と共に 夫人のお写真も大切に荷造りしております
感謝をこめてご冥福をお祈りいたします

何から手を付けようかと言う有様の中で少しずつ引っ越しの段取りが進んでいます
ブログも フェイスブックも休眠状況ですが あしからずごめんくださいませ

不可解募金についてのコメントがいろいろと書き込まれております
ご参考までにご高覧下さいますようよろしくお願いいたします

若い方々を悩ませるこのような活動のあり方は 動物救済の活動としての社会的評価にも影響すると思います

今はそれらのことに時間を割く余裕がありませんが落ち着いたら 調べようと思っています
皆様もこのような募金活動について 関心を寄せて頂きたいと存じます

故麻生和子さま 故相馬雪香先生らと共に 故グラシアニ夫人も富豪ではありましたが 惜しみなく私費を投じられて動物福祉の向上のみならず 社会のためにご尽力をいただきました
不可解募金について 日本人のモラルの低下を きっと嘆かれることでしょう

2015年7月16日 (木)

2015-7-15 転宅の準備


 
今日7/15は朝から 心から信頼できるお二人の若い方が我が家に来てくださいました

積年の活動の記録の大半を 2台の車満載で持ち帰っていただきました

高速シュレッダーにかけて頂き お役に立ちそうな資料集は活用していただける事となり 安堵いたしました

暑い最中 ご多用にもかかわらずご遠方から来ていただき感謝の気持ちで一杯でございます

 

自分では廃棄することに迷いが出る思い出が詰まった資料集ですが 終活のためにはしなければならないことなので ようやく過去との決別が始められそうです

 

阪神・淡路大震災から『CCクロ』立ち上げ 家族の病気 整理もままならないままに埃に埋もれていましたから役に立てていたともいえないものでした

 

2台の車が満杯でしたが それでもまだ全部が片付いてはいないので もう一塊整理しなければなりません

 

昨日7/14にも親しいお方に 転居のご挨拶をさせて頂き一歩ずつ歩を進めています

明日7/16には10年くらいも前にご一緒させて頂いた町自治会の当番役員だった方々で 任意のグループを作っていたのですが その方々が送別会をしてくださるとのこと

年に1-2度寄り合ってたわいもないおしゃべりをして楽しませていただいていましたがとてもうれしいことです

 

現在ある荷物を全て持ち出すのではない より分けた物だけの引っ越しは予想以上に大変です

 

残して行くものが足場を妨げるので 当日の荷物だしの際の足場の確保をしなければならず難航しています

 

本当に今年 転居の決意をしていて正解であったと思っています

年々 心身共に衰えますから 捨てることにももっと抵抗するかもしれません

【成るようになる 成るようにしかならない–s,ma

皆様に助けられて感謝の気持ちで一杯でございます

2015年7月12日 (日)

2015-7-11 社会の中の仕事s


 
引っ越しの見積もりをして頂きました

30万円と8万円

8万円の業者さんの方が 真面な印象です

世の中 ネットCMが派手なところはチトばかり???

何事も 地道にしておられて 真面目なところ好いですね

 

動物の活動も然り

地道に必要な活動をされているところは 資金にご苦労が多く ボキン ボキンと鳴く盗りの所には たくさん集まるのも情けない話です

 

高額所得者 不労所得に近い悪徳募金 税務署は目をつけられないのでしょうかね?

 

TV CMの派手なところ 高いだけで売り手の誠意が感じられない商品があります クレームの対応も誠意が感じられないですね

 

只ですと謳いながら 送られて着た無料のものは 単に自社のCM程度 付録で同梱されている 有償の商品が目論みとなっているよう

金払えの催促に CMに偽りありと答えたら 送り返せと そんな手間約束外です

必要ならいつでも返納するから取りに来なさい と言ったが1年間は催促のハガキが来ていました

その後はあきらめたようです 商品は手元にありますが 催促もしなくなりました

大概の消費者は支払うのでしょうかね

 

CMタレントも普通の時間給とは比較できない高額な出演料を受け取られているでしょうから 売り手としての責任の一端があると思います

 

何時か 化粧品被害の時にも触れましたが あのタレントその後も他のCMに出ていましたし 彼ら彼女らには責任感などないのでしょうね

 

出演料が被害者に寄付されるくらいのペナルティーがあっていいはずです

 

誠実に仕事をされる方々に 正当な報いがありますように

不当な行いには 国民がかしこくなる意外に 是正の方法がないのでしょうね

 

彼の怪しげな「募金」いつかはしっかりと調べようと思います

被害者的な方が出でいることが分かったのですから 放置はできないですね

 

今すぐとはゆかないもどかしさはありますが ごめんください

2015年7月10日 (金)

フェイスブックから転載


皆さんご覧下りありがとうございます

5月に思いついた自宅の売却が進み月末には転居となり てんやわんやとなっています
皆様のコメントにお応えできず申し訳ありません ごめんください
多くの方々にシェアいただいて感謝の気持ちで一杯でございます

書きたいことはたくさんあるのですが 今は自宅の整理に追われています

ネグレクト展示動物についての当該行政機関からご返事を頂いていますが怒りよりも情けない この程度に動物行政が進められていることががっかりとしていますが 再度行政機関との交渉をお願いはしたものの 当方の事情で延期となってしまいました 
その間にも動物は劣悪処遇にさらされているのです
申し訳なさで辛いです

不可解な募金についての 募金に立っていたとされます当事者様からのご投稿を頂いています
知るほどにこれもまた 情けない
情けないと言うのは ご投稿者様ではなく募金責任者です

http://S-ma.cocolog-nifty.com/
ご参考までにご高覧いただければと存じます
投稿された方々のお心が傷つかないように 個人攻撃はしないで上げてくださいませ 勇気に対して感謝の気持ちで一杯でございます

動物はこれらの拝金主義者の犠牲にされていますが 元をただせばのんきな動物愛好家にも大いに責任があることです

動物を苦しめているのは 事なかれの 自己愛に溺れている動物愛好家と言って過言ではないでしょう
政治家にも大いに責任がありますね

しばらく コメント返信が遅れますがごめんください

ブログへご投稿くださった「さんかくたまご様」「さんご様」「もも様」ありがとうございました
さんかくたまご様にはご回答にもご協力いただきありがとうございました

少しずつお答えさせて頂きますので ごめんくださいね

2015年7月 7日 (火)

2015-7-6兵庫県神戸市三宮駅前での動物救済を名乗る募金

万全とは言えないでしようがこれくらいはしていただきたいですね

2015年7月 1日 (水)

2015-6-30ありがたいお電話


 
今日はとてもうれしいことがありました

 

次世代を担う若い人々がこれからの時代を創世されることが適切であるという考えから 高齢者となった自分が意見を述べることは私的な立場でするべきと思い

今春 公的な委員を退任いたしましたが あるお方からそのことで改めて丁寧な労いのお言葉をいただきました

 

歯に衣を着せない率直発言をしてまいりましたが 受け止めてくださるお方がおられたことはそれだけでも十分にありがたいことですと答えさせていただきました

 

私は常に獣医師と言うお仕事が誰のためにされているのかと 問いかけてまいりました

行政獣医師は行政官であると同時に獣医師であり 獣医師免許に恥じない仕事をしていただきたいと申し上げてまいりました

開業獣医師であれば 飼主のためにも 社会のためにも配慮がお出来になれること 動物さえ助ければよいと言うことではなく 付随する問題にも関心を持っていただけるような考え方を持って頂きたいとお話させて頂いてきました

 

若い皆様も 人にも動物にも誠実であること 自分に恥じない仕事であっていただきたい

私にできることは惜しみなくさせて頂けたと自負していますので 悔いのない現役引退であると申し上げました

多くの方々に支えられましたことに 心から感謝いたします

今後は 感じたこと 聞いていただきたいことは 私的に発信させていただくつもりです

今後共に皆様とのきずなを 保たせていただけますようお願い申し上げます

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック