« シンポジウム開催『ペットを共通感染症から守るために』 | トップページ | 「犬と猫と人間と」鑑賞の感想 »

2009年10月 9日 (金)

「犬と猫と人間と」新着情報です

  「犬と猫と人間と」ニュース Vol.7 2009.10.9
    http://www.inunekoningen.com/

     発行:映像グループ ローポジション/合同会社東風
******************************

▼mixi内の「犬と猫と人間と」コミュニティもぜひ!▼
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4013137

-----------------------------------------------------------
  明日、劇場公開スタート!
-----------------------------------------------------------

ついに明日、劇場公開を向かえます。
この間、過労とプレッシャーでノイローゼになりそうでしたが、
東風さんともどもホントによく頑張ったなと、今は穏やかな気持ち
です。
ここまで来れたのも、本当に多くの方に応援して頂いたおかげです。
皆さまには心から感謝しております。

振り返ると初めて稲葉恵子さんにお会いしたのが、2004年の4月末。
2度目にお会いして映画制作を決めたのが6月でした。
それから5年、完成させて劇場で初日を迎える光景をひたすら頭に
思い描き、実現させようとここまでやってきました。

でもこれで終わりというより、むしろ新たなスタート、かもしれま
せん。ここからどれだけ広げていけるか、稲葉さんから託された
バトンを多くの方に手渡していきたいと思っています。

明日の初日に関しては混雑も予想されますので、朝10時40分より、
劇場にて整理券を配布します。

1ヶ月は上映できると思いますが、近郊にお住まいの方はぜひ
お早めに、お誘い合わせのうえ、映画館まで足をお運びください。

 飯田基晴

-----------------------------------------------------------
  1.ユーロスペース劇場イベント!
-----------------------------------------------------------

●10/10(土) 初回上映後と2回目上映前に飯田監督による舞台挨拶

●10/17(土) 16:10の回上映後に渡辺眞子さんと監督によるトーク

●10/31(土) 16:10の回上映後に竹内薫さんと監督によるトーク

<飯田監督 一週間連続ティーチイン!!>
● 10/18(日)~23(金)16:10の回上映後に、
  監督によるティーチイン(トーク&質疑応答)

※イベント内容、ゲストはやむをえない都合により変更になる場合
があります。最新情報はオフィシャルサイトにてご確認ください。

-----------------------------------------------------------
  2.「犬と猫と人間と」応援団の募集!
-----------------------------------------------------------

■ユーロスペースでの前売り券をお預かり下さっている方々、
チケット販売にご協力頂き、本当にありがとうございます。
心から感謝しております。
お預かりして頂いているチケットですが、劇場公開が始まってから
の販売も構いませんので、お手数をおかけしますが、引き続きお願
いできましたら幸いです。

東風でのチケット販売やチケット委託も引き続き行っていきます。
お願いできる方がいましたら、ぜひ以下にご注文下さい。

配給:東風 Tel: 03-5389-6605/Fax: 03-3369-8228
   E-mail:info@inunekoningen.com

■チラシ配布のお願い
劇場公開中も、東京近郊でチラシ配布にご協力頂ける方を
募集しています!
必要枚数をお知らせ頂けましたら、こちらより発送いたします。
またポスターもB2サイズ、B3サイズの2種類を用意しています。
貼れる場所に心当たりのある方もぜひご連絡ください。
他地域に関しては決まり次第、随時ご案内させて頂きます。

-----------------------------------------------------------

▼最新情報はグループ ローポジションのブログで随時更新▼
 blog: http://lowposi.jugem.jp/

■以上、転送歓迎です。

※このメールニュースがご不要な方は、お手数ですがその旨を
 記してご返信お願します。

***************************************
発行責任者:飯田基晴
映像グループ ローポジション 
〒222-0024 横浜市港北区篠原台町36-28-603
Tel&Fax:050-3744-9745
E-mail: motoharu@mse.biglobe.ne.jp
URL: http://www.inunekoningen.com/
***************************************

« シンポジウム開催『ペットを共通感染症から守るために』 | トップページ | 「犬と猫と人間と」鑑賞の感想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

 皆様、大変なご苦労ですね!お疲れ様!

 私は今、ドキュメンタリーフィルム"The cove"が気になっています。
 漁場を荒らすイルカの捕殺という以外に、一種、伝統行事的な側面もあるんでしょうか?だとすればたちが悪い。

 ”上げ馬神事”も一度は改善の兆しがあったのに、前より悪くなっている部分もあると連絡会ニュースに書かれていました。

 M様がいつもおっしゃるように、一に忍耐、二に我慢、三、四がなくて五に辛抱ですね。
 活動は永遠で~す!

招き猫さん
ご投稿ありがとうございます

今回の東京での「ねこ学」は面白かったですよ
講師の先生は小学生だった頃にJAWSのシェルターにお母さまと犬を迎えに来てくださったお方です
当時は動物の不妊手術の啓発がまだ珍しいことでしたが 私たちの奨めを聞いてくださり
不妊手術の必要性を教わったと言ってくださいました
そのようなことで獣医師へのご関心が高まったのかなー と勝手に喜ばしくも誇らしく感じています 
そのお方が今や動物行動学のエキスパートとしてご活躍になっておられ わが身の齢を振り返ってしまいます
他ごとながらなんだかとても誇らしくうれしく感じますの

イルカをはじめ鯨もその他でも純粋に動物福祉の問題だけではなく 国内外の課題から目を逸らすための役割をさせられることに不純なものを感じ 本来の動物福祉の主張さえもが政治的 思想的に悪用され 転用されかねないことへの苛立ちを感じますね

私は鯨もイルカも食物としては関心もなく 欲しませんが 捕鯨反対者の活動の仕方には少なからず抵抗を感じます
実験動物への反対活動も同様の行き過ぎを感じましたが 人を苦しめても動物を救うのが本来の活動ではないように感じます
彼らにはそのようでは生ぬるいと思われるのでしょうね
伝統はいつかは転換期を迎えます
伝統維持のためにと言うことは言い訳であると感じるのですが 職業としてのつながりが悪しき継承にもなっているのではないでしょうか
人と類人猿とDNAの差はほんの少しなんですよね
その少しの差が他の動物たちと違うことをさせてしまうのでしょうか
ヒトには破壊の知恵はありそうですが 万物の幸を願い達成するためにはその知恵も働き難いようですね

12月にはサルに学ぶことをテーマに勉強会があります 楽しみにしていますの S,Ma

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/333032/31722384

この記事へのトラックバック一覧です: 「犬と猫と人間と」新着情報です:

» ケノーベルからリンクのご案内(2009/10/10 09:49) [ケノーベル エージェント]
横浜市港北区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« シンポジウム開催『ペットを共通感染症から守るために』 | トップページ | 「犬と猫と人間と」鑑賞の感想 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック