« 行政獣医師 安楽死処置 | トップページ | 「犬と猫と人間と」ニュース Vol.5 »

2009年9月18日 (金)

「犬と猫と人間と」関連イベント情報 転載

届きました情報全文は多いので 一部にしました
現在の『CCクロ』に移行する以前の活動が映像になっています
神戸市での上映予定もあります
ご参考までにご覧ください S,Ma
-----------------------------------------------------------
「犬と猫と人間と」関連イベント情報
  
-----------------------------------------------------------
3.劇場公開情報
現在、以下の映画館で公開が決定しています。
前回のニュースから新たに7劇場が決まりました!
まだまだ増やしていきます!

■東京  ユーロスペース
■大阪   第七藝術劇場
■愛知   名古屋シネマテーク 
■神奈川 川崎市アートセンター
■京都   京都みなみ会館
■北海道 シアターキノ
■兵庫  神戸アートビレッジセンター
■北海道 苫小牧シネマトーラス
■静岡  浜松 CINEMAe_ra
■広島  横川シネマ
■岡山  シネマクレール 
■新潟  十日町シネマパラダイス
■横浜  シネマジャック&ベティ

▼mixi内の「犬と猫と人間と」コミュニティもぜひ!▼
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4013137

▼最新情報はグループ ローポジションのブログでも随時更新▼
 blog: http://lowposi.jugem.jp/
-----------------------------------------------------------
 ◎新着ニュース!!
-----------------------------------------------------------
■9/14 朝日新聞夕刊インタビュー記事が掲載!
記事はWEBアサヒ・コムでもお読み頂けます
http://www.asahi.com/showbiz/movie/TKY200909140209.html

■9/18 NHK教育「視点・論点」に出演!
2009年9月18日(金)21:50~
NHK教育『視点・論点』
「犬猫大国・日本の現実を映画に~飯田基晴」

その他も続々掲載が決まっています。
詳しくはHP、もしくはローポジブログで

■著名人のコメントも集まり出しています!
詳しくはHP、もしくはローポジブログで

■9/25(金)18:00~、東京での劇場公開を前に特別試写会を
行います。一般の方は抽選でのご入場となります。
下記のサイトでプレゼント告知が始まりました。
応募締め切りは9/19となります。
 ●PET LINK http://www.petlink.jp/
 ●ONE BRAND http://www.onebrand.jp/
■9月21日 宝塚造形芸術大学・新宿キャンパスにて対談イベント!

漫画家・たちばないさぎさんと対談をさせてもらうことになりました。
たちばなさんは「ひなたの風景~アニマルシェルター奮闘記!~」
を連載している漫画家さんです。
新宿駅近くの便のいい場所で、映画のダイジェスト上映もあり、
入場無料!ぜひお気軽にご参加ください。

9月21日(祝)13時40分~15時
宝塚造形芸術大学・新宿キャンパス
http://www.takara-univ.ac.jp/tokyo/
入場無料・予約・申込不要です。

■9月26日 埼玉県愛護フェスティバルでトーク&ダイジェスト上映!

「彩の国さいたま 動物愛護フェスティバル2009」にて、
トーク&ダイジェスト上映が行われることになりました。
お近くの方はお誘い合わせの上、ぜひ足を運んでください。

日時:9月26日(土)開場:午前9:45 開演:午前10時
会場:第2会場(パストラルかぞ小ホール)
内容 :予告編+ダイジェスト上映&監督によるトーク
「彩の国さいたま 動物愛護フェスティバル2009」の詳細
http://www.pref.saitama.lg.jp/A04/BB02/2009%20aigosyuukann.htm
***************************************
発行責任者:飯田基晴
映像グループ ローポジション 
〒222-0024 横浜市港北区篠原台町36-28-603
Tel&Fax:050-3744-9745
E-mail: motoharu@mse.biglobe.ne.jp
URL: http://homepage2.nifty.com/lowposi/
***************************************

« 行政獣医師 安楽死処置 | トップページ | 「犬と猫と人間と」ニュース Vol.5 »

動物福祉」カテゴリの記事

コメント

 「豚のいた教室」と「犬と猫と人間と」、どっちかを選ぶとしたら、どっちだろうと迷っています。
 「犬と猫と人間と」、本当にいいんですか?しっかりした考えの作品でしょうか?

招き猫さん
何時もご投稿くださりありがとうございます

私自身は全巻を見届けていませんが 飯田監督のお人柄を信じて広報させていただいています
信じることと 実際に内容が思いもよらないものであるかも知れないことは別として 昨夜のNHK視点論点でもご自身で取材の視点を多方向に求めたと語っておられた様子から やはり優れたお方だと評価いたします
少し心配かも知れないところは やさしさゆえの甘さはないかと言うことですが ご自身が厳しいことだけではではなく希望が持てることを考えた構成であるとも語っておられますから この犬猫問題を世に問うていただいたことが意義ありだと思います 
私も近く全編を拝見させていただきます
その後に改めて感想を述べさせていただきます S,Ma
 

 有難うございます。
 S,Maさんの感想を拝見してから、鳥取での上映会を検討したいと思います。

 私達の方は、業界の過剰供給の抜本対策を求める”アピール”を準備中です。
 狭い愛護の世界で発するアピールではなく、社会の構造的暴力をアピールするスタンスです。
 いずれ、たたき台となる文章をお送りしますので、よろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/333032/31419752

この記事へのトラックバック一覧です: 「犬と猫と人間と」関連イベント情報 転載:

« 行政獣医師 安楽死処置 | トップページ | 「犬と猫と人間と」ニュース Vol.5 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック