« 2015-4-20自然の成り行き | トップページ | 2015-4-26さんかくたまご様コメント返信 »

2015年4月26日 (日)

2015-4-25志村けんさんの犬鑑札

 何時もは見てないが 鑑札がなさそうな画像が目に留まって注目しました

どう見ても「鑑札」付けていないように映ります

例え一コマでも鑑札の装着が明らかになるポーズで明示しておくことが必要です

どのような場面でも 
有名人ならば「鑑札」は明らかに目につくように提示して頂きたい

 

 撮影場所は沖縄らしいが 狂犬病予防法の登録地がどこなのか?

もしも 装着していなければ当該行政機関は

狂犬病予防法違反で指導されるべきと思います


 
好ましいことばかりの動物番組とは感じられないが
 
人気はあるそうですから そのくらいの責任感は持って当然でしょう
20154252


20154255


20154257
20154251

 

 

 

...

 

撮影場所は沖縄らしいが 狂犬病予防法の登録地がどこなのか?
もしも 装着していなければ当該行政機関は狂犬病予防法違反で指導されるべきと思います
好ましいことばかりの動物番組とは感じられないが 人気はあるそうですから そのくらいの責任感は持って当然でしょう

 

« 2015-4-20自然の成り行き | トップページ | 2015-4-26さんかくたまご様コメント返信 »

動物福祉」カテゴリの記事

コメント

国有放送のNHKが、「犬は首輪なし(当然鑑識はつけられない)、ノーリードが動物愛護に適い、犬を大事にしていることである」という趣旨の番組を制作していますから。
「地球イチバン ベルリン」で検索してください。
この番組の内容は、ほぼすべてが嘘です。
私は数十回メールを送り、嘘を指摘しましたが、まだ指摘しきれていない事柄があります。
例えば、犬を散歩に出さない虐待者の摘発ですが、これは犬税無登録の摘発です。
ライヒを絶賛していましたが、本国ドイツでは、ネオナチじゃないかと危険視されます。
ナリスでの動物保護政策の理論的支柱ですが、動物の地位を高めて相対的に異民族の地位を貶め、ユダヤ人虐殺につながったというのが現代ドイツ法での解釈です。
連邦省令・規則を条例と紹介したり、この番組の関係者のドイツ語は、全入大学卒の第二外国語レベルにも達していません。

「ベルリンでは大型犬でもノーリードと首輪なしが認められ、市街地でもウロウロ~」。
今ベルリンは、犬の咬傷事故の深刻化で、リードなしは厳しく取り締まられています。
市街地では1m以内、それ以外では2m以内と定められています。
またベルリン州法では、「犬は必ず首輪を装着し、飼い主明示をすること」が義務付けられ、違反者は刑事罰の対象です。
犬税法では、犬税登録済みの鑑識を必ず装着し、警察官に求められたならば提示しなければならないとされています。

この番組を受けた無知蒙昧が、「犬の先進的で愛犬家の飼い方は首輪リードなしで、人ごみでも放し飼いすること。それが良いこと、素晴らしいこと」と勘違いします。
本当にひどすぎる番組です。

私は個人的には「可愛い」だけを煽る動物番組に対して危惧を感じています。

視聴率が大事なのはわかりますが、公共の財産である
電波をテレビ局は独占的に使えるのですから
動物に関わるには管理責任についても意識できる放送をしていただきたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/333032/59775173

この記事へのトラックバック一覧です: 2015-4-25志村けんさんの犬鑑札:

« 2015-4-20自然の成り行き | トップページ | 2015-4-26さんかくたまご様コメント返信 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック