« 2013-10-26「ペール ブルー ドット」 | トップページ | 2013-11-2 「動物愛護団体」の定義 »

2013年10月30日 (水)

2013-10-30 ナビ


 
優子さんの陶芸展を見せていただいた

やはり いつもながらに感心する出来栄えだった

 

前回三田へ行ったコースと違うコースを走った

こんなコース選びもあったのかと思いつつ走った

目的地は同じだが 車が違うとナビが最新になっているようだ

走行距離も短縮していた

ナビも当てにならないものがあって 最初に設定したコースは意地でも?走らせてやるという感じで 途中で勝手に選んだ道を走ると遠回りをさせても決められたコースへ戻らせようとする

やたらと有料道路へ連れてゆきたがるし コースの選択はうっかりとはしていられない

設定する企業がもうけさせ(給油と有料道路の)主義なのか?

国家的な視点で エネルギーと時間の節約に配慮されるような設定にはならないのかと 不満と疑問がぬぐえない

 

コースを変えたら面倒でも 新たに目的地設定をすることにしている

道路はどんどん新しくなっても ナビが確認していなければ新しい道路へは誘導してくれない したがって結果的に遠回りをさせられることがある

 

人生のナビも 時代や状況に応じて入れなおすことも必要だと感じる

人生は最短距離でなくてもよいが 迂回は面白くなければ時間の浪費となる

人生にナビがあるのか 必要があるのか 自分では決められない大きな力に誘導されているように感じる

宿命論者の感じ方だろうか?

良きアドバイザーに恵まれることもコース設定には大切なことかもしれないが 最後は自らが選ぶコースを歩むことになるのか 流されたままに人生を終えるのか やはり 宿命を感じてしまう 

 

本日の全走行距離 95km

往路は有料 復路は美味しいそばを目指して一般道を走った

淡河(おうご)道の駅の蕎麦は100%蕎麦粉でいつも楽しみにしている

ささやかなお楽しみ  今日も美味しかった

« 2013-10-26「ペール ブルー ドット」 | トップページ | 2013-11-2 「動物愛護団体」の定義 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/333032/53764846

この記事へのトラックバック一覧です: 2013-10-30 ナビ:

« 2013-10-26「ペール ブルー ドット」 | トップページ | 2013-11-2 「動物愛護団体」の定義 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック