« 2015-2-476歳となりました | トップページ | 2015-2-9 滋賀県モール内動物園  »

2015年2月 5日 (木)

2015-2-5藤村晃子氏の対談 から

2015-2-5藤村晃子氏の対談
http://rickson-cast.info/pro-bodyguard/

 

ご参考までにご高覧いただければと存じます


 
藤村晃子氏の対談が誇らしそうに掲載されています
 http://rickson-cast.info/pro-bodyguard/

 

この対談を聞かせていただいて社会の矛盾を改めて感じます


 
 2011/6(アーカイブ原稿参照)以来 藤村晃子氏を糾弾していますが 何らの反省も 謝罪も 悪意に満ちた誤情報公開に対する訂正さえもないのです

対話中で当人の弁に「(犯罪行為の)背景に何があるのか-犯罪と言う意識か 悪いという意識が全くない---環境が何か影響を与えている ―――人に対して何をしたらよいのか大きく学べるチャンス―-どんなに悪いことをしたのか―-反省する機会を得る―――頭が痛い--- 」語る言葉の一つづつを藤村晃子氏に当てはめて見直しますと滑稽な感さえあります
 
あらぬ誹謗中傷をした当人が その非を認められず 人の心を虐待しておいて団体名「The Nippon SPCA(非営利一般社団法人日本動物虐待防止協会/代表:藤村晃子)」は滑稽ではないでしょうか?
背景に何があるのか
このような価値観をもたれるに至った「
背景に何があるのか」と問いたいです

「犯罪と言う意識か 悪いという意識が全くない」「環境が何か影響を与えている

藤村晃子氏自身がされた行為にも「犯罪と言う意識か 悪いという意識が全くない」と言えます

 
この人を取り巻く 芸能関係者や 一部の政治家によるのか 環境が何か影響を与えている」と感じます

人に対して何をしたらよいのか大きく学べるチャンス

この人には謝罪の機会は十分にありましたが 何事もなかったかのような素振りで沈黙を通しています

当に 「
人に対して何をしたらよいのか大きく学べるチャンス」があったにも関わらず

その機会をつかもうとはしなかったばかりか 同じタイプの生き方としか思えない人々との

交流はこの
藤村晃子氏に悪事は時がたてば逃げ切れると教えたのか 

自らが学んだようです

http://ameblo.jp/73akiko/entry-11978316481.html

藤村晃子氏のブログです

当ブログの免責事項について
※当ブログは、掲載された情報については、充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。当サイトの利用で起きた、いかなる結果について、一切責任を負わないものとします。内容の真偽について最終的ご判断は、各々個人でお願いします。

これが堂々とかける神経は大したものです 無神経なのでしょう
普通の社会人としての常識は通用しないでしょうが それを知ってか知らずか 対談をされる人もあり 支援者もあり 世の中不思議がいっぱいです

文責 松田早苗

 

« 2015-2-476歳となりました | トップページ | 2015-2-9 滋賀県モール内動物園  »

動物福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/333032/58832798

この記事へのトラックバック一覧です: 2015-2-5藤村晃子氏の対談 から:

« 2015-2-476歳となりました | トップページ | 2015-2-9 滋賀県モール内動物園  »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック