« 2014-5-5電話相談から | トップページ | 2014-5-7自然の力はすごい »

2014年5月 7日 (水)

2014-5-6生と死

朝からハット神戸で映画「ネイチャー」を鑑賞してきました
休日のため子供連れの家族でロビーはごった返していた

度々TVの画面で見ていた映像がスクリーンに大迫力で再現されたというものですが映像は素晴らしかった

生と死

いのちを授かったすべての生物が 生きることにおいて避けられない「死」

残酷に死にゆく野生生物の宿命は哀れだが その犠牲が他の生命を生かすことになる

生物が生きるためには 食料となる生物が必要であり致し方のないこと

一頭の犠牲で他の群れの仲間が逃げられ 生き延びられる
その「犠牲となる一頭」に何時どの個体がなるのかは偶然が決める

人においても 屡 偶然が命を救い 偶然が他の命を奪う

自分にあてはめて「死」そのものは然したる恐怖はない
この年であることが大きな要因ではあるが いかに死に至るかが問題であり 「死」を迎えるにあたっては苦痛のないことを祈るばかりだ

他の「命」を管理しなければならない宿命を背負わされた「人」

過酷な宿命を与えられたものだと思う

全ての生命は「命」の終わるときは安らかであってほしいと切に願う

« 2014-5-5電話相談から | トップページ | 2014-5-7自然の力はすごい »

動物福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/333032/56092444

この記事へのトラックバック一覧です: 2014-5-6生と死:

« 2014-5-5電話相談から | トップページ | 2014-5-7自然の力はすごい »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック