« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月16日 (火)

所有者不明動物の警察保管対応について

2012-10-15 

 

昨日からチワワが商店街につながれたままとの通報がありました 

警察と市動管
Cに届けるようにとは伝えましたが 警察が一時保護をされるとのこと

 

飼主が見つかって返還する場合とか 保管期間が過ぎて希望者に譲渡する場合の手続きが 警察では不十分であることが多く 改善を促してきましたがなかなか改まりません


飼主返還であれば無鑑札は「狂犬病予防法違反」であると指摘し 指導されなければならないのですが ほとんどされていないでしょう

 

過去に行方不明の常習犯で自称36回逃がしたという高齢者女性飼主がいましたが 運よくと言いますか「善意」の人により飼主の手元に返されていました

私も3回通報を受けて保護し その都度噛み砕くように行方不明にはしないでと話ましたが その場限りでした


3
回目は市動管Cへ届けました

保管料をを払って不便な頃へ迎えに行かされたと不満でしたが それでも効き目はなかった例もありました

小型犬でしたが成犬譲渡で迎えたとのことでした

 

譲渡であっても事前訪問とか 飼育管理の確認がどこまでできるのか 知識も市動管Cの職員さんとはレベルが違いますから「善意」だけで片付けられることがほとんどです

知識に基かない「善意」は新たな不幸を作りかねないことを自覚して頂きたいです

動物福祉については まだまだ基礎固めが必要な時期であることを 動物関連以外の公務員の皆さんにも 社会の人々にも改めて知っていただきたいものです

2012年10月10日 (水)

遅滞している 順法と 災害時教育

先日 NHKグラン ジュテという番組で女性獣医師の生き方の紹介をされていた 

女性獣医師の互助がテーマであり それ自体は結構なことではあるが
獣医師でありながら映像で出ていた ご自分の家庭犬に首輪も鑑札も見当たらなかった

 
その動物病院の飼主のために解放された交流室に集まっていた飼主さんたちの犬もみな同じであったから 日常から順法 災害時教育とかはご注意がないのだろうと思った


獣医療やトレーニングとしての知識とともに 獣医師は常に動物問題のトップリーダーであっていただきたい

「動物福祉」についても関心を持っていただきたい


NHKも公的なオピニオンリーダーとしての役割からも 担当者として関連の知識を以て 違法な行為(この例では 正確には狂犬病予防法違反
)は事前に注意をしていただきたい

以前にもNHKには他の番組で意見として伝えたことがあった


ああ!!日本はまだこのレベル 先は険しい

2012年10月 7日 (日)

2012-10-6熊本市動物愛護センターブログコメントの反響

フェイスブックから

2007/4からhttp://s-ma.cocolog-nifty.com/を開設していますが 

10/4ぴっぴままさんから
 とてもうれしいコメントをいただきました

常に100人に一人でも理解者があることを願ってと 厳しい私見を述べてまいりましたが 報われた思いです

ブログ開設の意義があったと心から感謝いたします

 

 

松田 早苗 皆さん ご覧下さりありがとうございます

 

OOOOさん コメントありがとうございました 

みなさんのお励ましは何よりの活力の源です

私の人生が終わるころまでには 状況の改善はあまり期待できないのかもしれませんが 後に続いてくださる方々がおられることはとてもありがたいことです

社会に送り出される共生動物のすべてが「動物との共生ってこんなに素晴らしいのだ」と社会のほとんどの方に感じていただけることが 私の最終目標です


現状は動物のことが好きでもなく 嫌いでもない人を「嫌い」と言わせるような譲渡になっています

虐待は絶対に許せませんが 行為を誘発しているのは無責任な譲渡で不適切多頭数

飼育を増長させたり 共生に不向きな動物を「救命」の錦の御旗で社会に迷惑を

及ぼし 動物に不安感を強いることが一因となっていますね

無責任「地域ねこ」や餌付けは 人と動物の不幸を招いていることです

一部の適正管理の「地域ねこ」にも無制限の頭数は不適切管理を誘発する恐れが

あり その点もしっかりと伝えることが大切と感じています

2012年10月 5日 (金)

2012-10-5ぴっぴままさんへの返信

ぴっぴままさん
コメントありがとうございました

このように温かいコメントをいただけますことに感謝の気持ちで一杯でございます

ブログ開設の意義があったと改めてうれしく思っております

 

2007/4若い支援者のお方に ブログを立ち上げていただき 当時は『CCクロ』の一員として活動をしていましたので タイトルも立ち上げてくださったお方がつけてくださり手探りながら今日まで維持してまいりました

 

言動のすべては個人として責任をもち 所属団体に迷惑とならないようにということに重きを置きたくて 本年3月末日をもって所属団体を退会し 全くの個人として活動をすることにいたしました 

それ故にタイトルからも『CCクロ』を外して 気兼ねなく発言できるようにいたしました


誹謗中傷も覚悟で 不遜ではございますが私でなければ言えないことと自負をし 「動物あいご」から「動物福祉」への意識改革を願って 私見を述べさせていただいています

 

時代の波は[自己愛型動物愛護-S,Ma]に陶酔するかのような勢いで「ノーキル」「殺処分ゼロ」を推し進めています

 ぴっぴままさんのように 正しく理解して 発言として意思表示をしてくださる方はごく少数であり 多くの方は理解に至らないよりもしたくないのであろうと推察しています


多くの知識人とされる方々さえも仲間内の言動では厳しく「ノーキル」に対しての批判をされていても 公では避けておられると残念に思いますが 組織維持のためには無理からぬとも感じ ごまめの歯ぎしりよろしく孤軍奮闘中であります

 

9/30動物福祉に関心を深めておられる団体様からのご要請を受けて 関係ボランティアさんに対して 「動物を取り巻く活動の推移」として私の経験をもとにお話をさせていただきました


この団体様の基本理念は「動物福祉」の向上と普及であり 参加されておられる方々にも チームリーダーのお考えが良く届いていると感じられ 感心しております

組織としての「譲渡基準」も厳しく [繁殖規制の無い現状では 安楽死処置は動物福祉からは切り離せないものです-S,Ma]という私の考え方にもご理解をいただいています

 

話しました内容は厳しいことが多くて ボランティア活動に参加されて間もない方には受け入れ難いのではないかと案じましたが ほとんどのお方にご理解を頂けたようで安堵いたしました

 

【まだまだ、やらなければならない課題がたくさんあるのだと】

そうですね

動物福祉の向上のためにともに努力し 将来の日本において「動物福祉」の真の理解者が増えますように相互に尽力いたしましょう

 

今後も臆することなく持論の展開に努めたいと存じますが 疑問質問 反論等 コメントをいただくことはありがたいことですので どのようなことでも結構ですので 宜しくお願いいたします

 [「誠実」に「真実」を語り「親切」であれ-S,Ma]を基本にし努力させていただきます

 

ご自愛の上ご活躍くださいますようお祈りいたします 松田早苗

 

2012年10月 4日 (木)

chara_kさんコメントありがとうございます

 

私も40年前 スタート地点では 動物愛好家に「悪い人はいない」と思い 「安楽死処置」(安楽殺処置)についての知識も認識もないままに救護活動で保護した動物を無差別譲渡していました

その後の譲渡先の観察で「助けたつもりで 苦しみを我慢させているのではないか?」という思いを何度も経験しました

いったん譲渡した所有権がある動物を引き取ることは予想以上に困難でした

 

当時の一般的な飼主様の動物飼育の知識では決して「悪いことをしているのではない」動物との共生はこの程度が当たり前という感覚で つなぎ放し 飲用水は汚れている 与えているものは残飯 有害物も知らないままに 行方不明も「いつの間にかいなくなった」という程度でした

何が不足で返還を迫られるのかが理解できないで激怒する人もおられました

 

譲渡基準を厳しくすれば譲渡先は少なくなる 手元で不適切多頭数飼育はしたくない せっかく助けた動物を理由の如何にかかわらず捨てられない  行政機関に託すには信頼ができない時代でしたから悩みましたね

 

そのようなときにボンフォード先生に巡り合えたのです

動物にとっては獣医師がしてくださる1本の注射は治療なのか 永遠の眠りなのかはわからないままに 抱いている自らの手の中で安らかになる 

これしか現状を切り抜けるすべはないと思いましたね

 

その後の40年間には 確かに飼主さんの知識は増え ある程度はよくなりましたが 個人の管理される動物への知識はしっかりとされていても社会の中の1匹に対する関心は薄く 溺愛もあったり 「動物福祉」の観点ではまだまだ関心は低く 「あいご」でとどまっています

 

それは多くの活動家を自認する人々にも同様です

投稿者のような「ノーキル」を謳う人々には身の回りの1~数匹のことで 自らが見ない 見たくない動物の悲惨な姿に想像力は働かないか 無関心でやり過ごされるように感じます

 

時には「地域ねこ」という名目で遺棄することで回避することもあり 行政機関でさえも「元のところへ帰してやればよい」といって せっかく救護した子猫でさえも遺棄を示唆しています

 

法律第105号に遺棄は罰金付きの犯罪ですと書かれている

遵法義務があり広報義務がある行政機関自らが犯罪を犯しているに等しい行為を平然とされ それを賛美する社会となっている現状は法治国家ではなく「放置国家」であると言いたいのです

 

40年間に出会った浮浪動物で「幸」だと感じたことは一度もないし 餌付けの人々はほとんど最後を見届けない 
見届けられないからしょうがないとは言わせない 


しかも 衰弱したからと 私に引取要請をされる そのままに傍観して「自然死」だとうそぶかれるよりはましなので引き取ってきたが 「ようそんなこと(黙って引き取ること)ができますね」というから その程度の人との問答はしないことにしていました

放置されて死を待つのはあまりにも忍びなく 動物には詫びる気持ちこそあれ同情しかないので引取 動物病院での「安楽死処置」(安楽殺処置)をお願いすることになる

 

飼主の本当の責任は共生動物の死を見届けることです

本来は譲渡先の動物であっても死の報告が得られることが基本であるように 追跡調査は必要です

 

そられのどの項目も達成できていないから当該の行政機関を批判しているのです

 

「ノーキル」も「殺処分ゼロ」も数字的には明日からでも実現できます

引取拒否 無差別譲渡 不適切多頭数飼育 国を挙げてこれが目途となるのは阻止したい

多勢に無勢ではありますが

適性譲渡とは「安心」「安全」が基本であり 社会に送り出す動物が「不安」「忍耐の強要」「偏共生」とならない配慮が必要である –S,Ma

票取の政治家に「動物あいご」で止められないように 「動物福祉」は関わる「人」のためにも向上させなくてはならないと言い続けます

 

今後共にご尽力を賜りますようお願いいたします S,Ma

2012年10月 2日 (火)

熊本市のサポーターさんへの返信

 

先ずは コメントありがとうございました

 

【その歩みを阻むことだけはなさらないで欲しいと強く願います。】

 

その歩みを阻むのではなく「あいご」から「動物福祉」へ前進させたいから申したことです

40年間活動を継続し シンポジュウム等での知識の取得にも努めて 多角的に経験を積むことにより この考えに至ったのであり あなたが「遺憾」に思われるのは致し方ありませんが そのような意見を述べられるのであれば あなたの活動履歴と せめてイニシャルでも名乗られることが礼儀だと思います

 

当方の返信の内容も分かりやすく述べるべきか 対等に反論すべきか決めかねます

 

【このような考え方では、「家族」としてのペットの「幸せ」など永遠に訪れませんよね。】

 

全く異なる立場で同じことを申し上げたい

ネグレクトをも容認してでも「ノーキル」に徹して終生飼育を強要されるのか 
あなたのお考えの動物の「しあわせ」とは何を指しておられるのか
?

 

全ての飼主様が知識も意識も十分に動物福祉についての基本(5フリーダム(5項目の自由))を正しく理解し実践して 動物との共生を始められる方ばかりではないことにお気づきでしょうか?

 

悪意ではなく知識もありながらも人の生活維持のためにやむを得ず 飼育中断をされる飼主様もおられます

その場合に 最後の飼主責任として「安楽死処置」(安楽殺処置)を選ばれることに私は敬意を感じます

 

ご存知でありながら敢えて「ノーキル」を叫びたいお方なのか?

後者であれば意見は平行線でしかありえませんね

 

遺棄放棄が後を絶たないのはなぜだと思われますか?

【安易な飼育開始と放棄が動物も人をも不幸にすることになる-S,Ma

 

熊本市の保管についても 譲渡基準についても あまりにも動物福祉を軽視されていると感じます

此処に意見を述べられた3(同一人か 全くの別人か)の方々に準じたサポーターに支援を受けておられる熊本市の行政機関も 変革の機会を見失われるか 方向の是正を言いそびれるのかではないかと危惧いたします

 

メディアも「あいご」の団体もこぞって ネグレクト保管での「ノーキル」状態を絶賛されたのでは 今更適切な「殺処分」は必要だとは言えないでおられるのではないかと拝察します

熊本市を表彰されたそれぞれの団体には「動物福祉」の観点から妥当ではないと申し上げました

時勢に乗られた程度のように印象を受けたからです

 

これだけの意見が言えますのも現状では所属組織を離脱し 全くの個人として発言させていただけるからですが 多くの知識人とされる方々はその肩書きゆえに 
熊本市方式に対して公には反対意見を述べられません

 

日本の活動組織は「動物あいご」にとどまり 「動物福祉」に徹しておられるところは表立っては真髄を述べられません

それも無理からぬことと感じます

組織維持のためには 会員確保 募金の協力を得なければならず それらの達成のためにはごく一般的な人々にも参加していただくことで維持されるからです

 

それは裏を返せば
   

【ペット後進国である日本が】

あなたのおっしゃるように 動物にかかわる個人 団体も含めて国民の知識水準を表していると思います

 

【その歩みを阻むことだけはなさらないで欲しいと強く願います。】

 

動物福祉について知識を増やして ネグレクトについてお考えくださるか 全てを知りつつも現状維持をされるのか お尋ねいたします

そして 別の角度からではありますが 安易な「ノーキル」「殺処分ゼロ」で動物を苦しめないために  私もまた同じ言葉であなたにお願いをいたします

 

【その歩みを阻むことだけはなさらないで欲しいと強く願います。】

 

どなたにもまっすぐに物申すことは 信念に基づくところであります

 

意見は黙っているよりも いつでもだれに対しても適度に申すことはよいことですが 原則「匿名」とか 今回のような 「名無し」 では自信の無さを感じます

 

当方は実名ですから できれば実名での議論であっていただきたいと存じます

失礼がありましたらご寛容にお願いいたします 松田早苗

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック