« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月29日 (火)

「アニマルシェルターを考える」

2013-1-29 FB+ブログ 「アニマルシェルターを考える」

 

HARS会報誌Vol 33が届きました

特集2で「アニマルシェルターを考える」を取り上げている

熊本市の松本充史氏と 米国のシェルター状況を取り上げておられる山崎恵子氏がパネリストとして語っておられる

精読して感想を述べたいと思っているが ここでは序として述べさせていただく

松本充史氏はハードとソフトに触れて

「動物保護施設はその施設(ハード)を整備することが重要なのではなく、そこに関わりたいと思う人々(ソフト)の活動の場をいかに作ることができるかということが重要だということである。」と発言されている

 

なるほど 合点がいきますね

 

犬たちの夜間保管が大部屋で多頭数飼育管理に都合を合わせて 水平ではない斜め上からの係留保管がされている


 
法律の基本に求めたいとする「 動物との共生を考える連絡会」提唱の5フリーダム(5項目の自由)は必要ないと言い切っているも同然と感じる 
 
この発想が犬たちの苦痛を無視しているのだと 改めて怒りにも似た感情で犬たちに詫びたくなりる

 

先の拙ブログでも発言しているが

 

 
熊本市が行政機関であるが故に不適切多頭数飼育や不適切譲渡に

溺れてはならないのです

 

動物福祉の基本の大切な部分がハードであり ハードがしっかりとしていれば

ソフトはおのずからついてくるとさえも思っています

 

これは40年をかけて経験したシェルターワークの揺るがせない基本部分であると「私」は感じている

 

山崎恵子氏は「飼養管理基準」として【---「人道的ケア」の模範にシェルターがならなければ、その使命を果たすことができないのである】

と述べられ 動物福祉団体としての責務にふれられる

譲渡の基準にも触れられている

 

書きたくなることはたくさんあるがブログ発言として続けて取り上げたい

 

熊本市のすべてを否定しているのではなく 当初から認めさせていただいている

日常の世話については改善され 他の劣悪行政機関や民間の粗末なケアから脱し

ようとしない人々が範とすべきところは多々ある


しかし ハードは重要ではないとの感覚ではネグレクト保管の奨励とも受け取れ

るし ハードの改善に努力される姿が見えなくなる

 

再度申し上げる

行政機関は 動物福祉思想を国民に浸透させて ネグレクト撤廃の範とならなけ

ればならない


さもなければ罰則付きの法律第
105
号は狂犬病予防法並みに文字だけの形骸化した

法律とされかねない

 

法治国家として 動物福祉の水準向上に努めなければ ネグレクトも生かすためには仕方ないと言われかねない


それはもはや「法治国家」ではなく「放置国家」であると思う


 
文責 松田早苗 2013-1-29


 
補足 
HARS=ヒトと動物の関係学会
TEL
 06-6971-1140

シェルター議論掲載紙
2013
1月号 Vol33 頒価2.500

2013年1月21日 (月)

2013-1-21 1-20inかずこさまコメント返信

かずこさま

コメントありがとうございました

 

【動物愛護法改正改正に携わる人たちは、「動物を殺すな」ということばかりをやっていて、飼い主の責務や罰則を規定することについて、消極的だということです。】

 

その点で私も[一匹でも多く適性譲渡で救いたい-S,Ma]という主張のもとに 不適正譲渡をさせたくないと考え行動してまいりました

 

しかし 「ノーキル」主張の弁護士等をはじめとする [自己愛型動物愛護-S,Ma]の人々は

どのような動物でも社会が受け入れるべきと考えていると思います

 

熊本市動物愛護センター礼賛でも示されていますが すべてを殺処分しないで譲渡することに価値観をおいておられます

その犬たちが譲渡された先で発生させる社会への迷惑は問題にはしていないのでしょう

事実 熊本市動物愛護センターから他市に譲渡された秋田犬が 入院治療を要するほどの咬傷事故を起し 熊本市動物愛護センターで引き取られたのではなく 譲渡先の管轄行政機関が「安楽死処置」(安楽殺処置)をされています

Theペット法塾監修の「動物法ニュース」で「神奈川県動物愛護協会」の代表者が 授乳期のアライグマを「殺さないで」育成と譲渡を勧める投稿をしています

アライグマが日本の自然界を破壊し 多額の損害を出している現状からと 野生動物のペット化促進を危惧しますので 再考されることを望みますが 「動物法ニュース」では単に一つの考え方として(多くの考え方の中の一つではなく)取り上げたというよりも より積極的に「ノーキル」を重んじて取り上げられたと感じています

「神奈川県動物愛護協会」は犬の保管でも私とはかけ離れた考え方の施設管理をされていますから まさに基本的に動物福祉の発想が違うと感じます


 
動物福祉は重んじることなく 動物愛護で済ませることができる程度に 人の気持ちが優先されることを尊び 動物を生かしておきたいのでしょう

 

「犬と猫と人間と」で取り上げられていますが 麻酔をしなければ手入れができない咬傷事故歴のある犬を閉じ込め保管されていました(収録当時 2013年現状は確認していません)

生死にこだわることで動物福祉よりも人の心の平安を求めておられるのだと感じています

 

このような「ノーキル」思考の人々の支援を受けているのが「ペット法学会」だというところに 学会という概念から外れていると感じ 私は会費の納入を打ち切りました

 

「ペット法学会」の年次総会報告もこの「動物法ニュース」を介して公開しています
 
本来ですと 学会としての独立した機関誌に広報し会員に伝達することが普通だと思いますが 便宜的にとはいえ 特定の思想に偏ったところに協力させるのは「ペット法学会」の中立性を阻害していると感じます

弁護士さんたちの組織を相手にするのでは怖さもありますが [「誠実」に「真実」を語り「親切」であれ-S,Ma]
自らの生き方にかかわりますので[意見は違って当たり前 他人の意見の尊重も忘れずに-S,Ma]を基本に 私としては率直に述べさせていただきます

 

動物による迷惑というよりも その犬を社会に送り出した関係者と飼主による迷惑ではありますが 動物を好ましく思われない状況におかれておられますことを 動物を愛する者の一人として深くお詫びいたします
 
貴重なご意見と思いますので 今後も投稿していただければありがたく存じます

宜しくお願いいたします


 
文責 松田早苗

2013年1月16日 (水)

18年目の忠ちゃんの花束

忠ちゃんの花束  2013-1-17編 

今年もこの日を迎え 恒例となっています「忠ちゃんの花束」が東京から届きました

18年間欠かさず届いています


彼は阪神・淡路大震災当時未成年でやってきました

 
活動の終わり頃に成人となった忠ちゃんも 今は立派な花の中年ですが 私の思い出の中では今もあの頃の忠ちゃんなのです 

本当は「忠ちゃん」とお呼びするのは失礼なのですが勘弁していただきましょう


そして 現実には 当時の中心的役割を果たしたボランティアやスタッフも多くの方々が高齢者となりました


月日は人の思いとは関係なく過ぎ去ります


震災の実体験がない人々が多くなり 悲惨だったあの時を知る人が少なくなって行きます


資金も物資も人材も 何もなかった状況から 被災動物救護活動を何とかしようとして 立ち上がれたのは 幸運であったと今も感じています


「兵庫県南部地震動物救援本部」として組織固めができたのは 日常の個人と個人の信頼関係であったと思います


 
日頃はどちらかというと反目し合っていた獣医師会と動物団体ですが ともにトップが信頼しあえたことが幸でしたし 行政担当者とも敵対する間柄ではなく 距離を保ちつつも 緊急災害時という事態に際し 反目しあうほど低俗な発想をする人はいなかった 

官民ともに人材に恵まれたことは これは幸運というほかありません


必要な行動は直ちに話し合いながら実行に移されました

官民ともに それぞれの役割を尊重しあいながらも 会議となると数時間にわたりました


日を重ねて協働することで 相互に信頼が生まれました


災害までの日頃の誤解は 次第に尊敬に変わり それぞれの経験が活動を支えあうことに尽力したのです

被災動物救護活動にご支援くださった全ての方々に 今も心から感謝しております

あの過酷だった日々を思い返して 世界の人々に助けられましたことは忘れられない感謝の気持ちでいっぱいでございます


その御恩を忘れないために「兵庫県動物愛護管理推進協議会」と神戸市動物管理センター譲渡事業支援ボランティアグループ「
(公)日本動物福祉協会 CCクロ」の任意のメンバーが 発災依頼ほぼ毎月街頭に立ち「東日本大震災」「福島県動物救護本部」支援募金を続けさせていただいています


もはや過去のこととして人々の関心は薄れているように感じますが 災害はいつ襲うかもしれません


【出来ることを 出来る人が 出来るようにする―
S,Ma 】


兵庫県動物衛生ご担当者と『
CCクロ』の若い方々にご理解を得て募金活動が続けられますことに感謝の気持ちで一杯でございます


 
親しいお方をしのばれる方々にはお辛いこの日でありましょう       

人にも動物にも平安な日々でありますように祈ります

 


「東日本大震災」の被災者の方々にも お見舞いと共に 国を挙げて復興促進がなされますように祈ります

 

犠牲となられました全ての御霊のご冥福をお祈りいたします  

 

 

2013/1/17 松田早苗 (元兵庫県南部地震動物救援本部 副本部長)

2013年1月15日 (火)

2013-1-15 不適切譲渡と管理 動物の複数回移動

 ある男があちらこちらから犬や猫を引き取っていたが動物のこと以外で事件に関係して飼育管理ができなくなったとのこと
 
引き取りしても適切に管理もされないケースはたくさんあるが 引き取り依頼をする人は誰でもよいという心境なのか安易な受け渡しは耐えることがない

引き取られた先からさらに多頭数飼育者に引き取られることもまた珍しくない

ある[自己愛型動物愛護-S,Ma]の男性の不適切保管所を 仲間からのやむにやまれずの通報で見に行ったことがあるが 動物をゆだねる人の無責任さがこの男を養っていると感じた

その男はTV取材も受ける程度に活動をしていたが 取材する側の無責任さにも失望したことがあった

保管している犬猫は移動用に使うケージの中でただただ生かされていた
 
日中は出歩く男は世話もしないままに ケージの内側も周囲も不潔で動く自由も奪われていた

それでも殺処分回避のためには「救っている」という自他ともの評価がある

全ての多頭数飼育が行政機関に把握されることは困難であり また 行政機関担当者によっては「見に行った」という事実だけでなにもされないことも多々ある

飼主個人のボトムアップこそが改善の重要なところだが これがまたもっとも難しい

誰でも欲すれば飼主になれる現状を変えなければ 動物の災難も周囲社会の迷惑も改善されることなく続けられてしまう 


「ノーキル」を唱える前に「no不適切飼育+適正譲渡」が徹底されなければならない


「ノーキル」議員諸氏は心して頂きたい

 


 
保管している犬猫は移動用に使うケージの中でただただ生かされている 
日中は出歩く男は世話もしないままに ケージの内側も周囲も不潔で動く自由も奪われていた
それでも殺処分回避のためには「救っている」という自他ともの評価がある
全ての多頭数飼育が行政機関に把握されることは困難であり また 行政機関担当者によっては「見に行った」という事実だけでなにもされないことも多々ある

飼主個人のボトムアップこそが改善の重要なところだが これがまたもっとも難しい
誰でも欲すれば飼主になれる現状を変えなければ 動物の災難も周囲社会の迷惑も改善されることなく続けられてしまう 
「ノーキル」を唱える前に「no不適切飼育+適正譲渡」が徹底されなければならない
「ノーキル」議員諸氏は心して頂きたい

保管している犬猫は移動用に使うケージの中でただただ生かされている 
日中は出歩く男は世話もしないままに ケージの内側も周囲も不潔で動く自由も奪われていた
それでも殺処分回避のためには「救っている」という自他ともの評価がある
全ての多頭数飼育が行政機関に把握されることは困難であり また 行政機関担当者によっては「見に行った」という事実だけでなにもされないことも多々ある

飼主個人のボトムアップこそが改善の重要なところだが これがまたもっとも難しい
誰でも欲すれば飼主になれる現状を変えなければ 動物の災難も周囲社会の迷惑も改善されることなく続けられてしまう 
「ノーキル」を唱える前に「no不適切飼育+適正譲渡」が徹底されなければならない
「ノーキル」議員諸氏は心して頂きたい

 

  

 

2013年1月11日 (金)

2013-1-10 FB 「動物との共生を考える連絡会」コメントから

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121230-00000514-san-soci&1356839349

血吐き、アゴ砕かれ…ネコ惨殺20匹以上の“不気味”

産経新聞 20121230()1239分配信

http://www.facebook.com/sanae.matsuda1#!/rennrakukai

2013-1-10 FB 動物との共生を考える連絡会 へのコメント投稿

 

このような虐待被害を受ける動物たちを作っていることにも 共生動物を管理する責任者たる人間が根本から問い直すことも必要です

手に余れば「地域ねこ」に任せておける 事実上遺棄することで殺処分から回避できるとされていることも考えなければならないでしょう

虐待加害者はもとより 管理を徹底できない猫たちを保護できないことに異論を唱えられない社会背景にも少なからず問題があります

警察関係者や行政機関関係者にご努力を求めることも大切ですが 行政機関で殺処分するとなれば「ノーキル」「殺処分ゼロ」関連の活動家に反対陳情をされたのでは決断ができないと思います

何故「動物虐待」が頻発するのか 原因の解明も同時にされなければなりませんね


福島県イノブタ繁殖

http://www.kahoku.co.jp/news/2013/01/20130108t63011.htm

福島県がイノブタ実態調査へ 「復興」蹴散らす恐れ

2013-1-10 FB 動物との共生を考える連絡会 へのコメント投稿

 

適切な時期に適切な判断を「殺処分ゼロ」を唱えることで妨害に近い主張をされたことも要因の一つになるのではないでしょうか

食肉にもできない 家庭動物にもできない 自然に生きているという範囲でもない動物たちを生かしていることで「生命尊重」とするのか

理性と 感情の 葛藤の産物と映ります


自然発生したとは言えない 「有害動物」はヒトの都合で生息させられているのではないでしょうか
?

ならば 人の責任において殺処分を含めた対応をとれる世論つくりも必要ではないかと思います

 

2013年1月 8日 (火)

2013-1-8 星野さんコメントへの返信

星野さんコメントありがとうございました

 

【これは誰でしょうか?抗議します。】

 

ご支援はありがたいのですが 抗議が必要な場合は私がしますので実名を公開するつもりはありません

 

脱線した愛護活動家が多数を占めている中では MT氏は現状がいびつなことは自覚しておられます

殺処分のすべてを否定する活動家の集まりの中でも 殺処分が必要であることも頭では理解されていると感じますが 感情が先立っておられるのでしょう


 
複合団体の組織では 理性よりも感情が支配することが多いでしょう

経験的に「安楽死処置」(安楽殺処置)を認めて実践もされた方もこの連合組織の中におられることを 私も知ってはいますが 多勢に無勢と 殺処分を容認すると組織運営ができなくなるのではないかと感じます

 

団体名の「JSPCA」とは思いあがったネーミングですね
 
本家の「RSPCA」が苦笑されるのではないでしょうかね
JSPCA」の主催者は 動物の虐待については関心があるように装っていますが 人の心を苛むことには至って鈍感な方ですからね


私の経験でも昨日迄の友は永年の理念を捨てて 最近流行の波に乗り「殺処分ゼロ」「ノーキル」に思想転換した人がいました

私に隠れて咬傷事故履歴のある犬を 「ノーキル」仲間3人で夜間にお目当ての方宅を訪問して 一時預けたいと頼み込み 日数を経ても引き取らず押し付け譲渡したことが 押し付けられた飼主様からの知らせで 判明したこともありました

 

そのくらいに 「ノーキル」に対抗するにはよほどの信念と覚悟がいるようですよ


 
連合組織もこのような無責任団体を取り込まざるを得ないのか 拒否するだけの信念に欠けているのか 参加団体数だけは多数ですが 私の知る限り「ノーキル」思想支持者の集まりです

 
「ペット法学会」もこれらの人々に支えられている傾向が強いところが情けないと感じます

 
多方向に思考する余地を失っていると感じるのは私だけかもしれませんが この思考の人々が日本国の動物福祉の方向を定める法律の基礎に関わられていることは この国の将来は「動物あいご」から脱しきれないと感じます
 
「動物福祉」はハードでもソフトでも金もかかるし 精神的にも負担が大きくなりますからね 
 
行政機関も予算削減の折から「動物あいご」に止めたいのかもしれませんね

過去には 熊本市のネグレクトを批判された方が 政治家から糾弾されたことがあるように聞きました

私のように一個人だとせいぜい誹謗中傷で済みますが 仕事がかかっていれば 後輩の方々もやる気なくされ 口を噤まれるのではないでしょうかね

 

昨年末にアーカイブ入りした放送作家さんの検索をされる方のために 記載したブログのタイトルを記しておきます

カテゴリ   動物福祉   taro

2012/01/18 UP原稿  「17年間欠かさず届いた忠ちゃんの花束」

 

 

2013年1月 6日 (日)

2013-1-6 JSPCA 調査

2013-1-6  02:11 現在 JSPCA について 調査した結果です
 http://www.nipponspca.com/



· http://www.nipponspca.com/about.html

· 名誉会員

· 松野頼久
生方幸夫
野田聖子
岡本英子
藤野真紀子
滝川クリステル
勝俣和悦

理事
藤村晃子
(代表理事)
福本健一

監査
高橋敏行
(会計士)

「誠実」さに欠ける政治に言いたいこと

 滋賀県知事「鉛筆持ったらーーー」はあまりにも短絡でした

 国民に対する敬意が感じられない

 数さえあればよいのが政党かもしれないが 「鉛筆」持つまでに思案しなければならない現状の政治家の「良識」のレベルは低い 

 偏差値的には頭が良くても「誠実」とは感じられない 

 投票した国民の意思に背いて簡単に所属を変えて渡り歩く日和見主義者が多すぎる
 


「小沢さんを操る」と言われたが結果的には 莫大な資金を横取りされた風で「小沢さんに操られた」と感じられる


嘉田さんの知性的な魅力に水を差された感ありだ

 知事職を全うされたのちに再出発して頂きたい

 

選挙費用に莫大な費用が必要であるからには 任期途中の辞任には健康障害以外は一定のペナルティ金を課すべきと思う

 

能力があり 国民が容認すれば二足でも三足のわらじでも構わないとは思う

 橋下さんのような政治家がいてもよいと思う

 

維新の党から選挙違反者が多く出たことと 日和見的な側面があることは無関係ではないと感じる

 橋下さんと言えども 候補者すべての行動を制御することは困難であろうと思う


候補者の国民に対する意識の低さの表れかと感じる

 買収する側もされる側も 「その程度の政治」にしか関心がないのかもしれないと思うと 日本はモラル崩壊により国滅びて山河もなくなるかもしれない


若い国民が将来を問い直されなければ 「天に唾する」ことになろうと思う

 原発廃止問題も賛否がほぼ半々のようだが 私に余命が450年あるとされたら絶対に反対すること以外には考えられない

 被ばく被害を考えると作業をされる方々の健康管理は最重要課題と思うが 作業をされる方がおられなくては維持も廃止もお手上げとなるであろう

 昨夜の「サイエンスゼロ」を見ていて改めて考えさせられた

2013年1月 2日 (水)

2013/1/1 新年に思う

2013/1/1 新年に思う
 
多くの災害に合われた方々に心からのお見舞いを申し上げます

 
この年も未だ新年を寿ぐ言葉は憚られます

 
動物関係者の方々にも幾度となくお別れをさせていただくことになった旧年でした

 
一昨年は夫の介護に明け暮れ 昨年4月からようやくホームでお世話を受けることになり安堵いたしました

多くの人様のお世話になれることはありがたく感謝の気持ちで一杯でございます

反面 人生には思いもよらないことが間々ありますが 現代の日本人から「誠実」という言葉が失せていくように感じられて悲しくなることが増えているようで残念に思います

この年が復興促進と国民に対して誠実な政治が実行されますことを そして 全ての人と動物に平安な年となりますように祈ります

             
   
   

                                                                                                                 

 

   
   
 

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック