« 2014-7-28in U先生コメント返信 | トップページ | 2014-7-31さんかくたまご様S,Ma返信 »

2014年7月31日 (木)

7/30「ブッチ」の命日です

050331_0834_000jpg

ミニシェルター当時に母犬と5-6匹の子犬が三木方面から連れてこられた犬でした

手元に残したこの1匹が実に優しい犬に成長し 私の救護活動をよく助けてくれました

犬も猫も健康はつらつでやってくる動物はほとんどなくて 怪我や病気で怯えきっていた犬猫が多くて 人をさけるために 慣れるのに時間がかかるとき 必ず「ブッチ」が寄り添ってくれました
 
優しさのオーラが出ていたのでしょうね
 
♂でラブMIXのようでしたが 大人も子供も 犬も猫も 我が家に来てすぐに「ブッチ」のそばへ行き体をくっつけていました
 
不思議な力のある犬でした
 
晩年は「チビクロ」と仲良く過ごしていましたので 「ブッチ」が永眠した時には「チビクロ」は遺体のそばを離れず 起きてくるのを待っているように覗き込んでいました

この写真に移っている 「トマトの笛付のボール」がお気に入りで 夫によく遊んでもらっていました

その夫も人間界から仙人界に移った時 「ブッチ」の「トマトの笛付のボール」をホームへ届けてやりました
 
ほとんどのことを忘れても この「トマトの笛付のボール」だけは自室に飾って大切にしています

私たち夫婦の人生を変えた動物たちと過ごした日々は 今は思い出の中に閉じられていますが ページをめくると鮮明に蘇ります

「タロー」に始まって「チビクロ」で終わった 悔いなき救護活動の日々でした

支えてくださった多くの方々と夫に 改めて感謝いたします

「ブッチ」 ありがとう 忘れないからね 安らかに   飼主から感謝をこめて 

« 2014-7-28in U先生コメント返信 | トップページ | 2014-7-31さんかくたまご様S,Ma返信 »

動物福祉」カテゴリの記事

コメント

私の親は、趣味で犬のブリーダーをしていました。
コッカースパニエルで、先天的に足に障害のある仔が生まれました。
母親の実家に引き取ってもらったのですが、その犬は20年以上生きました。
死ぬ数年前は、白内障で目が見えず、ボケも来て、飼い主にも歯のない口で噛み付くなど大変でした。
母親の実家は、その犬を最期まで見とった苦労が身にしみて、その後はペットを一切飼っていません。

私は、事情があって、飼えなくなったチンチラ種の猫を20歳以上まで飼って、最期を看取りました。
死ぬ数週間前は、トイレをまたぐことができず粗相をしました。
マグロの刺身を細かく刻んで与え、水はスポイドで飲ませました。
ペットを飼うことは、大きな喜びを得る反面、責任も重いです。

「終生飼育」「ノーキル」を軽々しく口にする人たちは、それがどれだけ大変なことかわかっているのでしょうか。
そのようなことを言う人に限って、勝手地域猫や無法餌やりだったりします。
ペットの最期まで見取るのも、適正飼育だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/333032/56947099

この記事へのトラックバック一覧です: 7/30「ブッチ」の命日です:

« 2014-7-28in U先生コメント返信 | トップページ | 2014-7-31さんかくたまご様S,Ma返信 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック