« 2013-2-2 募金の透明性を義務化すべき | トップページ | 2013-2-10映画「ひまわり」鑑賞の感想 »

2013年2月 9日 (土)

2013-2-9「生命の尊厳」と「ノーキル」

「ノーキル」を法的に謳う前に 繁殖制限と多頭数飼育規制をしなければ 結果的に遺棄か多頭数飼育に頼らざるを得なくなる

 

文字だけで正義を振りかざすことは容易なことで 知識のない人々を惑わせるには美辞麗句で済まされる

ネグレクトに立ち向かうには手段の一助として「安楽死処置」(安楽殺処置)は認めざるを得ないと自覚するまでには 心身の鍛練と共に知識も経験も身に着けなければならない

 

心身の鍛練とは 「ノーキル」主張をする人々による誹謗中傷に備えて 理論武装する必要もあり 動物福祉を向上させようとする信念なくしては 自分自身の主張を維持しがたいと感じるからである

 

「生命の尊厳」と「ノーキル」によるネグレクトの容認は相いれないと

私は考えて
いる

 

人間に生まれたことと 人間により支配される動物に生まれたことは 私には「宿命」としての違いを感じている

 

可能な限り「幸」を「与える」ために全力を尽くすが 不幸を見捨てることは私にはとても辛いことである

 

巡り合った「人」により人も動物も「運」は左右されるものであると感じている 

そして 私はそこに宿命を感じている

 

« 2013-2-2 募金の透明性を義務化すべき | トップページ | 2013-2-10映画「ひまわり」鑑賞の感想 »

動物福祉」カテゴリの記事

コメント

>文字だけで正義を振りかざすことは容易なことで 知識のない人々を惑わせるには美辞麗句で済まされる


ごもっともです。
「一匹も殺すな」と叫べば、知識のない者を感動させます。

現場を知っている者なら、「殺すな」と叫ぶだけでは、動物を救えないと解っています。
正しく生かすために必要なものは、「殺すな」と叫ぶことではなく、
●安定したエサの供給
●心地よい環境の確保、毎日の散歩
●病気時の治療費の確保、去勢不妊手術費の確保

など、物理的要素を整えることです。それに必要なのは資金力と人手であって、
感傷的に叫ぶことではありません。

一般家庭においても、1~2匹を適正に飼うとなると、それなりの覚悟が必要になります。
愛護団体は扱う頭数が無制限であり、資金面や人手の面で全頭を正しく飼うなど到底無理。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/333032/49279115

この記事へのトラックバック一覧です: 2013-2-9「生命の尊厳」と「ノーキル」:

« 2013-2-2 募金の透明性を義務化すべき | トップページ | 2013-2-10映画「ひまわり」鑑賞の感想 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック