« 2014-8-28 嘘つきAA 様返信S,Maコメント | トップページ | 2014-9-4 ご報告とお詫びとお願い »

2014年8月29日 (金)

2014-8-28 S,Maコメント返信

さんかくたまご様コメントありがとうございました

【譲渡する側からすれば「適正譲渡」であり、譲渡を受ける側、飼育する側では「適正飼育」です。
それがペットが人間社会に受け入れられ共存する唯一の手段です。】

私も長年この考え方を広めるために努力してまいりました

メディアの凋落ぶりには本当に困りますね
「新聞に書いてあった」「TVで言ってた」とまだ々信頼している人々がおられますからね

意識的に悪用する輩もいますでしょうしね

井上弥生さんや藤村晃子さんたちが持ち出した週刊誌のこともそうだと思います

適正譲渡と 「安楽死処置」(安楽殺処置)は並行して場に応じて使い分けなければ 余剰動物があふれている現状の中で 無残に動物を見捨てることになります

「動物福祉」は言葉としておかしいと発言している井上弥生さんには理解できないことでしょうが 東京から不幸な犬猫をゼロにする活動もまた 思い上がりか 無責任か 無知か
全てか 人々を惑わす困った活動です

新しい読者様からコメントを頂いていますが 少しずつでも意見を述べていただけることはとてもありがたいことです

皆様もご意見をお寄せくださいますようによろしくお願いいたします
申し上げるまでもないとは思いますが 捏造 誹謗中傷 罵倒 はご遠慮願います

さんかくたまご様 新しい情報を教えてくださいませ
よろしくお願いいたします

« 2014-8-28 嘘つきAA 様返信S,Maコメント | トップページ | 2014-9-4 ご報告とお詫びとお願い »

動物福祉」カテゴリの記事

コメント

メディア、それも大手だったり国有だったりすれば、無条件で信じる人が大多数でしょう。
私は、メディアの情報が必ずしも正しくはないということを身にしみて知っています。
阪神の地震で被災したマンションの理事長をしていましたが、建て替え、補修で10年紛糾しました。
全国紙とNHKが取材に訪れましたが、真実とは全く異なる報道をされました。
30年近く昔のことですが、さることで写真週刊誌に隠し撮りされて記事にされました。
その内容も、全く信じられない捏造記事でした。

そのような経験がありますから、私は、メディアの情報がいかに信用できないかということを知っています。
しかし私は、例外でしょう。
上記のような経験がなければ、無条件にメディアが提供する情報を信用するかもしれません。

動物愛護、特に海外情報では、メディアの「捏造」は特にひどい分野です。
さらに政党(公明党など)や、政治家や行政担当者が海外視察などと称して、はたまた大手企業の広報が「ドイツでは殺処分ゼロ」などと言っているわけですから、どうしようもありません。
それらの嘘情報が、どれほど日本の動物愛護を歪めているか計り知れないです。
一個人が真実を伝えても、たかが効果はしれています。
しかし、「アイゴ」思想で舞い上がっている方々には、冷静になっていただきたいですね。
例えば「殺処分ゼロ」は、人口8,300万人、犬550万、猫800万以上の飼育数がある国でありえるのでしょうか。
「ドイツは犬がノーリードでどこでも許される」は、例えば小さなお子さんを持つ親御さんが、屈強なドーベルマンがリードもなしでウロウロすることを許容するのでしょうか。
またそのような犬が、銀座の歩行者天国でウロウロ出来るのでしょうか。
正常な知能があれば、「おかしい」と感じるはずです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/333032/57215553

この記事へのトラックバック一覧です: 2014-8-28 S,Maコメント返信:

« 2014-8-28 嘘つきAA 様返信S,Maコメント | トップページ | 2014-9-4 ご報告とお詫びとお願い »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック