« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

2013-3-30 これからの動物福祉を考える

3/29久し振りに神戸市動物管理センターで神戸市獣医師会の先生たちにお会いできた

阪神・淡路大震災以来季節のお便りをくださる先生方もおられて懐かしい思いで再開させていただいた

それぞれに歳を重ねて災害時に活躍して頂いた青年だった先生方にも「孫がいます」と言われて年月を経たことに改めて思いをはせた

現状では獣医師会員の先生方の半数以上?はお顔がわからない方々である

あの難関をともに乗り切ったいわば「戦友」

骨身惜しまずによくぞ働いてくださった

今も友のごとく快くご挨拶ができることにあのころの絆を感じた

 

この次に災害があるとすれば当時の活動が再現できるのだろうかと不安が過る

今の方々が頼りないと言うつもりはないが 感覚的に横のつながりが当時と違って薄れているように拝察する

 

愛護団体においても当時とは様変わりがしている

日本の愛護団体は発育不全だ

一部の活動家は行政機関を私的に牛耳るかのごときさまも見受けられ 真面な活動を妨害しようとしているかのような姿が見られる

 

民間からの難癖に近いクレームにつかれた行政機関職員は本来あるべき仕事を曲げて愛護団体の意のままになることで事なきを得ようとされるかのような感さえ感じることもあるのは残念を通り過して情けなく思う

 

全国的な頭数本位の譲渡と引き取り拒否に甘んじる行政機関が増えている中で  適正譲渡に努める兵庫県や神戸市等の行政機関職員の方々のご努力に深い尊敬とともに心から感謝する 
それとともに国民市民の声援を以て励ましていただきたいと願う

 

その適正譲渡を頭数で評価しようとする傾向には大きな不安と憤りを感じる


殺処分頭数においても 引き取り拒否で数字の上でのごまかしになれ合ってほしくない

 

溺れる者が藁を掴む心境で 「殺処分ゼロ」「ノーキル」に安易に妥協されないように祈る思いで見守っている

 

行政機関は「あいご」にとどまることなく どこまでも「福祉」への改革に努めていただきたい

 

国民市民は行政機関の動物福祉への改革の足を止めるようなことは謹んでいただきたいし 批判は健全にして ともに向上できる方向を示していただきたい

 

日本の動物福祉の思想を順当に向上させるためには「5フリーダム(5項目の自由)」を行政機関自らが取り入れていただきたい

 

健全な動物福祉団体の育成を促すためにも 5フリーダム(5項目の自由)

の国民への周知に努めてゆかなければならないと思う

 

5フリーダム(5項目の自由)

 

l 飢えと渇きからの自由

 

l 不快からの自由

 

l 傷み 負傷 病気からの自由

 

l 恐怖や抑圧からの自由

 

l 自然な行動をする自由

 

1960年代に英国家畜福祉協議会により提唱された

 

世界獣医学協会(WVA)でも5フリーダム(5項目の自由)は動物福祉の基本として認識されている

 

 

2013年3月28日 (木)

2013-3-28on大下幸子さま返信


 
大下幸子さま
 
コメントありがとうございました

先日は長い時間お疲れ様でした
 
良い機会をいただきましたこと こちらこそ感謝の気持ちで一杯でございます

過分な評価を頂戴いたしまして恐縮に存じます

動物の問題は考え方が極端に二分されるような状況があり「福祉」の視点では現状では進展が進まず 「あいご」の範囲に低迷しています
 
「福祉」を向上させるためには基本としての5フリーダム(5項目の自由)が目標とされるべきですが 法律の精神にそぐわない施設状況にある行政機関がまだまだ多く 国民に対する指導的立場にあることにジレンマを感じておられる行政機関職員は多いと感じています

民間施設も「ノーキル」に煽られてか 自らぬるま湯に浸ることに慣れすぎたか 「動物福祉」として向上するには相当な運営能力とともに 誠実な思考に基づく「安楽死処置」(安楽殺処置)の実践を伴う意識改革が必要な状況にあると感じています

CCクロ』の見学をご希望とのこと ありがとうございます
 
神戸市動物管理センターに事前申し込みをしていただければ あなた様のご都合の良い日時を図ってくださると存じます
 
神戸市動物管理センター ℡ 078-741-81118112 

私は引退していますのでほとんど現場へ出ることはありませんが 現在『CCクロ』現地代表を務めます北村さんが対応してくれると存じます
 
ぜひとも見学してやってくださいませ

何事も関心のないところでは発展が望めませんので お1人でも多くの方にご関心を寄せていただけることはありがたいことです

「さくら会」様で話す機会をいただけるのであれば喜んでお受けいたします
 
そちら様のご都合をお聞かせいただければ 隠居の身でさほどに多忙な日々でもございませんから段取りをさせていただきます
 
ご一同様によろしくお伝えくださいませ 

尚 余談ではございますが「先生」と称していただくほどの者ではございませんので以後「さん」付で十分です 
 
ご一同様のように国家資格をもたれてのご活動をされます方々に対して 私は職業としての資格はございません 
 
自負するところは どのような学識がおありのお方にも劣らないところは「実践経験」であり これはペーパー学問では補うことのできない 年月を要する積み重ねの知識であります

お役に立てますことはありがたいことです
 
今後共に社会のため 動物福祉の向上のためにご関心を寄せてくださいますように またご尽力を賜りますようお願い申し上げます

ご自愛の上ご活躍くださいますようお祈りいたします
 
松田早苗

2013年3月26日 (火)

2013-3-26 インチキ募金と警察の対応


3/25
次回(4/21CCクロ』主催)募金のために兵庫県生田警察へ道路使用許可証の申請に行ってきました

 

担当者に 3/16のインチキ募金のことを話しましたら 「ビラまき程度は道路使用許可証を求めないが 犬連れ募金には道路使用許可証必要です 今後そのようなときには110番してください」とのことでしたが 当方はその程度のことで110番するのも気兼ねですからとは申しました

 

「狂犬病予防法」違反していることにも深くは関心を持たれていないように感じました

犬の飼主は大阪府在住ですが 兵庫県内での違反であっても忠告し 当該警察署へ通報することはできるはず

 

狂犬病予防法そのものが軽視されている今日ではありますが 近年は世界はどことでもつながっています

何時狂犬病が侵入するかもしれません

 

暢気すぎるように感じますが 獣医師でさえも狂犬病予防注射必要ないと言われるお方もおられますね

現状のような半端な状況では不安ですね

狂犬病予防注射の実施率が70%以上でなければ危険だとされていますから 犬の飼主はもっと真剣になっていただきたいし 獣医師の責務としても順法精神に徹して頂きたいですね

2013年3月24日 (日)

2013-3-23奥野 卓司先生の公開講座

3/23奥野 卓司先生の公開講座 拝聴してまいりました 
 
奥野 卓司先生お疲れ様でございました

そして ありがとうございました

(フェイスブックから)

【公開講座のお知らせです「クールジャパンとベンチャービジネス マンガ・アニメ・Jポップのこれからは?」と題して関西学院大学教授奥野卓司先生が講演して下さいます。

 3月23日(土)1時ー3時 無料

 相愛大学本町学舎(御堂筋線本町駅)】

 

門外漢と言うのもほど遠いことなのですが いろいろと興味深く学ばせて頂きました

奥野 卓司先生のご経歴にも改めて感心いたしました

製作者でいたかったが学者になられたとのこと

 

漫画 アニメの基礎には伝統芸能が生かされていること

クラシックとゲーム音楽の境界はなくなっていると

ボストンシンフォニーホールでゲーム音楽のコンサートが開催され 大反響があった 等々

 

私は臆せずにど素人としての質問をさせていただきました

「漫画 アニメ等での残虐シーンの規制は必要とお考えですか?

お答えは

「規制は不可能であろうし 自然淘汰されるであろうと思います」とのお答えでした

私も規制についてはそうであろうとは感じますが 作者が何を意図して過剰とも感じられる残虐場面の描写をされるのか?

それが現代の病根とでも言えるのか?

私個人としては絵でも「ムンク」は嫌いですし 抽象画よりも「美しい絵画」が心休まります

 

何事も知らないことを知る

楽しみです

相愛学園学舎の内部観察をさせていただきましたが 設備が整っているのですね

音楽と言う基礎に多額の資金投資が必要な学問を専攻される方々も 単に好きだからではなれないのだなと 改めて感じます

会場で新たな出会いがありました

人との出会いも又楽しみなことですね

2013年3月17日 (日)

2013-3-16 募金 まともな募金とあきれた募金

 

3/16 土曜日 恒例の「福島県動物救護本部」支援募金活動を 「兵庫県動物愛護管理推進協議会」主催で実施しました

先月ががっくりだったのですが今回は好調のようでした

結果は後日ご報告いたします

 


例のインチキ募金今日また出会いました


やはり 鑑札等はなく 今回の犬は白ラブで
11歳と言っていました

高齢犬の長時間使役は止めるように言いましたが「まだ元気だから」と

鑑札がないのは狂犬病予防法違反だと指摘したがしらっとしていました

何故鑑札付のか問いますと
 
「最近名は 日本では 狂犬病発生していないし必要ないと思います」とのこと NPOが法律を守らなくていい国になったのか?

 

前回の黒ラブも 今回の白ラブも 同一の飼主で大阪府堺市にいるそうですが なぜ神戸市で募金をするのか問いましたら「他の場所は許可とらないと厳しいが 三宮駅前は楽にできる」と 私が「道路使用許可証なしでズルできるから?」と問いますと「まあ はあ」ですと!!

その足で三宮駅前交番に行き注意勧告を要請したところ 警察官曰く
「路の向こうは生田署管内で ここは葺合署管内なので口出しができない」そうです 

生田署迄通報に行く気もなく(間が悪く携帯電話忘れてきた) 警察官に

「電話で連絡してください」とお願いしたら そういう連絡はできないことになっているそうです

 

 縄張り荒らしになる?  なぜだ!1

怒りが二重になった

募金箱にお金を入れていた通行人の方に「狂犬病予防法違反していますし 募金の許可証も持っていない リーフレットを精査して 募金が妥当な活用をされているのかお調べください」と言いますと 「可愛い犬やね」と犬に触ってさらに100硬貨を入れてゆかれました

 
きっと「このおばはん 何きついこと言うとるねん」と思ったのでしょう

 
だから 神戸市での 「犬連れ募金」は止められないのかな

市民も警察も優しいから??

 

真面目に許可証の申請に行き 受け取りに行く

2000円支払いすることは不要なのかと考えさせられることでした

 

この募金の女性「わざわざ許可証とると その日に行けるかどうかもわからないから 思いついたときに来ています 警察官に注意をされたら移動したらすむので」との仰せにございます  

その自己流の理屈が通用するとは 情けないです

 
日本は危ない国になりつつあるのではないでしょうか

 

2013年3月14日 (木)

2013-3-13 「NPO」「一般社団法人」の再確認を提言します

 

今日もまた インチキ?募金の調査で一日歩きました

調べるほどに「NPO」「一般社団法人」について洗い直しと許可基準の設定変更をしなければならないと感じます

 

昨年までは懸念ある(要調査対象団体)NPO法人」について 代表の所在が明らかではないときには 全理事が調査の対象として所在を追跡できたものが 今年からは代表一人についての調査対象に縮小されたようです 
 
詰りは「NPO法人」代表の所在が不明となればその団体についての調査が困難になるか不可能になるということのようです

どのような理由からそのようになったのか?

例えば 募金稼ぎのような組織を設立して 適当に解散したとされた場合 代表が転出届なしに住所 変更をした場合には その所在と責任の追及が非常に困難になるということです


 
全理事に及ぶ調査が可能であれば 複数すべての理事が 転出届なしに住所 変更をするということはまれであろうから A理事がだめならB理事C理事と 調査が続けられるが 代表一人とされると 調査の糸口は4分の1となり 追跡は困難を極めるということです


 
善意を悪用する輩はなくならないでしょうが まともに活動をしている人々が肩身を狭くさせられるような社会にしてはならないと思います

インチキ?募金団体のHPに記載されていたOO支部という住所地には 何もなかったということは 支援者と 関心を寄せる人々に対する欺きであると感じます

動物関連に限らず 全国の「NPO」「一般社団法人」について認可基準の見直しをされて 法人認可の取り消しにも厳しく当たって頂けるように切望します

2013年3月10日 (日)

過ぎ去りし日々を想う

2月22日死去されたN響の指揮者サバリッシュ氏を偲んで 追悼記念番組が組まれていました
元気であった頃の夫が大好きであったサバリッシュ氏を思い起こしてくれればと思い 躊躇いながらもホームへ電話をさせて頂きました
集団生活をしている身の上話ですから 他の入居者の方々にも配慮が必要です 
可能であれば見せてやって頂きたいとお願いをさせて頂きました
担当者に連絡しますと言ってくださいましたが 夫が見ることができたのか否かを確認はできませんでした
あのN響ホールのどこかに 若き日の夫が座って感動していたのかも知れないと思って 一人で画面に見入っておりました
感慨深い1時間半でした
偉大であったサバリッシュ氏のご功績を讃えて 感謝を込めてご冥福をお祈りいたします

2013年3月 8日 (金)

事実ときれいごとの差を考える 対話の機会

 

今日は午後から行政書士会の方にお話をさせていただく機会をいただいて なぜ「安楽死処置」(安楽殺処置)を否定してはならないかということなどを事例を追って説明させていただきました


 

2時間のお話と1時間の質疑は時の間に過ぎました 

皆さんとても熱心に聞いてくださり質疑にも真剣さがありました

 

私は常に伝えたいことの一つとして「交渉は明日のない交渉をしてはならない 続きのない「今日でおしまい」という交渉は単なる言い合いにすぎないと申しています 

次回に会う機会がなくなれば 本来求められている動物の苦境を救うということから外れて 見捨てることになるからです

 

交渉相手のプライドを損ねないように その場は折れてでも 将来的な損得勘定をすべしとも伝えています

損得とは 無論金銭のことではなく 現実的な動物のQOLが改善されることへの方策のことです

 

「殺処分ゼロ」「ノーキル」の陰で 苦境にあえぐ動物たちがいることに目を向けていただきたいと申し上げました

 

目を背けてはならないことに 敢えて目をそらし「美しそうに」ごまかすことで「動物福祉」を「動物あいご」に止めようとする近年の風潮に 新たな関心を持たれて これでよいのかと言う問い直しをしていただきたいと話しましたら とても関心を持ってくださいました

 

普段は殺処分はしてはならないと思っていたので 目からうろこだと言ってくださり この機会をいただいたことに感謝いたしました

 

次回18日にさらに視点を変えてお話を進めさせていただく予定です

2013年3月 6日 (水)

2013-3-5 旅

 

3/33/4奈良方面車一人旅 たまにはいいですね 

全行程306.4Km 今回はさほどに疲れなかったが 室生寺も長谷寺も石段が多くてこれには少し疲れましたね

長谷寺では特別拝観(\1300)を所望すると 「いたわり車」(4)が受付まで迎えに来てくださり 山の上まで連れていってくださるのですよ

下りながら 各所で拝観し かなり楽をさせていただけました

 

奈良で「美榛園」という宿に止めていただいて 久しぶりに温泉につかって骨休めしましたが その宿が少し高所にあり そこでは車が真っ白になるくらいの分厚い霜が下りていました  

 

山々が美しく 空も澄んでいた 水もきれいで これが日本の風景の良さと言う感じの眺めでした

 

室生の川では 清流の中に 大きな石がどっかりと 佛がお座りになられるかと思うようにあつらえ向けの椅子の形をしているのですよ

 

いつもは所要があっての「旅」ばかりで 久しく癒しの「旅」という意味でのお出かけがなかったので 天候にも恵まれて 今回の寺社巡りは満足しました 

また 行きたくなる 

 

一人旅もいいけれど 二人旅ならもっといいかも?? 

 

2013年3月 5日 (火)

2013-3-4奈良にて

3/3奈良県宇陀アニマルセンター+公社JAWS+公社Knots共催「いのちの授業」「尾木ママ先生」講演があり聴講してきました

一泊して インチキ募金NPOHPにあった動物施設調査にも行きましたが 山の中の細い車道に不安を感じながらたどり着いたところは 農村の中にある元小学校の廃校でした

人気もなく 動物もいなかった 

動物がいないことではそれなりに安堵しましたが 夜逃げでもしたかのような状況で 座布団などが散乱し ファイルらしきものもそのままの様子が窓越しに見られました

ここで動物を収容し 発達障害児童に動物介在教育をうたっていた時期があったのかもしれないが はたして人にも動物にもまともな扱い方があったのであろうかと 疑念がわきました 

関係行政機関に報告をして 別の他県に移したとされる施設の状況をも新たに調査を続けたいと思っています

注射が終わった時に新たに報告いたしますが NPOについては一度洗いなおす時期だと感じます 
 
真面目に活動されているところにもあらぬ疑念をもたらしかねない 不届きなNPO団体が多いのではないかと感じます

 

奈良では久しぶりに寺社巡りをしました

40年前に夫と行った「室生寺」 

50年前になる独身時代に友人と行った「長谷寺」 

辺りの状況の変化に驚きながらも それぞれに感慨深く拝観させていただきました

 

室生寺は昔は確か土の道でしたが 今日はすべての参道に砕石砂利が敷き詰められていました

履物に注意をしないと ハイヒールでは歩けないですね

 

「重文」と記された公道の案内に誘われて 行き当たりばったりに立ち寄ったものの 小型車一台がようやくと言った坂道を上ったところ 神社への道の入り口に「拝観はできません」と看板がありました

戻るにもUターンができずチビチビとバックで降りてきました

不親切!!

 

それでも山の上のひなびたお寺にも立ち寄り 久しぶりに豊かな気分になれました

不信心な私ではありますが 神仏の御前では神妙に「被災地復興」を祈念させていただきました

写真を整理してそのうちにUPさせていただきます

2013年3月 1日 (金)

2013-3-1 <資生堂>すべての動物実験を廃止

2013-3-1 <資生堂>すべての動物実験を廃止

http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=2341342

<資生堂>すべての動物実験を廃止

毎日新聞 - 0228 19:46

この記事の話題数5066

                             

 資生堂は28日、4月以降に開発する化粧品と医薬部外品の原料について、すべての動物実験を廃止すると発表した。11年3月に社内の動物実験を廃止していたが、さらに民間の試験機関に委託していた実験もやめる。

 

 同社は10年3月、安全性確保を前提に、動物愛護の観点から動物実験を廃止すると宣言。以降、有識者や学術団体、動物愛護団体と円卓会議で議論してきた。今回、皮膚への吸収性や刺激性を調

 


taroo 201331 22:33

資生堂は「夢を売る」と言っていましたね

だから容器に力を入れるとも言いますね

化粧品は高価な商品が 若さを維持できると信じられやすいのでしょうか?

私は最も安価な品の部類で主に「ちふれ」を使いますから 月額化粧品代がン万円と言う方の感覚には「余裕が」おありなのかと思うだけです

既成の商品で商売を維持し 何処の製造会社も新開発をしなければ 消費者はそれ以上は望まないようになると思います

 

毛皮の商品について「動物の死骸を身にまとっている」と表現されることがあります

化粧品も「動物の血糊をこすり付けている」と表現されたら どうなるでしょうかね?

 

消費者の欲望以上に生産者が煽る行為の方が卓越しているから 消費者は踊らされるのだと感じます

 

実験動物については 実験者の感覚が理解しにくいのです

目前で苦しむ動物の姿を見ながら 「ヒト」と言う同胞のためと割り切れるのか?

脳に電極を付けられたサルや 人工心肺をつけられて生かされるヤギの姿には やりきれない切なさを感じます

優しさとは?

と言う疑問に答えられるのでしょうか?

 

新薬の開発は果てしなく続かなければ 新たな「病名」に追いつけない

薬害で新たな「病名」が増えることもありますね

著名なものは「スモン」「四肢欠損障害」「薬害エイズ」など々

 

治療目的の服薬が 発病の誘因になるのは悲惨です

だから「実験は必要」だと結論つけられるのでしょうか?

人間の「知恵」?「痴恵」?

人間は「神」にはなれないなら 宿命に準じることも会得したいと思います S,Ma

 

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック