« 私の持論のひとつに「65才定年説」 | トップページ | 狂犬病予防法啓発月間 »

2008年3月18日 (火)

チェーンメールと 募金 意見の同一複写について考える

チェーンメールと 募金 意見の同一複写について考える


動物関係でチェーンメールは度々行き交っているようですね

ペットショップの閉店で動物が窮地にいると この数日間話題になりインターネットでも記録されるに至りました

こんなのが来たのですか…本当でしょうか? チェーンメールでしょうか ...

出来れば早急に回してください。 > >保健所行きに >なってしまうので、協力宜しく お願いします。 > > >連絡先09062332455 >高垣 和幸 >メールが回って来た人に直接 でもかまいません。 >大切な命を守ってあげたいので協力してください。お願いします! ...

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1415321089-22k-関連ページ


事実が錯誤している部分もあるようで 奈良 大阪 神戸 神奈川と場所も転々としていましたが 発生している話題のペットショップの実情は神奈川のようです
現状の詳細は各自でお調べいただくとしても この件により 当事者以外の便乗かと思われる振り込め詐欺の心配もされていると聞きます
動物に関わる人は せつな的な感情に支配されやすい人々が多いと思われているのではないでしょうか
理性的に 理論的に考える習慣と共に 即反応をしないこと 確認を怠らないことも大切ですね
分からないときにはとりあえず 身近な信頼のおける人に相談しましょう

募金の問題でも残念ですが明確な会計処理がされていない団体や個人の一般募金があり 正当に善意を受けたい者の募金活動にも悪影響をもたらしかねません
善意を搾取するかのごとき甘言での誘いは巧みですが証拠を提示して告訴 告発にいたる例は稀少です
被害にあわれませんように各自が気をつけていただきたいですね
原則として公的な裏づけのある活動に対して 口座への募金が良いと思います
募金箱に対しては 設置する主体組織の社会的信用を確かめてください

パブコメ等の意見を求められる場合にも コピーペーストが用いられますが 真に賛同できる意見なのか確認すると共に 可能な限りご自分の意見をご自分の言葉で表現されることが良いと思います
署名活動以外に 同一文書が多数寄せられた場合 自主性に疑問を持ちますから私なら重視はできないと感じます
皆さんはどのように思われますか? 

現在進行形での募金に関する訴訟がありますので参考事例としてあげておきます

[ひろしまDPボランティア基金返還訴訟 原告の会代表 鎌田まりみ連絡先 mailto:genkokudan[AT]hotmail.co.jp (ATを@に直してお送り下さい。)

]

http://higaisyanokai.ark-angels.info/

« 私の持論のひとつに「65才定年説」 | トップページ | 狂犬病予防法啓発月間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/333032/11467570

この記事へのトラックバック一覧です: チェーンメールと 募金 意見の同一複写について考える:

« 私の持論のひとつに「65才定年説」 | トップページ | 狂犬病予防法啓発月間 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック