« 相馬雪香先生をしのぶ | トップページ | ノーキル発想ではなく「真の動物福祉」を広く考察し 広報するために »

2009年11月14日 (土)

『犬と猫と人間と』新着情報です

『犬と猫と人間と』新着情報です 20091113 15:39

何時ものように抜粋です すみません 

飯田監督の舞台挨拶予定が決まりました 

11/21~  大阪府 第七藝術劇場            TEL:06-6302-2073

             ※11/23() 飯田監督の舞台挨拶を予定

11/21~  京都府 京都みなみ会館          TEL:075-661-3993

             ※11/23() 飯田監督の舞台挨拶を予定

●大阪第七藝術劇場のチラシ配布ご協力頂ける方も募集中!!  info@inunekoningen.comまでお問い合わせ下さい。

ご協力いただける方よろしくお願いいたします。S,Ma

■他地域に関しても、チラシ配布に関する申し出をいただいて

おりますが、地域によりチラシの用意が難しい場合がございま

す。下記の東風までお問い合わせ下さい。

■お問合せは、配給:東風まで。

 〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-42-11 カーサ新宿705号室

 TEL:03-5155-4362 FAX:03-5155-4364

 E-mailinfo@inunekoningen.com

-----------------------------------------------------------

  3.その他の劇場情報!

-----------------------------------------------------------

<現在上映中!>

11/13 新潟県 十日町シネマパラダイス  TEL:025-752-7505

11/720 愛知県 名古屋シネマテーク    TEL:052-733-3959

      7()13()14:15/16:20/18:30

         14()20()→朝10:30の上映となります。

<間もなく公開!>

11/21~  岡山県 シネマクレール          TEL:086-231-0019

11/21~  広島県 横川シネマ              TEL:082-231-1001

11/21~  大阪府 第七藝術劇場            TEL:06-6302-2073

             ※11/23() 飯田監督の舞台挨拶を予定

11/21~  京都府 京都みなみ会館          TEL:075-661-3993

             ※11/23() 飯田監督の舞台挨拶を予定

11/28~  神奈川 シネマ・ジャック&ベティ TEL:045-243-9800 

             ※11/28() 飯田監督の舞台挨拶を予定

12/5~   北海道 シアターキノ            TEL:011-231-9355

12/5~   神奈川 川崎市アートセンター    TEL:044-955-0107

       ※12/5() 飯田監督と小西修さんのトークを予定

        上映期間中、小西修さんの写真展を予定

12/5~   福岡県 KBCシネマ12            TEL:092-751-4268

           12/6() 飯田監督による舞台挨拶を予定

12/7~   愛媛県 シネマルナティック      TEL:089-933-9240

12/12~  兵庫県 神戸アートビレッジセンター  :078-512-5500

12/1319 徳島県 シネアルテ              TEL:088-632-2239

          12/13() 飯田監督による舞台挨拶を予定

12/12~  富山県 フォルツァ総曲輪         TEL:076-493-8815

2010年>

1/9   静岡県 浜松 CINEMAe_ra         TEL:053-489-5539

                   12/9() 飯田監督による舞台挨拶を予定

1/16,17  長野県 松本シネマセレクト       TEL:0263-98-4928

                   12/16() 飯田監督による舞台挨拶を予定

1/23~  新潟県 新潟シネウインド        TEL:025-243-5530

1月予定  北海道 苫小牧シネマトーラス    TEL:0144-37-8182

時期未定  群馬県 シネマテークたかさき     TEL:027-325-1744

時期未定  石川県 シネモンド              TEL:076-220-5007

まだ今後も増える予定です!

<自主上映会>

「犬と猫と人間と」船橋上映会

 日時:11/22() 6時開場・6時半上映開始

 会場:船橋市勤労市民センター地下2階ホール

 http://www.chibaphil.jp/map/funakin.html

 主催:『犬と猫と人間と』ちば上映実行委員会

  入場料:1000

 連絡先:090-4075-5967 / HCE03065nifty.com

 後援:船橋市教育委員会

■自主上映に関しては、各地の劇場公開との兼ね合いを見ながら、

 ご相談させて頂いております。お問合せは東風まで。

DVDパッケージの発売は劇場公開終了後となります。

■以上、転送歓迎です。

<編集後記>

東京でのイベントや取材対応に加えて地方上映の準備もあり、

なかなかニュースの発行ができませんでした。

おかげさまでニュースの配信数も2000を超えました!

今後ともよろしくお願いいたします。(飯田)

※このメールニュースがご不要な方は、お手数ですがその旨を

 記してご返信お願します。

***************************************

発行責任者:飯田基晴

映像グループ ローポジション 

222-0024 横浜市港北区篠原台町36-28-603

Tel&Fax050-3744-9745

E-mail: motoharu@mse.biglobe.ne.jp

URL: http://www.inunekoningen.com/

***************************************

« 相馬雪香先生をしのぶ | トップページ | ノーキル発想ではなく「真の動物福祉」を広く考察し 広報するために »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

うちのブログに書きましたが、米子の自称保護活動家が”いつでも里親募集中”におかしな投稿をしています。

もう、ほとほと嫌気が差します。

鳥取県が間接譲渡システム整備をした途端、県内の保護活動を自称する会は2つとも”引きました”。

あれだけ、保健所収容動物に執着しまとわりついていたのにね。

ちゃんとした譲渡なんか出来ないんでしょうよ。

招き猫さん
http://blog.canpan.info/day_by_day2009/
で経緯の詳細を拝見しました

私の経験でも幾つかあまりにも愚かな譲渡の顛末に愕然としたことがありました

ある地道に熱心に活動をされる方のところへ 問題行動を知りつつ犬を押し付け譲渡をしたノーキルの人たちがいたのですが このような例は珍しいことではないことが 動物の問題をややこしくしています

「お宅に預かってもらえないとこの動物は殺されます」というのが決まり台詞です
預けた後には引き取り日の無期延期 押し付け譲渡となり「いい所へもらわれました」と言う
動物が好きな人の心を踏みにじり 傷を付ける所業は悪辣であり 自らの心さえ救われれば他人のこと 対人恐怖のためにストレスの塊となる動物のことには思いやれないタイプです

このようなことはノーキルの人たちには当たり前の行動であることが「殺処分ゼロ」の根底にあり 
そのような現実を知りつつか 知らずか(知らないことは専門家とはいえないが)「優しさ」の表れと摩り替えようとされている専門家 学者と称されているかたがたがいると 私は感じています


この例では 行政機関から裏口で引き出し(出させた行政機関にも責任はあり)夜も更けてから ノーキル3人組で知人を頼って「預け」たいとの頼み込みをされたようです
その方もお身内にご不幸があった頃で きっぱりと断れないままに とにかく預かったものの幾度となく治療を必要とするほどに咬みつかれたそうです
その方は断らなかったご自分に非はあるが 他人に預けて迷惑を顧みないノーキル3人組に改めて失意を感じられたと話されました
その後 散歩中に異物を飲み込んだことで 動物病院に連れて行った際 幾度となく咬傷事故を見ておられた先生から この際に安らかにしてやったほうが犬のためにも飼主のためにも賢明だと諭され 安楽死処置の決意をされ 安堵されたそうです

招き猫さんの例でも”いつでも里親募集中”におかしな書き込みがしてあるとのことですが 私の知っている犬についても矢張り行政機関からすぐに譲渡先があると言って引き出しておいて”いつでも里親募集中”に掲載していました 
偶然に私が見たのですが 私の知っている経緯とまったく違う事情が書き込まれていました
「幸せになるため」なら 嘘も方便はある程度は容認しますが もしも 私が偶然に見たように 元の飼主さんがご覧になられたら ひどい嘘に傷つかれることだろうと思いました

ノーキルの人々には動物が息をしていることで 「幸せ」がなくても満足なのかと思うことがあります

>あれだけ、保健所収容動物に執着しまとわりついていたのにね。
それ故に行政機関は譲渡基準に毅然とした理念を貫くことが大切ですね
熊本方式が称えられているようでは(それも表向き 裏では否定していることもあり ノーと言えないサイレント組も多し)まだまだ動物福祉の考えは幼稚です
「よくないことは良くない」と発声練習 力まなければね S,Ma

 広島DP原告の会HP(標記転載)で、要望書の公募がスタートするようです。
  http://hdp-genkoku.net/
 
 裏社会はこの呼び掛けも利用しようとするでしょうが、我々もこの呼び掛けを無下にしない方がいいだろうと思うのですが、どうですか?

転載・・・・

”人々の善意が正しく生かされる世の中を目指して”

裁判所宛の要望書集めを近日中にスタートします。

裁判の意義
―不適切な募金運動を排除することにより健全な募金運動を発展させる―

「ひろしまドッグぱーくボランティア基金等返還請求
弁護団団長   辻   公 雄  

2006年、『ひろしまドッグぱーくの犬の救済のため』という目的のもと、全国の多くの善意の人たちから2億円以上に及ぶ金や大量の物資が寄付されましたが、その大半の金や物資が本来の目的に活用されていないことが判明しました。
このような多くの善意を裏切る行為は、けしからんというだけではなく、今後のボランティア基金の運動を崩壊させてしまいます。
不適切な募金運動を排除し、反省させ、多くの人の立派な文化としての募金活動を健全に発展させてゆく必要があり、その為に我々の裁判を遂行しています。
このことを裁判長に十二分に認知していただき、公正なる判決を仰ぐため我々の裁判を支援し、不適切な募金運動を排除すべきであるという要望書を広く募ります。
普通の善良な人々の清い思いが生かされ、目的に沿ったボランティア基金の運動が生きる世の中を目指してご協力をお願いいたします。」

招き猫さん
ご意見ありがとうございます

《転載・・・・

”人々の善意が正しく生かされる世の中を目指して”ーーーーーー》

全くそのようになって欲しい ならないといけない なるようにみなが努力しなければなりませんね
善意が簡単に悪用されては 普通に暮らす人々の社会が崩壊します
もうすでに崩壊が始まっているのかもしれないとさえ感じることがあります

社会的地位の高い人々の間で 自分さえよければ良いとする傾向が増えていますね

市橋容疑者の黙秘を賞賛する国民がいることにも情けなくなります

自由奔放と勝手気ままの区別が付かない人々
自由とは社会的義務を果たした人に与えられるものであり 努力なくしては得られないものです
自由の履き違えは リードを放した訓練経験のない犬と同じで危険にさらされますね

善意が大切にされる社会を目指して
広島DP原告の会の方々を見守りたいですね
S,Ma 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/333032/32205889

この記事へのトラックバック一覧です: 『犬と猫と人間と』新着情報です:

» ケノーベルからリンクのご案内(2009/11/14 08:52) [ケノーベル エージェント]
新宿区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

» ケノーベルからリンクのご案内(2009/11/14 09:45) [ケノーベル エージェント]
横浜市港北区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 相馬雪香先生をしのぶ | トップページ | ノーキル発想ではなく「真の動物福祉」を広く考察し 広報するために »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック