« The14th 2013 ジャパン ペットフェア2013-3-31 現地見分録 | トップページ | 2013-4-20編「動物福祉」へ向けて前進を »

2013年4月14日 (日)

4/13淡路島地震  写真とメディア

昨日朝の地震 流石に18年前の記憶が恐怖感をもたらしましたね 

思わずベッドから降りたもののしばらくは摑まっていました  

揺れが止まって 手早く着替えてから 余震に備えて一階に降りてまずは玄関の戸を開けておきました  

持ち出しのリュックも玄関に出して テレビをつけたら淡路は大変な様子でした  

怖かった  やはりやってきたという感じです  

「明日は我が身」と言う戒めの言葉忘れてはなりませんね  

我が家ではルーターはひもで縛っていますので倒れることはなかったのですが 造花でよかったけれど花瓶とか飾り物が倒れたり 書斎の書類が落ちていました  

運を天に任すことも覚悟しなければ  

午後はドッコイさんを見舞ったのですが 「地震あっかな?」と  

ホームのエレベーターが自動停止したままで階段を使用していましたから やはりかなり揺れたはずです 

怖さも寸時に忘れることができるのもうらやましいかも  

 

それでも私も宝塚の畑先生のお講義を受けに行きました  

 

写真をドキュメントとして残すことに重きを置くのか 悪を告発するためにその時々に公開するのか 

悪を告発するためにその時々に公開すれば改善ができなかったとき その続きを写真として撮る立場を失うかもしれない

現実的になれるのか 良心とは?  責務とは?

 

3年間も現地に住み着いて水俣の現状を取り続けたユージン・スミスは外国人であったからドキュメントを残せたが 日本人は国家的な犯罪であったがゆえに真実を撮ることができなかった  

その スミスのLIFE誌への掲載が動かぬ証拠となり 世界に知らしめた

 

本来は日本人のジャーナリストがしなければならなかった責務であったと思う

 

仕事はボランティアではないところが弱みにもなることがある

日本人が記録を残す努力をしなかったのか してもできなかったのか?

 

ボランティアであっても撮ることも公開もできなかったのであれば残念と言うよりも情けないと思うのだ

 

日本の民主主義は世界のランクでは23番目だそうだ

26番以内が辛うじて民主主義国家として認められる範囲と教わったが まさに辛うじての民主主義なのだ

 

女性の社会的地位とかも民主主義のランク付けに影響を与えているそうだ

 

ペットフェア報告書も反感を買うことは確かであろうから ためらいつつ公開したが 私にできるささやかな「民主主義」への責務とはいささか大袈裟かもしれないが 私しかする者はいないと思うことにしている

 

教わることの面白さは地震の怖さを超えた 

無事に90Km往復できたのでよかったが 地震はやはり怖い

 

【成るようになる 成るようにしかならない–S,Ma

昨日の教訓として日常着の衣類を就寝時に袋にまとめて詰めておくことにした

着替える暇がなくても持ち出せば屋外でも着替えはできる

貴重品は常に手の届くところに置いている

心配は臆病なチビクロリンのことだが災害は在宅時ばかりとは限らないから やはり【成るようになる 成るようにしかならない–S,Ma

« The14th 2013 ジャパン ペットフェア2013-3-31 現地見分録 | トップページ | 2013-4-20編「動物福祉」へ向けて前進を »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>ペットフェア報告書も反感を買うことは確かであろうから ためらいつつ公開したが

多忙でレスもできませんでしたが、報告書の公開には、無論、賛同の立場です。

無論、ペット産業界からは反感を持たれるでしょうが、ペット産業界は動物福祉とは対立する

立場ですから、必然ですね。

松田様

おはようございます。
地震、ぞっといたしましたね。
屋根が落ちてきたらこのまま終わりなのだと、一瞬覚悟しました。
お怪我なされなかったご様子、何よりです。
18年前の阪神大震災の時は京都におりましたので、あまり被害を実感することもなく、
この度の東北の折にも、被災された方々には大変申し訳ないのですが、
遙か遠くの地域での出来事として、傍観者的に報道等を眺めるのみでした。
「明日は我が身」、他人事ではないと漸く思えるのが、自らその恐怖の一端を経験して初めてとは、我ながらお恥ずかしい限りです。
天災は人智の及ばぬことながら、最低限の備えはしておこうと思いました。

大下幸子

大下幸子さま
コメントありがとうございました
あなたもご無事で何よりでしたね
私の場合は特に阪神・淡路大震災で世界から受けた御恩を忘れてはならないという気持ちを若い方々にも共感して頂き 今後に備えるという意識を培ってゆく義務があると思っています

喉元過ぎると忘れることが普通なのでしょうが 「明日は我が身」と訴えることもあの経験をした者としての務めと思っています
ご無理のない程度にご協力を宜しくお願いいたします

星野さん
コメントありがとうございました
検索にかかってきたので 偶然に見た2chで「名無し」でしか言えない人が言いたい放題のようです
2chで「名無し」は相手にしないことにしています
名乗って責任を持つことを避けているような発言には何の値打ちもないと思っていますが どんな発言でも見て信ずる人もおられるかもしれないところは情けないですね

同じ検索で「動物虐待防止協会」が「動物ジャーナル」という会報誌に救援本部批判をしていますが 此のたびの「東日本大震災」動物救護活動には何の関係もない松田をこじつけて非難の材料にしています
姑息な手段ではなく このコメント欄に誹謗中傷でも書き込まれるとご返事ができますのに 知らないところでかくれてでなければ非難することもできないとは 気の毒な方です

自分の目で見て 聞いて 確かめることを皆さんが身に着けていただければ 言論はもっと社会改革に貢献できるでしょうが 匿名(;例外は認めるが)とか 当人の目に触れないところでひそかに糾弾するとは情けないことです
その程度の信ぴょう性と思っていますが どこまでも フェアではないお方です  

>2chで「名無し」は相手にしないことにしています

2チャンネルは「検索しない、読まない、反論しない」のが「名無し」へのダメージになるようです。

昔のことですが、
2チャンネルへ「名無し」で書き込んだ張本人が、私に親切を装って
「星野さんの悪口が沢山書かれている」と通報したことがありました。
真に受けて2チャンまで読みに行き、反論を書いたことがあります。
後で解ったのですが、親切を装って通報してきた女が書き込んだことが解りました。
自作自演ですね。相手が誰かも解っています。その女の婚約者が私の活動を
頻繁に手伝っていたからです。そういうことが何人かあったため、
活動方法を変えました。


>何の関係もない松田をこじつけて非難の材料にしています

批判されるのは、松田さんの理念・知見が正しいのと、理解者が増えてきているから
ではないでしょうか。
松田さんは安倍総理の奥様(ファーストレディ)からも高く評価されていますし。


横浜の愛護グループで阪神救護センター批判をする連中の中に、
「批判しながらも釈然としない思いがある」という人がいました。
松田さんの正しさを説明したところ、大いに納得していました。


>どこまでも フェアではないお方です

フェアに闘ったら負けるのを自覚しているからでしょう。

>「動物虐待防止協会」が「動物ジャーナル」という会報誌に救援本部批判をしていますが 


何を書かれても影響力はないでしょう。読む人も少ないはずですし。


どこの会か忘れましたが、開店休業中の個人事業主やら
賞味期限切れのなんたらかんたらが、ズッコケ理論を展開してますが、
無知層ですら、現実味のないズッコケ理論には直感的に違和感を
感じるようです。

人間は自分が思うほど有能でもなければ、周りから愛されてもいないのに、
得々とズッコケ理論を展開して恥ずかしくないのでしょうか。
事実、熊本市動物愛護センターだって、張本人は得々と話していましたが、
簡単に矛盾点を見抜けましたし。


しつこいですが、
熊本市の偽装愛護事業を紹介させて頂きます。

http://www2.tky.3web.ne.jp/~meme/a-kokuhatu-kumamoto-city2.htm

松田さんは、安倍総理の奥様からも尊敬されています。
総理の奥様のブログに「CCクロ」を見学した際の所感が
書かれていて、そう感じました。

最高権力者である総理の一声で、
松田さんを陥れるために、でっちあげの記事を書いた
犯人やら2チャンネルへ書き込んだ犯人が簡単に逮捕される
かも知れません。

星野さん
コメントありがとうございました

安倍総理の奥様についてはなるべく触れないようにしています
私がお目に掛かれたのは ファーストレディーとなられる前のことですから 現在は何かと足を引っ張る人も増えていると思いますので 個性が有り過ぎの私としては気を使いますからね

>現在は何かと足を引っ張る人も増えていると思いますので 個性が有り過ぎの私としては気を使いますからね

松田さんのこういうところが、ますます尊敬されるのでしょう。

自分を憐れんでばかりの下劣な連中が多い中、松田さんは貴重な存在です。


しつこいですが、熊本市動物愛護センターの偽装愛護事業も
自分を憐れんでばかりで、手柄が欲しくて動物を犠牲にした例です。
http://www2.tky.3web.ne.jp/~meme/a-kokuhatu-kumamoto-city2.htm

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/333032/51217274

この記事へのトラックバック一覧です: 4/13淡路島地震  写真とメディア:

« The14th 2013 ジャパン ペットフェア2013-3-31 現地見分録 | トップページ | 2013-4-20編「動物福祉」へ向けて前進を »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック