« 2010-11-15inチッチさんコメントペット法塾シンポへの返信 | トップページ | 2010-11-18編 ブログコメントからの訪問者急増 »

2010年11月18日 (木)

2010-11-18編  動愛法塾のホームページ-ポケスペ の疑問と意見

2010-11-18in 動愛法塾のホームページ-ポケスペ

(,Ma注-): 動愛法塾のホームの主体が判明しません

執筆者不明のゲリラ的に扇動目的の一時的サイトなのか 検索用語「動愛法塾のホーム」では判明しませんが S,Maの技術不足かもしれません お心当たりの方はお知らせくださいますようよろしくお願いいたします S,Ma

これは Google に保存されている http://pksp.jp/doubutuaigo/?&o=0 のキャッシュです。 このページは 20101114 20:07:53 GMT に取得されたものです。 そのため、このージの最新版でない場合があります。 詳細

キャッシュ リンク

Google では、該当のページのサーバーがダウンした場合でもコンテンツを表示できるように、多数のウェブページをクロールの時点でキャッシュしています。[キャッシュ] リンクをクリックすると、このクロール時点でのページが表示されます。キャッシュに保存されているコンテンツは Google の検索対象となります。

キャッシュを表示すると、それが実際のページではなくキャッシュに保存されているバージョンであることがページの上部に示されます。また、キーワードに一致する箇所がハイライトされて簡単に確認できるようになっています。

クロールされていないページや、作成者からキャッシュの削除依頼があったページには、[キャッシュ] リンクは表示されません。(,Ma注-赤文字強調はS,Ma加工 元隠しに削除されたと言うことか? 元を判明させたくないため?)

テキストのみのージョン

このページへのリンクにだけ含まれているキーワード: ホームページ 

http://pksp.jp/doubutuaigo/?&o=0

【リンク転載歓迎】

『動物愛護法改正、これではダメだ!』

2011年に動物愛護法改正があります。 愛玩動物達を守るハズの法改正しかし、この法改正はベット業界人により幾度となく曖昧な法改正に終わっています。 前回の動物愛護法改正の時にも『ペットショップ・ブリーダーにおける、生後8週齢未満の販売規制』の法案が上がりましたが、ペット業界の猛烈な反対により法改正までには至りませんでした。何故、ペット業界の反対により法改正に至らなかったのか? ここでは、あまり知られていない動物愛護法改正(検討・実行)委員会の裏側を暴き、正当な法改正を目指す為に環境省へ訴えかけていきたいと思います。

《ページ1》

『ペットショップ・ブリーダーにおける、生後8週齢未満の販売規制は本当に実現するのか!?』ペットショップ・ブリーダーでの、生後8週未満の犬や猫の販売規制の要望は、前回の法律改正時もありました。 動物取扱業者の猛烈な反対により、前回の法改正には盛り込む事が出来ませんでしたが、今回こそはと動物好きな人々、個人ボランティア、動物愛護団体が切に願い、署名などでも要望してきています。ですが、ここにきて、その要望の中心にいるはずの人々が、業者の味方についているのではないか、という事態が露見してきています。 やはり、動物の事を愛し、真剣に不幸な動物をなくしたいと損得なく純粋に願っている人達の希望は商売や儲けで成り立つ業界には勝てないのでしょうか? 生後8週未満の販売規制について否定的な意見を出しているのはペット業界人だけではありません。 『動物との共生を考える連絡会』『日本動物福祉協会』 『日本動物愛護協会』 なども否定的な意見を出しています。

《ページ2へ…

動物愛護法改正を決定する2つの委員会。『中央環境審議会動物愛護部会』・ 『動物愛護管理のあり方検討小委員会』・ この2つの委員会に全国ペット協会副会長・JKC理事長などの人物が君臨しています。 更に委員会メンバーである日本動物福祉協会・日本愛玩動物協会・動物との共存を考える連絡会などはペット業界から支援をもらっています。動物愛護を考えながらもペット業界の利益損害にならない様にとも考えていると思われます。 この様な方々が動物愛護法改正(検討・実行)委員会のメンバーではペット・販売・繁殖業界に対しての厳しい規制強化は全く望めません。

《ページ3》

『全国ペット協会』はペットショップやブリーダーなどの集まりです。その役員に常務理事として空港ドックセンターの0氏が役員名簿上から5番目に載っています。 空港ドックセンターの噂を聞いた事がある方々もいると思います。 また、実際に空港ドックセンターへ行った方、空港ドックセンターからペットを購入した方々、まともで綺麗なペットショップだと思われましたか?この様なペットショップが役員の全国ペット協会。 そして全国ペット協会副会長が動物愛護法改正の委員会メンバーとして大きな影響力があるのが現状です。 ペット業界への厳しい規制は即、自分達の首を絞める事に繋がります。

《ページ4へ…

『動物との共生を考える連絡会』 『日本動物福祉協会』『日本動物愛護協会』 この3団体は、ペット業界から支援してもらってます。 口では動物愛護を唱えていますが、動物愛護法改正ではペット業界から支援を貰っている立場上、ペット業界の不利益になる様な法案には賛成出来ないでしょう。更に前回の生後8週未満の生体販売を見送った法改正の時に環境省室長(トップ)だったT氏が『日本愛玩動物協会』(小委員会メンバー)理事となって天下りしています。 未だに環境省へ影響力があると思われます。天下った官僚への報酬は一般レベルとはケタが違います。その報酬は何処から得ているのか

《ページ5へ…

ペットを販売する者たちで組織された『全国ペット協会』・その組織から寄付金を受けている関係者が動物愛護法を改正する為に存在する。そんな馬鹿げた委員会が存在していること自体、不思議な世界だ。 生後8週未満のペット販売禁止はペット業界にとって痛手となる法律です。 ペットショップに並ぶ仔犬猫たちは生後30~45日が殆どで、可愛い盛りの仔犬猫たちこの可愛い盛りに売らないとチャンスを逃し、売れ残ってしまうとペット業界は言う。 ペット業界用語で『生き物は2週間で売るのが鉄則』が有る。それを8週齢(56日)まで親犬猫と暮らさせて社会性を身につけてから販売するとなると、経費が掛かるだけでなく仔犬猫が大きくなり売れ残るというリスクを抱える。これだけは絶対に法律で決められては困る訳だ。 前回の法改正でもペット業界の猛烈な反対に遇い、法改正は見送られた。今回も議題に挙がっているが、法改正のメンバーは、またもや議論の末、見送るつもりなのか?ペット業界から寄付金をもらっている委員会メンバーは今回も見送るでしょう。 法改正の委員会メンバーに利害関係者を入れては駄目なのです。

そんな人達が動物達を守る法改正の審議に自己の利害を考えずに出来るでしょうか?寄付金を集めてくれるスポンサー(ペット業界)を裏切る事は出来ないと思います。

《ページ6へ…

『何故8週齢未満の生体販売を規制する必要があるのか?』…… 仔犬猫達は親兄弟と暮らす事により社会性を身に付けます。 その期間が短ければ他の仲間達と仲良く出来ない事や、問題行動を起こす原因にも繋がります。更に重要なのは母親からの授乳により免疫力を付ける期間でもあります。授乳期間を短縮してペットショップへと並ばされる仔犬猫達は免疫力不足・遺伝性疾患・各病気の発症へと繋がります。『売れさえすれば良い』とするペット業界にとって、それらは問題外なのです。

《ページ7へ…

その他、ペット業界・関連団体が否定的な議案について2・3上げてみます。

【深夜販売・販売時間】についても愛護団体等は・深夜販売は禁止(夜8時以降の生体展示は禁止等) 販売時間は成熟個体は1日8時間までで、途中に休息時間を設ける等。幼齢個体はさらに配慮必要。と訴えているのに対し業界団体は・深夜販売は、業界より夜8時以降の販売を行わないとする指導等が行われていることから、当面はこの自主規制に任せるべき。深夜販売は、店舗販売に比べて犬猫生体にとって悪い影響がでるという認識はない。 などと反論しています。

【生体の移動販売・インターネット販売・オークション市場】 動物愛護団体等の意見は、移動販売・インターネット販売・オークション市場は禁止すべきと訴えているのに対し業界団体等は、犬猫の生体のインターネット販売は、店舗販売に比べて犬猫生体にとって悪い影響がでるという認識はない。むしろ店舗に生体を展示する必要がないので生体にとってはよりやさしい販売方法といえる。犬猫の生体の移動販売は店舗販売に比べて犬猫生体にとって悪い影響がでるという認識はない。 オークション市場(インターネットオークションの市場も含む)は動物取扱業に含めて監視すべき。 などと意見しています。

【繁殖制限措置】 (繁殖年齢や回数の制限等の具体的数値規制の検討) 『動物愛護団体等は』、母体への健康影響に配慮し、数値規制が必要と訴えているのに対し、『業界団体等は』、犬種によっても適切な繁殖の時期・頻度等は異なる(普通分娩か帝王切開分娩か等にもよる)ので、一律の規制ではなく、業界の自主規制に任せるべき。と意見しています。

《ページ8へ

ペット業界・関連団体等がしきりに言う『自主規制に任せるべき』この自主規制を無視して幼齢期からや高齢繁殖を繰り返す悪徳繁殖業者達や深夜販売や劣悪な飼育環境で販売を行わう悪徳ペット販売業者が沢山います。 業界側の自主規制に任せていては悪徳繁殖業者・悪徳ペット販売業者などを撲滅する事も取締る事も出来ません。 これらの悪徳ペット関連業者を規制・取締る為の法改正のハズがベット業界によって、悪徳ペット関連業者達に逃げ道をつくる法改正になろうとしています。

《ページ9へ

我々、動物を愛する国民が何も知らないと思って、ペット業界に優しい曖昧な動物愛護法改正を作ろうとしている環境省に『動物愛護法改正の委員会に利害関係のあるペット関連業界が入っいるのは何故か?』・ 『小委員会と愛護部会に同じ人が入ってるのは何故か?』・ 『動物達を守る為の法改正なのに、ペット業界を守る法改正になっているのは何故か?』・・・・ この様な事を問いかけ、今回の法改正からペット業界を排除し本当に動物達の為の法改正へと皆が望んでいると訴えて下さい。 法改正は一部の人間達だけで変えるモノではありません。 私達、みんなで変えるものです。 ご協力よろしくお願い致します。

《ページ10へ

『環境省自然環境局 ・総務課・ 動物愛護管理室』

03-3581-3351

【環境省アドレス】

【動物愛護管理のあり方検討小委員会・議事要旨】

【中央環境審議会動物愛護部名簿】

【動物愛護管理のあり方検討小委員会名簿】

コチラへ皆様の声を届けて下さい

『環境省自然環境局 ・総務課・ 動物愛護管理室』

03-3581-3351

【環境省メール・アドレス】

~追[携帯ード]

2010/11/07[]
生後8週未満販売規制


ペット業界だけが悪い訳ではありません。

日本人の『仔犬が可愛い』意識にも問題があります。

購入者(飼う側)の意識改善も必要です。

買う人がいるから売る
売る人間がいるから繁殖させる。

これが自然な流れならば酷い状況は生まれないのですが、『ブーム』と言う言葉に流され何の知識も終生飼育の決意も無く、安易に買う人達が増える事により、こことぞばかりに利益優先の業者が増える事になります。

飼う側(買う側)の意識改善が根底にあると思います。加記事~

友達に教える  

ご意・ご感想】

今日は33昨日は95人来ました

《《1816》》

今日は33昨日は95人来ました

とありますが昨日の95も今日の33の内容も確認することはできず

【この掲示板に対する書き込みはまだありません。

と記してあります 意味が解りません 高度な技術でしか読み込めないのでしょうか?

それとも 単にクリックされただけの同意も不同意も含めての訪問者数ですか? ,Ma

〔動愛法掲示板〕
90HIT


新規書込
昇順表示


タグ:未登録 []


この掲示板に対する書き込みはまだありません。


ページへ戻る
お友達に教える
掲示板ナビへ
 



注目タグ|カテゴリー|最新書込
新着スレッド|ンキング|使い方

注目タグ

ショタ / アニメ / 無修正 / アイドル / エロ画像 / 画像 / 同性愛 / 雑談 / 動画 / エロ動画

もっと見る

カテゴリー

最新書込

スピカ【ゼクロム】ハァハァ…///(虚ろな表

>>見る


おぉぉ!!出来ましたな画像のサイ

>>見る


中間試験の季節ですね~今思えば期末一

>>見る


もっと見る

新着スレッド

ネズミ、チューチュー
水着

妊婦
制服
着衣

もっと見る

週間ランキング

閲覧数ランキング
書込数ランキング


友達に教える


ポケットスペース


,Ma意見

掲示板ナビへ を素直にクリックして  同性愛」 が赤文字で出てくる 日常に検索しているから?   S,Ma

(同性愛が悪いと言うつもりはありませんので念のために)

下記に記されていることの【ここでは、あまり知られていない動物愛護法改正(検討・実行)委員会の裏側を暴き、正当な法改正を目指す為に環境省へ訴えかけていきたいと思います。】

について,Maの意見を述べます (,Ma注-正当な法改正  の部分S,Ma 文字加工)

これではあたかも環境省を交えて不正な委員会人事が行われているかのようにも感じ取れますが環境省の裏側があると言う確たる証拠を提示されますか?

誤解を招かないために念を入れますがあくまでもS,Ma個人としての意見ですから いかなる団体組織 機関からの影響はなく 異議があれば個人としてお受けいたします

このような事が黙認されるなら 自分に不都合なことは議論として戦わず 捏造に近い不快感を煽ることで自己の不正確な言論を誤魔化す手段に使うネット情報は 情報としての価値をなくします もはやその段階に達しているとも言えそうな昨今ではあると憂慮してはいます

文中からの抜粋

更に委員会メンバーである日本動物福祉協会・日本愛玩動物協会・動物との共存を考える連絡会などはペット業界から支援をもらっています。動物愛護を考えながらもペット業界の利益損害にならない様にとも考えていると思われます。

寄付をいただいたことは事実のようですが それにより法改正に手心を加えるようなことがあれば組織としての理念を失います

,Maの知る限り日本動物福祉協会・動物との共を考える連絡会(,Ma注- 動物との共を考える連絡会?)共に 少なくとも組織運営に責任あるお立場の方々には 寄付金により寄贈者に迎合し持論を曲げるほど信念のない人はおられないと思います

日本愛玩動物協会様については私は全く情報を持ちませんので是非を断定しませんが それは疑念があると言う意味ではないことを申し添えます  前記2団体はS,Maも所属していますので断言しているだけです 誤解のないようにお願いいたします

これは推測ですが S,Ma書き込みhttp://s-ma.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/2010-11-9-393b.html#comment-78069823

に対するある種の反撃のおつもりかと感じます

ブログ鳥の広場でも正論を述べておられますが 藤村晃子氏が正当に反論できないから迂回して正当であるかのような形をとることで関心を他にそらせようとされたのか?

このような事が起こることは S,Maの邪推であることを願うほどに情けないことだから敢えて申上げますが 藤村晃子氏はどうか鳥取県でのパブコメに関する当方の疑問に応えていただけないでしようか?

藤村晃子氏のブログ内で結構ですから 鳥取県でのパブコメに関する意見として

お示しください よろしくお願いいたします S,Ma

持ち込まれる子猫は譲渡されずに、殺されています。(生きたままの焼死です)】

藤村氏のブログから この一行がひっそりと削除された理由は何か? 

もしも ご自分が動物活動に主導的に活動をされようとされるなら文責は明らかにされるべきです

文責S,Ma

藤村晃子氏のブログ以外にも当該個所が検索では出てこない 空白ページにされているように感じます

都合が悪いから密かに削除ではなく 不用意にコピペしたことを詫びられる方が誠実な行動であり 読者に対する情報提供者としての義務であると思います

,MaのPC技術は未熟ですので確信を以って断言はしませんが ありそうな個所を探しても単純に検索して探せませんでした  

もしも 誤りでありましたら 当ブログでもそちらさまのブログにもお詫びの言葉を発します さもなければ [「誠実」に「真実」を語り「親切」であれ-S,Ma]と言うことが架空の単なる空ごとになりますから 

常に自らの言動には責任があることを心得て この40年間活動を続けてまいりました     全ての文責S,Ma


環境省へも転送いたします S,Ma

« 2010-11-15inチッチさんコメントペット法塾シンポへの返信 | トップページ | 2010-11-18編 ブログコメントからの訪問者急増 »

動物福祉」カテゴリの記事

コメント

 「動愛法塾のホームの主体が判明しません」
 故意にそうしているのでしょう。
 ノーキルの呪文を唱えるしか脳のない人達は、一人で20もブログをやっている人達がいるそうです。
 活動実績頭数の水増しだけじゃなく、世論の水増しもやっている按配ですね。

 内容のないコピーのサイトなら、一人で20のブログ運営も作業としては簡単でしょう。
 ノーキル議員連加入の団体が、代表に藤村晃子氏を持ってきた、その事自体、多くの事柄を示唆する展開になってきました。

 藤村氏はブログでおしゃべりせずにはいられないでしょうから、ある意味、好都合です。

 蛇足ですが、エンジェルズ(旧アークエンジェルズ)追求ブログ「AAを告発しました」でも、こちらのブログを紹介していました。
 また、「わたしのブログさん」が更新していますね。
 法改正審議の過程を記事にしておいでです。
 こういうブログが増えると、私は少しお休みとってもいいかなぁと思います。

 ついでながら、以前、送って頂いた資料と同様の事例がニュースになりました。
 どこの国でも、ペットの遺棄が止みません。
 それを考えれば、ペット品種の開発にも法規制をかけていくべき。
 人の手によるトリミングが身体管理に不可欠な犬猫など、進化の過程で自然に生まれてくるはずもなし。

”毛むくじゃらになりすぎていた捨て犬”
ロケットニュース 2010年11月12日

毛が長く伸びることで知られる愛玩犬のプードル。心ない飼い主により捨てられた1匹のプードルが、米ルイジアナ州で保護された。発見当時、大量の毛に覆われており目も鼻も見ることができないほどだったという。食事もままならなかったと思われるのだが、幸い栄養失調ではなかった。どうやって物を食べていたのか、獣医も首を傾げているそうだ。

10月19日ニュー・オリンズ近郊のラ・パレスで、1匹のプードルが保護された。トレイシー・レイピーローズさんは溝にうずくまる灰色の物体に気付き、それが犬であると分かったときには大変驚いたそうだ。拾い上げると、彼女はすぐに動物病院へと連れて行った。

犬の姿に獣医もビックリ。顔も識別できないほど大量の毛に覆われていたからだ。診療の前にまずは散髪が行われた。毛を刈っていくと、中からゴキブリが出てきたそうだ。そのほか虫や埃がたくさん紛れ込んでいた。長時間の手入れの末、刈り取った毛の重量は約1キロにも及んだという。やせ細っていたものの、意外に元気で獣医はホッとしたようだ。

トレイシーさんによれば、「彼は自分に耳があることを忘れてみたいね。毛を刈り取ったら耳がぶら下がっていることに驚いて、ブンブン振り回していたわ」と語る。発見時、衰弱が激しくまともに歩けるようになるまでに、1週間かかったそうだ。現在は食事もしっかり摂るようになり、健康そのものなのだとか。

この犬は彼女によって「リプリー」と名付けられた。信じられないような事実を描いた漫画「リプリーズ・ビリーヴ・イット・オア・ノット」の作者であるロバート・リプリーにちなんで命名されたそうだ。身体を覆いつくしていた毛は、まさに信じられないような事実であった。無事に可愛らしい姿を取り戻すことができて何よりである。】


「更に委員会メンバーである日本動物福祉協会・日本愛玩動物協会・動物との共存を考える連絡会などはペット業界から支援をもらっています。動物愛護を考えながらもペット業界の利益損害にならない様にとも考えていると思われます。」

 藤村晃子氏の人間性をよく現していますね。
 自分で他者を判断すれば、きっとそういう方程式になるのでしょう。

 藤村氏とその同志にとって、金銭授受はすべからく見返りを伴うもの、
 金銭を授ける側が、受ける側を”縛る”ことに直結するのでしょうね。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/333032/37722803

この記事へのトラックバック一覧です: 2010-11-18編  動愛法塾のホームページ-ポケスペ の疑問と意見:

« 2010-11-15inチッチさんコメントペット法塾シンポへの返信 | トップページ | 2010-11-18編 ブログコメントからの訪問者急増 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック