« 2015-5-12inさんかくたまご様奄美猫事情+ ドイツ事情FNN報道 | トップページ | 2015-5-16S,Maコメント »

2015年5月16日 (土)

耳切虐待2015-5-15S,Maコメント

2015-5-15S,Maコメント
 
【耳切虐待様

不妊去勢せずに、ミミカットだけした猫については、私が広島の「地域猫同盟」に関して記事にしています。
 
動画や写真を見ると、切り口がギザギザになっており、おそらく素人が切った後に化膿して組織がボロボロになったんだと思います。
 
獣医師がカットした場合は、切り口が綺麗です。
 
耳だけカットした猫は、神戸市や西宮市でも発見されていると、私はブログコメントで情報をいただいています。】

此処までされると言葉を失いますね
 
広島の行政機関はどのような情報をつかんでおられるのでしよう?
明らかな動物虐待として告発される必要がありますね

餌付けに関わる人々の考え方が理解できませんね
 
猫を虐めたくてやっているとしか考えられない行為ですね
 
「地域ねこ」提唱者はこれらの実情をどのように判断し 指導されるのでしょうね
 
「地域ねこ」提唱者には これらの行為に対して 指導をしなければならない義務があると思います
 
ペット法学会様はどのようなご判断をされるのでしょうね
文責 松田早苗

« 2015-5-12inさんかくたまご様奄美猫事情+ ドイツ事情FNN報道 | トップページ | 2015-5-16S,Maコメント »

動物福祉」カテゴリの記事

コメント

すいません、↑のコメントをしたのは私です。
タイトルとHNを忘れました。

広島の、耳カット不妊去勢偽装は、自称地域猫活動をしている団体が活動している地域で、耳カットをした妊娠猫が多数発見され、それが動画でアップされているものが多数あることが根拠です。
それらの動画は、今でも公開されていると思います。
切断面がギザギザで、切断で鋭利な刃物を使用していないか、後に化膿したのだと思います。

ここまでやるかとも思いますが、地域猫の醜聞ですね。
以前から私は「耳カットしているのに、立派なタ○タ○をつけた猫を多数見る(大阪鶴見緑地や大阪堺市)という報告を受けていました。
私は「去勢は陰嚢を残すので、去勢していないように見えるのでは」とお答えしていました。
でも、「去勢していないのは間違いない」というお返事でした。
私はその時は、「まさか」と思いましたけどね。

追記)

広島県で、耳カットの妊娠猫が多数発見された公園があある場所は、府中町です。
私は府中町に、この地域での「地域猫活動」について、電話でお尋ねしたことがあります。
その時は府中町の職員(「地域猫活動」が行われている公園管理者)は、「当公園では野良猫へのえさやりを禁じているし、当町では地域猫制度はない(当時)。だから当町の指導の範疇ではない」とのお返事をいただきました。
しかしその後、その自称地域猫グループが近隣住民や警察とトラブルを起こすようになりました。
その仲裁?者として現れたのが、某公益財団法人である、動物愛護団体です。
その後は、府中町は一転して「当町では、野良猫への餌やりを禁じているわけではない」と一転しました。
それは私が確認したわけではなく、府中町の住民の方です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/333032/60014365

この記事へのトラックバック一覧です: 耳切虐待2015-5-15S,Maコメント:

« 2015-5-12inさんかくたまご様奄美猫事情+ ドイツ事情FNN報道 | トップページ | 2015-5-16S,Maコメント »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック