« 2012-12-26 三宮募金 2 | トップページ | 2013/1/1 新年に思う »

2012年12月31日 (月)

2012-12-29 年収めの言いたいこと

2012年新年に備えてページ更新をしますので 今年最後の締めくくりです


 
悪意をもってねつ造された誤報を吹き込まれた 自称放送作家を糾弾をし続けてブログトップに張り続けましたが 今なお 弁明は元より 謝罪はおろか 平然と動物あいごに関して あたかも知識人のごとくに動物愛護の社会ではリーダー格に名を連ねています

このような輩が大手を振っていられる「動物あいご」のレベルこそが 本来進めなければならない「動物福祉」の向上を阻んでいるのだと感じています

フェイスブックで取り上げました 危ないと感じられるNPO 募金活動は目に余ります

ヒロシマドッグパークの募金で社会はもう少しは危ない募金に関心が深まるのかと思いましたが この危ない募金の主催者には 有名タレントとか愛護団体とかの支持者もいます

 

そのインチキ募金の支持をするタレントを映画上映会でトーク相手に選ばれた監督のお心が察しきれないのです

残念です 

私が糾弾し続けている自称放送作家を 法律改正集会の司会者にしているペット法勉強会の関係者の理念のなさにも落胆しています

弁護士氏は知らなかったと言われるかもしれませんが 少なくとも愛護団体の連合組織の中心におられるM.T氏はご存知です
(
当初には自ら自称放送作家を 松田が糾弾していることを知り 説諭されていますが たぶん無視されたのでしょう)

少なくともこの方がこの集会での司会には適切ではないと主張していただきたかった

何事も「仕方ない」でやり過ごすことも必要なこともありますが この程度の自称放送作家を司会者にしなければならない程度に「動物あいご」の集団には人材がないということなのでしょう
 
と思うことで これらのことを追及することをあきらめることにしました

無責任行為も傲慢に構えて白を切ると謝罪もなしに世間に認めさせるという構図

を 弁護士や社会的著名人なる方々が積極的に支持をして 社会での立ち位置を

定着させることになることを危惧し 憤りを感じます


新たな年もまた 取りかかりには疑惑がいっぱいの募金の主催NPOを調査してゆくことにします

尽きない「動物あいご」の低迷要因は 取りも直さず 動物愛好家によって支えられているということが 「動物あいご」から「動物福祉」への改革を困難にしています

何度も指摘してまいりました 「熊本市動物愛護センター」のネグレクト問題も 熊本市の方針に誤りがあることを 丁寧に善意をもって指摘する人が少なすぎたことが 熊本市の改革のチャンスを奪っていると思います

新たな年に 熊本市自身が意を決して ネグレクト保管の改善に努め 不適切多頭数飼育をやめて 適切な譲渡と「安楽死処置」(安楽殺処置)を実施されるためのサポートをする世論つくりが必要だと思うのです

全職員の方の中にはきっと 現状のネグレクト保管 不適正譲渡に疑問を持っておられるお方もおられるのではないかと思うのです

メディアや 支持者の手前「改革の必要性」を言い出せなくなることも十分に考えられます
 
犬の身になって 熊本市の保管状況にさらされて挙句の果てに殺処分されることを望みますかと問いたい

[
自己愛型動物愛護-S,Ma]は 民間の募金で暮らすあいご団体にとどめて(当面仕方なしですよ) 行政機関では絶対に 適正保管 適正譲渡 適正引取 「安楽死処置」(安楽殺処置)を理念として維持しなければならないでしょう

行政機関として 適正保管 適正譲渡 適正引取 「安楽死処置」(安楽殺処置)を理念として維持している 兵庫県 神戸市動物管理センター譲渡事業支援ボランティアグループ「()日本動物福祉協会 CCクロ」の手本があります
 
全国がこれを見習い 改善を要するところは自らの知識に基づく理念で改善を広める提案をしていただきたい

議員を連れて 「殺処分反対」「譲渡頭数を上げろ」「行政機関での引取禁止」などと叫ぶことはやめていただきたいし 議員は その議員としての自覚ある認識で判断されたい
 
票が欲しいためと誤解されかねない程度の安易な 動物あいご団体や活動家への「協力」は止めていただきたい

締めくくりですので思い切りの自己主張をさせていただきました

 
適切な批判 反論とともにご意見を受けさせていただきますので 暴言ではなく 理性で投稿してくださることを期待します

ご覧くださいましたお方 コメントを寄せてくださいました各位に心から感謝いたします

新たな年も又ご覧くださいますよう期待しています

皆様と動物の平安を祈りつつ 年末のご挨拶を申し上げます
よいお年をお迎えくださいませ

 
                    文責 松田早苗 2012-12-31 7:00 PM

« 2012-12-26 三宮募金 2 | トップページ | 2013/1/1 新年に思う »

動物福祉」カテゴリの記事

コメント

>行政機関として 適正保管 適正譲渡 適正引取 「安楽死処置」(安楽殺処置)を理念として維持している 兵庫県 神戸市動物管理センター譲渡事業支援ボランティアグループ「(社)日本動物福祉協会 CCクロ」の手本があります
全国がこれを見習い 改善を要するところは自らの知識に基づく理念で改善を広める提案をしていただきたい

議員を連れて 「殺処分反対」「譲渡頭数を上げろ」「行政機関での引取禁止」などと叫ぶことはやめていただきたいし 議員は その議員としての自覚ある認識で判断されたい
票が欲しいためと誤解されかねない程度の安易な 動物あいご団体や活動家への「協力」は止めていただきたい


ごもっともです。松田様の理念を広めることが何よりも大切です。

耳障りの良い「殺処分反対」「譲渡頭数を上げろ」「行政機関での引取禁止」は、

虐待飼育者へも動物を飼わせることになります。

真面目に動物愛護に携わっている者ならば、とっくに松田様の理念を理解している

でしょうが、耳障りの良い「殺処分反対」への対抗言論するエネルギーが

ないのでしょう。

損得勘定だけで、耳障りの良い「殺処分反対」「譲渡頭数を上げろ」

「行政機関での引取禁止」と騒いでいるエセは誰でしょうか?

具体的に議員名を教えてくだされば、意見書を出します。

星野さん コメントありがとうございました

【「行政機関での引取禁止」と騒いでいるエセは誰でしょうか?

具体的に議員名を教えてくだされば、意見書を出します。】

ありがとうございます

行政機関へ同行された政治家としては今は特定しませんが 藤村晃子氏が主宰している「日本動物虐待防止協会」の支持者として名を連ねていたのは 松野頼久議員 岡本映子議員(当時) 野田聖子議員 そのほかにも数人いました
これら3議員には 個人メールも 政党へのメールもおくりましたが無視されました
投稿数も多数なので見ていないと言われると仕方がありませんが その程度の人々なのだと感じました
最近は「藤村晃子氏ブログ」を見ていませんが 現状どうなっているのか再度確認してみます

>政党へのメールもおくりましたが無視されました

政治家の仕事量の多さからして、
返事が来ないことが、無視されたとは限りませんから、
天命として発信は死ぬまで続けます。

まずは、「日本動物虐待防止協会」を支持する議員へ
送ります。
兵庫県動物愛護センター、CCクロの理念を広めることが
私の使命です。
全国の保健所へFAX中です。
http://animal-police.lolipop.jp/25nen-do-koube-si.pdf

>少なくとも愛護団体の連合組織の中心におられるM.T氏は

これは誰でしょうか?抗議します。

保護・里親探しをやるなら、「CCクロ方式」を主流にしなければ、
動物に苦痛生活を強いるだけです。それを広めるのが、
天命です。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/333032/48548307

この記事へのトラックバック一覧です: 2012-12-29 年収めの言いたいこと:

» ケノーベルからリンクのご案内(2013/01/01 09:15) [ケノーベル エージェント]
熊本市エージェント:あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。ご訪問をお待ちしています。... [続きを読む]

« 2012-12-26 三宮募金 2 | トップページ | 2013/1/1 新年に思う »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック